60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

死んでなんか~いません~♪

いやー、久々にブログ更新です。最後にいつ更新したのか今チェックしてみたら4月29日ですね。11日間更新していなかったことになります。ブログも一旦止めてしまうと、そのまんま更新するのが面倒になってしまいますねー。特に私は書くのが遅い・鈍いため、一旦書き始めると時間がかかってしまうので「時間がないから今日はブログはやめとこ!」と考えてしまい、それが続いてしまいました。

と言うわけで、別に私「死んでなんか~いません~♪」。でもだからと言って千の風になって大空を吹き渡っていたわけでは勿論なく、地味に毎日を過ごしておりました。5月の始めは京都の某景勝地よりYさんが、このつまんない街にいらっしゃいました。(「職員心得」とやらには「地元を愛する」とかなんとか謳われておりますが・・・無理っ。定年したら引っ越すんじゃないかと・・・。)と言うわけで、案内人としては失格の私、Yさんのガイドブックなど見つつ一緒に街をブラブラしました。(Yさん、つまんない街だけどまた遊びに来てね!今度は近隣のもうちょっと面白い所へ行きましょう!他の方も、ま、とりあえずリアルの知人さま限定ですが、どんどん遊びに来てください。定員1名の無料宿泊施設付き。)

その後は、メーデーとか憲法記念日とかいろいろ考えるべきこと書くべきことはあるんじゃないかと思いつつも、得意の爆睡やゴロゴロだらだら、そしてネットをウロウロなどしつつゴールデンウィークを過ごしました。そうそう、母にいっつも「ガタガタと凄まじい音がする」と馬鹿にされているミシンを使ってのお裁縫はいろいろしました。

昨日の母の日のプレゼントも私の手作りエプロン。「・・・まだまだ家事しろ、働けっていうの?」とか難癖付けられるだろうなーとは思いつつエプロン。だって、エプロンの材料と作るための道具は揃っていたので、新規の経費ゼロで済ますことが出来たから・・・。

e0020882_2230649.jpgこの「プレゼントはエプロン」に至る経緯の説明はちょっと長くなるのですが―――。昨年晩秋にIKEAで新柄の布が発売され、「あ、可愛いかも(はあと)」と私は飛びつきました。これです→。我が家のリビングもといリビング・エリアのクッションやシート類を冬用は黒地の布で、夏用には水色の布で作ろうと思い、布を買いました。


冬用はメインでこの布↓を使い、一部に(上記写真の)上から4番目の布を使いました。出来上がったカバー類は(出来はともかく)色的に何の問題もなかったのですが・・・。
e0020882_22302124.jpg

e0020882_22303878.jpg問題は水色のほう。なぜなら、私はリビング・エリアに置いた円柱形で生成りのフロアランプ→(これもIKEAで購入)をダイロン・コールドで黄緑色に染めてしまったのです!すぐに自分の間違いに気付きました。青系(紺とか)で染めるべきだった~。そのほうが断然「潰し」が利きます。紺というのはかなり濃い色だから、この緑の上から紺で染めたら紺になるかな!?と考えた私は一応ダイロンお客様センターに相談してみたのですが・・・私が使った黄緑色もかなり濃い色(の部類に入るのだそうです)なので、緑がかった青になってしまうでしょう・・・と言われ、どうもお勧めは出来ませんといったカンジ。ダイロンは、ダイロンで染めた色を落とす製品も出しているので、それを使って一度色を落としてから染めたほうがいいでしょう、とのことでした。


うーん、それは面倒くさい。布地を変更した方が早そうだ、ということで水色のカバーリングは中止に。IKEAでは「IKEAなら気が変わっても大丈夫!お買い上げ3ヶ月以内の商品は返品できます!」と盛んに宣伝していますが、布地は対象外です。(まあ、任意の長さに切ってしまっているわけですから仕方ない。)ですので、この布地は行き場を失いました。

うーん、どうしよう。とりあえずエプロンでも作ってみるか?ということで、「簡単エプロン」と銘打った型紙を購入。でも作製はついつい先延ばしに・・・しているうちに母の日が近付いてきました。で、「そうだ、母の日用にこの布地でエプロンを作ろう。そうしたら、自分用のを作る前の練習にもなるじゃない!?」―――どこまでも自分勝手な娘です。

と言うわけで、作りました、エプロン。布地がかなり厚手でしっかりしているのでエプロンには向いていると思いますが、折った布地を2枚以上重ねて縫う部分は厚くなり過ぎるため針が上手く先に進まず難儀しました。それからエプロンのデザインが・・・ちょっと気に入らない。他の型紙を探した方がいいかな~と考えています。写真は撮りませんでした。撮っておけばよかったかな。

e0020882_22462790.jpgで、この布地を使ってついでにティッシュボックスカバーも作ってみました。これは私用。まーだ花粉症の症状が治まらないので、家の中ではティッシュボックスごと携帯して移動しています(今日はちょっと楽でした。アレルゲンは一体何!?)。ティッシュの箱というのは、ある時期突如背が低くなり、売られているカバーもそれに合わせて背が低くなりました。が、恐らく大概の花粉症の人が使っているであろう「何度も鼻をかんでも鼻の下が痛くならないティッシュ」は大きい箱に入っています。そして大きい箱用のカバーは市販されていません(需要あると思うんだけど・・・)。ですので、自分で作ることにしたのです。しかし、長さを間違えて布を裁って継ぎ接ぎをしたりで、出来上がりには全然満足いっていません。そのうちもう一つ作ります(そのうちがいつになるかは不明)。同じ布を使うかは分かりませんが。

さて、もう一つ近況。こちらはベランダのコンテナ・ガーデン。可憐な花で楽しませてくれた「リカちゃん」はゴールデン・ウィークが終わる頃にとうとう力尽きてしまいました。ありがとう、そしてさようなら、リカちゃん・・・。

パンジー・ビオラと来れば、次は当然(?)サフィニアです!ペチュニアは安いし、色も綺麗なものが沢山ありますが、草花の手入れに自信のない私は当然サフィニア。その中でも出来るだけ強いものを!ということでお店の人に「一番病害虫に強いサフィニアが欲しい」と言ったら、これを進められました。

e0020882_2312835.jpg


スーパーベルという商品名で、花が小型のサフィニアです。見本で既に沢山の花が咲いているコンテナが幾つか置いてありましたが、綺麗でした。色も良さそうなのが沢山あります。私は、インテリアにはパステル系やピンク系はまず使わない(好きじゃない)のですが、こと花に関してはふんわりしたパステル調が大好き。あんまり素敵だなーと思ったので(園芸店でも理性を失う私・・・)、コンテナも1個購入してこのスーパーベルというのを9株5色購入しました。説明書はこんな感じ↓です。単色のものもありましたが、全てリップ模様が入るもの(だから商品名がキスなのでしょう)にしました。

オレンジキス
e0020882_2351598.jpg

ストロベリーキス
e0020882_2355244.jpg

ミルキーブルーキス
e0020882_2363569.jpg

ピーチキス
e0020882_2361435.jpg

ワインレッドキス
e0020882_2365673.jpg


これら9株にコンテナ、さらには土を2袋購入。他のお客さんは殆どの方が車で来店されているようですが、車のない私は徒歩。幸いにも園芸店はウチから歩いて10分弱という近さですが、重い土を持って帰るのはなかなか大変です。勿論車のない人間の必需品キャリーバックの登場です。私は荷物をくくり付けるタイプのキャリーと、バッグにキャスターが付いたタイプのキャリーの2種類を持っています。今回は後者の出番。土が二袋、ピッタリ入りました。重いキャリーを引っ張り、もう片方の手では花の株とコンテナを持ってノロノロ歩いて帰りました。バリアフリー団地なのでスロープがあって助かります。

帰ってきて早速植えましたが、植え終わった頃には外が大分暗くなってしまい、写真は今日になってから撮りました。昨日は蕾はあったけれど咲いているのは一つもなかったのですが、今日見たら既に咲いている花有り、昨日は全然目立たず気付かなかった蕾ありで、その成長スピードに驚きました。今後カメラで「成長記録」を撮っていこうかと思います。
e0020882_2317441.jpg

これが新規投入したプランター。両端にピーチキス、真ん中にワインレッドキス。紅白のめでたいプランターにしようかと。
e0020882_23183587.jpg

丸のプランターは両方ともオレンジキス、ストロベリーキス、ミルキーブルーキスを1株づつ。
e0020882_23211176.jpg
e0020882_2321272.jpg


しかし植えてみて思ったのですが、丸プランターには3株は少し多いかもしれません。同じくらいの大きさのプランターをもう一つ買ってきて2株づつ植えた方がいいかなーと考えています。明日、もう一つプランターを買ってこようかなぁ~。

とにかく、丈夫に育ってね。

と言うことで、近況報告でした。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-05-11 23:27 | 身辺雑記