60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

秋の装い

大分気温が下がった。暑さ寒さも彼岸まで―――とは本当によく言ったものだ。

で、今朝通勤のとき気が付いたのは、ブーツ履いている女性が沢山いる!ということ。本当に沢山いるのだ。あっちでも、こっちでもロングブーツ。そうか、みんなそんなにブーツを履きたいと思っていたのか・・・。

ブーツに限らず、服もちゃんと秋用のものを着ている。今日見た一番「秋」な人は、ロングブーツに毛糸のカーディガン、頭にはツイード素材の帽子、首にはマフラーといういでたちだった。秋だ!秋の装いだ!ってことなのでしょう。

みなさんオシャレである。私など長袖引っ張り出すのが面倒で今日も半袖だったが。一応カーディガンを引っ掛けていったけれど、それも半袖。明日は長袖着ていくかぁ。私ってつくづくファッションにあまり熱心でないなあと思う。いや、ある程度は気にはかけているが、他の人たちの熱心さが物凄いので、それと比較すると私はオシャレに気を配っていないということになってしまう。

しかしそんな私よりオシャレじゃない一群もいる。それは男。世の中にはオシャレな男性もいるが、通勤途中で見かける男の大半はオシャレと全く無縁っぽい。秋だから秋のオシャレ→秋の服を~と言うのではなく、涼しくなってクールビズも終わりだな、てことで自動的に背広にネクタイに移行、それだけ、という感じだ。人間ならもうちょっとオシャレに気を使ってもいいのではと思うが。

と、余計なお世話なことを考えていたら、オシャレな(?)男性発見。マントを着ている、マント。個性的ではあるが・・・私も着物にならマントを合わせてみたい・・・かな?
[PR]
by kiriharakiri | 2005-09-27 22:37 | 身辺雑記