60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

仕事のIT化で困ってます

時事通信のニュースに今日こんなのがありました。

「◎文書管理システム、導入中止へ=費用対効果に疑問-和歌山県」

「和歌山県は、電子県庁化推進の一環として進めていた総合文書管理システムの導入を事実上中止する方針を固めた。経費に見合う効果が見込めないと判断したためで、実現すれば開発費など約4億5000万円の経費節減となる。」

おおっ!中止するのか、いいなあ!!

私の勤務先もやってますよ~電子自治体化というヤツ。只今第1段階で来年度からは第2段階に雪崩れ込むがスタートする予定。

実際に使ってみて、慣れていないからという面が大きいのだとは思うけど、いや、使いにくいのなんの、滅茶苦茶戸惑ってます。

昨日も、「電子決裁システム」で起案された案件に添付したファイルの一部を訂正しようと思ったら、訂正できない。どうやら起案者しか訂正できないようなのです。とにかく案件を起案者まで差し戻したのはいいけれど、昨日はその起案者がお休み

電子決裁の事務をするには、パソコンのカードリーダーにIDカードを読み込ませてパスワードを入力する必要があります。今回の起案者のパスワードは分かっているので(←いけないことなのでしょうが)、IDカードあればログインできる!と思ってIDカード探してみたけれど見つからない。本人がちゃんと持って帰っていたのです(←これは正しい管理の仕方なのでしょうが)。

結局、昨日は訂正は出来ず、今日、起案者の人が出勤してきてようやく訂正できました。

その後、係長、課長へと決裁をしていく段階で、「ここをちょっと訂正しよう」とか「誤字があった」とかで再度訂正をすることになったのですが、起案者に差し戻す際に、「ここを訂正して」というコメントを付けて差し戻せるのではないかと思われるのですが、やり方が分からなくて口頭で「ここ、こう直して」と指示してました。

パソコン上での決裁の仕方、配られたマニュアルでは説明が不十分で使えないんですよね。と言うか、こんなマニュアル読んだだけで使いこなせるようになる人がいるのだろうか?と疑問に思います。

職場からは数人が研修を受けていて、その人たちが中心になって仕事をしながら周りの人に教えていって(オン・ザ・ジョブ・トレーニングって言うんですかね?)職員全員が使い方を覚えるってことになっているんですが・・・。

それから、もっと根本的な問題もあります。それはパソコンが調子悪くなったら仕事にならない、ということです。カードリーダーでICカードを読み込んでログインするので、どこのパソコンからでもICカードを読み込めばログイン出来そうなのですが、これが出来ないのです。自分が使っているパソコンからしかログイン出来ない。

だから自分のパソコンが動かなくなったとき、他のパソコンで作業するということが出来ない、つまり仕事が全く出来ない状態になってしまうのです。

パソコンがそうちょくちょく動かなくなるのか?というと、ええ、ちょくちょく動かなくなるマシンが私の職場には数台あるんですよね。私のパソコンもそうです。突如画面が真っ暗になって使えなくなるのです。ただ、いつもその現象が出るというわけではないので、修理にも出せず困ってます。

パソコンのメンテナンスをどこかに正式に頼んでやってもらえるといいのですが・・・。今は仕方ないので出入りの業者さんに相談したりしてます(←こういうことから癒着が生じるんじゃあ?)。パソコンが古いという理由も考えられますが、お金がないから新しいのは買えません。

これから円滑に仕事を進められるか、私には自信がありません。

冒頭の時事通信のニュース後半部です↓。

「電子政府・電子自治体の構築は2001年1月の「e―Japan戦略」以降、国が重点分野として推進しており、和歌山県の判断は他の自治体にも影響を与えそうだ。 県は今年5月に同システムの運用開始時期を06年度から07年度に延期。導入自体の中止についても検討を重ねていた。県情報政策課は、14日から開催される庁内の「経営効率化コンペ」に経費節減策として、システムの開発を07年度以降に無期限延期し、必要性や導入時期について再検討することを提案する。 総合文書管理システムは、決裁や文書の保存をネットワーク上で電子的に行う仕組み。しかし、(1)決裁などは手渡しで行う方が効率的(2)先行する他府県でも利用率が低く、十分な効果を発揮していない―などを理由に、費用対効果が小さいと判断。都市と地方の情報格差の解消や、IT(情報技術)人材の育成に力を注ぐことが先決だとした。 県幹部は「IT化は重要だが、IT化それ自体が目的ではない。経費に見合う効率化が見込めないなら中止した方が得策」と話している。(了)(2005年12月13日/官庁速報)」

ああ、私も決裁は手渡しでやりたい~!



人気blogランキング@いいの、アナクロ人間で
[PR]
by kiriharakiri | 2005-12-13 22:24 | 職場・仕事・働く