60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

忘却、忘却、また忘却

1年半前に職場に復帰してからこれまで、物忘れが激しいです。加齢による記憶力低下・・・という面もあるのかもしれませんが、仕事をずっと休んでいた→頭がなまった、とか、うつの薬を大量摂取→薬により頭の働き低下、など他の理由も考えられます。

それで苦労しているのが、電話。私の職場の電話は同じ事務室内の電話は一斉に鳴るというシステムなので、自分の机の上の電話がなっても自分への電話でないことも多い。だから電話を同僚や上司に取り次ぐという作業を一日中かなり頻繁にやることになります。

そのときに忘れるんです、電話をかけてきた相手の所属と名前を・・・。電話を取ると相手は「××局○○課のヤマダです。スズキさんいらっしゃいますか?」といったことを言います。電話を受けた私は電話を保留にしてスズキさんを呼び出しスズキさんが電話に出る―――わけですが、この間に忘れるんですよね、「××局○○課」という所属と「ヤマダさん」という名前を。

だからスズキさんに取り次ぐときに「△△局?の・・・誰だったっけ、ナカムラさん?からです」などと無茶苦茶を言ったりしてしまう。とにかく魔法みたいに綺麗さっぱり忘れてしまいます。自分の脳に何か異常でもあるのかと疑いたくなるほどです。

これにはとにかく電話に出るときは絶対にメモをとる!という方法で対処しています。電話に出るときには必ず鉛筆とメモ用紙を持つ。そうすることで自分の脳の働かない分を補ってます。対処法としてはとてもいいんですが、でも「簡単に忘れる」ということが解決されたわけではありません。相変わらずメモがないと簡単に相手の名前を忘れます。

忘れるのは電話でだけではありません。とにかく自分のしたことをどんどん忘れます。

今日は、エクセルで作成され印刷された数字が沢山並んでいる表を見ていたのですが、表の一部に辻褄の合わない数値があって「???」と思い、この表を作成した人に電話で質問してみたところ、私が0と9を見間違っていたために辻褄が合わないと誤解していただけということがありました。

0と9見間違えるっていうのも加齢による能力低下かもしれませんが、それはともかく。

そんなことがあった後、私は外出しました。1時間半くらいして戻ってきたのですが、戻ってきて机の上を見ると、件の表が印刷された用紙が置いてあります。「確か、この表、間違っていたんだよな・・・」と中途半端に思い出した私、次に「この表を作った人に電話して訊かなきゃ」なんて思ったのです。既に電話したことが全然思い出せません!

電話番号一覧を取り出しつつ、「この表、そうそう、こことここの合計額が間違っているんだった」なんて更に中途半端に思い出します。

そして電話をかけようとしたとき、表の中の0だと思っていた数字が9であることに気が付きました。「あれ、これ0じゃなくて9?・・・だとすると計算が合うな」なんて考えつつ、まだ記憶が戻りません。

「この表は間違っていない・・・待て待て、この表は間違っていないって既に言われたような気がする」と思いつつ、もう一度表をジーッと見ているうちに、ようやく思い出しました、この表のことは既に解決済みだったことに!あとちょっとで御馬鹿な電話かけるところでした。

こういうことがたびたびあるんです。これについても、とにかく何でもかんでもメモをとることで対処しているのですが、メモを見ても記憶が戻らないときもあって、苦戦しています。

これでは勤務評定が「劣」でも仕方ないかも―――と、昨日とは打って変わって弱気なことを思ったのでありました。


人気blogランキング@馬鹿馬鹿しいけど長文だ
[PR]
by kiriharakiri | 2006-01-25 21:54 | 職場・仕事・働く