60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

東横インは素晴らしい

ここ数年、私の勤務する役所では職員は「民間会社は素晴らしい」ということをしつこく吹き込まれています。民間会社は役所より優れているから真似しましょう、というのです。

役所より民間会社のほうが優れている点というのは沢山あると思いますが、やみくもに「民間=役所より素晴らしい」という単純な公式を振り回されると、正直言ってイラつきます。でもとにかく「時流」に乗りたい向上心に溢れた職員なんかは民間会社信仰の道を選んでいるようです。

そんな流れの中で、大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」を褒め称えている文章をいつだったか役所の中で見たことがあったんです。何に載っていたのか思い出せないのですが、東横インを成功したビジネスモデルとして紹介していたように記憶しております。

ま、確かに成功を収めた会社、ではあるんでしょうが・・・。

今回、法律や条例で義務付けられている身障者用設備や駐車場を完了検査直後に撤去して改造していたことが発覚した東横イン、今日のニュースで見た社長の会見には呆れました。

社長は不正な改造工事を「60キロ制限の道を67~68キロで走ったようなもの」に例えてました。このくらいのこと当然だろーみたいな感じで、悪いことをしたとは欠片も思っていないような態度でした。

なんて下品な経営者でしょう。

成功の裏にはこんなヒミツが隠されていたなんてねぇ。こんなトップを戴く会社を褒め称えてしまった人は今頃自分の行為を恥じているでしょうか。会社の成功と今回の違反は別問題だと言い訳するのでしょうか。

いやいや、役所もこのくらいがめつくなきゃ、ってことで、その点は見習うべきなん言うかもね。


人気blogランキング@参加してます
[PR]
by kiriharakiri | 2006-01-27 23:03 | 職場・仕事・働く