60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

なぜ「はまる」ものを見つけようと思ったのか

昨日のブログ「はまる」に対するコメントを読んで、なぜ私は「はまる」ものを見つけよう!と思ったのか考え直してみました。

そして気が付いたのは・・・私の母が私が何かにはまることを望んでいる!ということです。

母は前々から私がなにかに熱中することを望んでいます。熱中するならなんでもいいというわけではなく―――ギャンブルとかモノ集めなんかはバツですね―――、身体を動かす系のことに熱中してほしいと思っているようです。大極拳とかヨガとか社交ダンスとかフラダンスとか。体育系がダメなら手芸系とか、ボランティアとか・・・。

こういったものに夢中になれば、生きがいになり生活にハリができ、身体にもいいし、友達もできるだろう、今のあんたは何にも熱中していなくて生きがいもないみたいだし不健康だ、みたいに母は思っているようです。

確かに今の私にはこれといって熱中しているものはなく、「なんのために生きてるのかなー」「なんのために働いているのかなー」といったことを考えて「生きていくためのエネルギーが欲しいけどどうすればいいのかなー」と悩んでおります(「悩む」はちょっと大げさかな。)

母の「何かやりなさい」攻撃にはイライラしていたはずなのですが、自分でも知らないうちに母の「何かにはまれ!」に毒されて影響されていたんでしょうねぇ。なにかにはまれば「ガス欠」問題も一挙解決!といった考え方をしていたようです。

「はまれば活き活きとした毎日に!」はちょっと単純すぎるかもしれませんね。とりあえず「生きがいは見つけたいけど、焦って何かにハマる必要もないか」と結論を出したのでした。


人気blogランキング@ハマッてる?
[PR]
by kiriharakiri | 2006-03-19 00:07 | 身辺雑記