60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

新年度 ハードに働く人・働かない人・働けない人

今日は全国各地で会社の入社式や役所の入庁式などあったと思います。(何だかんだ言っても「4月に集団採用」は健在ですね。)

私が新社会人だったのって・・・もう16年も前か、そうか、そんなに経つのか・・・。

それはとにかく、新人さん達が健康な社会人生活を送れるように願ってます。

だって、日本の職場って、全国各地見て回ったわけじゃないからあんまり大きなこと言っちゃいけないのかもしれないけれど、

残業地獄

じゃん。それも

不払い

多いようだし。どうなってるの。今って産業革命直後だっけ?日本に労働法、あったっけ?私の説では残業地獄は少子化の一因(それも大き目の)ですが、どうでしょう。

私の働く役所でも、残業地獄は存在します。先日もある部署から届いたEメールの発信日時が午前3時○○分だったりして、もしかして徹夜?新年度にはいろいろと新しいシステムがスタートしたりして大変なのは仕方ないにしても、体を壊したらどうするのよ。

いや、こういう過酷な働き方(働かせ方?)をしている人たちがパタパタと倒れれば問題視されるのだろうけれど、ここで倒れず頑張れる人が存在するんだよね。後年体に不調が出るかもしれないけれど、ひとまず、若いときは、元気で大丈夫だったりする。

こういう人たちと比べられたら、私など「すごく仕事していない人」になってしまうなー。やっている仕事の量、きっと私と比べものにならないくらい多いのだろう。量で劣る面は質でカバー、といきたいところだけれど、量が圧倒的に多くてカバーできないだろうな・・・。こういう人たちと競争して「頑張った人が報われるシステム」で評価されるわけね。

私は結局新年度も異動せず今の職場にいることが決まりました。なんか、いかにも「使えない奴」って感じだがしょうがない。今の職場でまた1年頑張ります。ウツ扱っているお医者さんや看護師さん等には、ウツの人に「60パーセントの力」で頑張るようにと助言する人もいるけれど、うーん、現実には60パーセントじゃ勝負にならない(←だって成果主義だもん)ような気が。

ま、病気になって働けなくなったら元も子もないんだけどね。


人気blogランキング@健康は大切
[PR]
by kiriharakiri | 2006-04-03 21:52 | 職場・仕事・働く