60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

永年勤続

私の勤務先には「永年勤続表彰制度」というものがあります。読んで字のごとく長いこと勤めたことを表彰してくれるという制度です。「昔は長く勤める=立派なことだったのねー」と昔の慣習を思い出させてくれる制度が一応なんとか残っているわけです。

で、私もようやく永年勤続表彰を受けました!パチパチパチ!

「10年勤続」です。私と同い年で高校出てすぐに働き出した人だったら今年はもう「20年勤続」のはずですが、私の場合やっと10年。転職したり病気で長期にわたって休んだりしたので、ようやく10年です。

地味に頑張って、こうやって「永年勤続」を称えてもらい、「あ~、やっぱりこれからもコツコツ頑張ろう~!」なんて思う=従業員の士気を高める―――そういうのも悪くないと思うんですよ。今は「永年!?何それー!目立つ結果を出すのが全てだ!!」てな方向に流れてますが・・・それで本当によりよいパフォーマンスを引き出せるのかといったら・・・分かってないんですよね、これがどの程度よい方法なのか。分かってないけど、突っ走ってるわけだ、市民の皆様が選んだ市長が「そういう方向だ!」と主張してるから。米搗きバッタ時流に敏感な幹部職員の皆様方はそれに追随し自分の勤務評定をアップさせ給与をアップさせようってわけね。ふん、幹部にはなっておくもんだね。

10年表彰の次は20年表彰なのですが、あと10年後にこの制度が残っているかはかなり怪しいです。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-19 22:37 | 職場・仕事・働く