60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

生きとし生けるもの

今朝職場へ行ってパソコンを立ち上げて画面を見てみたら・・・目がかすんでいる!何回かゆっくりと瞬きしてみたけど治らない!画面上の文字がボヤーッとかすんで見える・・・。ヒャー、どうしよう、今日はこのまま仕事は休んで家に帰りたい―――と思いましたが、もちろんそういうわけにもいかず、仕事したんですけれどね。

昼休み、なるべく遠くでも見るか、と外へ出てみたけれど、私の勤務先は倉庫や工場の立ち並ぶ殺伐とした一角。遠くなんか見れないんです。

仕方ないので「近く」を見てみました。玄関の外にサボテンの鉢植えが何鉢か置いてあります。恐らく、職員の誰かがいらなくなったサボテンの鉢植えの処分に困って職場へ持ってきて置き去りにしたものだと思われます・・・。

で、このサボテンに直径10センチ程もある大きな花が幾つも咲いていました。こんな大きな花なのに今まで全然気付いていませんでした。サボテン本体はごつくてトゲトゲで可愛らしいとは言い難いけれど、お花はなかなかきれい。(写真撮ればよかった!と今頃になって思ってます。明日撮ってアップしようかな。)

花をよーく見ると、蟻が何匹か花によじ登っています。蟻の他にも名前は分からないけれど小さな虫がいました。とっても小さな虫だけど、ずっと命が繋がって今こうしてここにいるわけだよなぁ。人間が「作ろう!」と思っても、この小さな虫一匹を人間が「作る」ことは出来ないんだよなーなんて思ったりして。先週もらったテーラワーダ仏教の機関誌のせいかも。

と言うのも、この機関誌には何箇所も「生きとし生けるものが幸せになりますように」と書いてあるんです。うん、この虫達も生きるもの、幸せになりますように・・・と思ったのです(←影響されやすい。)

しかし、蟻一匹ならそう思えるけれど、例えばこれが自宅の台所でうっかりこぼした砂糖を嗅ぎつけた蟻達が何百匹何千匹もズラーッと隊列組んで砂糖を運びにきていたら同じようにそう思えるか?例えば、蝿やゴキブリの繁栄を私は願えるか?

多分無理です。言うは易く行なうは難し。修行が足りないということか。修行したことないからなぁ。


★サボテンの花の写真撮ってみました!綺麗でしょ?★

e0020882_12255638.jpg

[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-20 22:03 | 身辺雑記