60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

警報音

仕事から帰って玄関を開けると、何やら「プーッ、プーッ、プーッ、プーッ」という音が。目覚まし時計か、いや、目覚ましとは違うな、一体何だろう!?と思って家の中に入ると―――

ドアホン用の電話機からの警報音だった。でも何で警報音が鳴っていたのか?この電話機にはガス漏れ探知機を繋ぐことが出来るのだが私はガス漏れ探知機は使っていない(はず)。火災報知機は部屋に付いているが、この電話に繋がっているのかは分からない。

というように、自分の家なのに把握していないことばっかりで、どうして警報音が鳴っていたのか全然見当が付かない。誰かが入り込んで電話にいたずらしていったのかも・・・?なんて考えたら気持ち悪くなってしまった。

でも見たところ部屋の様子は朝と変わっていないし、貴重品がなくなっているということもない。あの警報音は何だったのか、まったくの謎である。いくら暑いからといっても、背筋が寒くなるのはごめんだ~。
[PR]
by kiriharakiri | 2005-08-04 23:02 | 身辺雑記