60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ウサギだったから・・・

着物を始めとした和モノにはなぜかウサギがあしらわれていることがよくある。ネコや犬が使われていることも時々あるが、ウサギの使われ方には遠く及ばない。ましてやハムスターやモルモットやフェレットの柄のものなど見たこともない。

私は実は愛犬家ならぬ愛兎家なのでウサギの付いているものは気になる。が、ウサギが付いていればなんでも喜ぶというわけではない。あまり可愛いなとは思えないウサギ物も結構多いし、もし可愛いウサギが付いていたとしても遠慮しておきたい物も多い。例えば、私はピーターラビットが大好きだが、だからと言ってピーターラビットのイラストの印刷されたTシャツを着たいかと問われれば答えは否だ。「ピーターラビットのイラストが可愛い」ということと、と「そのイラストが付いているTシャツを着た自分」がイケてるかというのは全然別問題である。

と、このように、私はウサギが好きだからと言ってウサギが付いていれば何でも喜んで手に入れようとするわけじゃないのよ、ということを長々と書いたのは、他でもない、ウサギ柄の着物を買ってしまったからである。

e0020882_21542072.jpg
写真見てください、ウサギがビッシリ詰まったこの着物、ネットの着物屋さんで見つけたのだが「あらぁ、私のためにあるようなものじゃない!?」とかなんとか馬鹿なことを思ってしまったのだ。7・8月に着る盛夏用の着物である。今年はあと3週間しか残っていない。だいたい、私は夏には着物は着ないことにしようと思っていたのだ。けれど、欲しかった。そうだ、これを買って8月中に着物で外出という目標を立てよう!などとしょうもない言い訳を考えながら、値段も手ごろだったし(1万円でおつり)、結局買った。素材ははねこさんに「アカン」と言われたポリ。「でも夏物はザブザブ洗えるほうがいいから」とここでも次なる言い訳(笑)。


e0020882_21543420.jpg
品物は今日届いた。想像していた通りの着物だった。早速試着兼着付けの練習。

着付けの練習は、暑くて汗だくである。背中がビッショリ。そして上手く着れない(初心者だからしょうがないのだが)。帯は夏向けの半幅帯(細帯)にしたのだが、これがまた上手く結べない(こんなことでお太鼓が結べるようになるのか!?)。

ま、気を取り直して、今月中の「デビュー」に向けて今度の週末は着付けの練習だ。
[PR]
by kiriharakiri | 2005-08-11 22:03 | 身辺雑記