60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

仕事始め給料はダウン

今日から仕事でした。通勤列車はまだいつもよりは混雑少な目。

ウチの課長は「民間では今週一杯休みのところが多いんじゃないかー?」と言ってました。私の勤務する役所の長は何かに付け「民間!民間!民間を見習え!」なんだけど、こういうのは見習ってくれない。

で、民間見習ったからでしょうか、今月から給料下がりました。基本給が下がったのです。職員みんな一律ダウン。

民間好き政治家クンは当然「成果主義」も好きでありまして、制度がいろいろ変わって「成果主義みたいなもん」も導入されております。とりあえず局長級ではこの冬のボーナスでもそれなりの格差が付いているはずです。政治家クンのお気に召すよーなことを上手ーくやって、それをガンガンアピールした幹部サンが評価されて沢山ボーナスもらったんでしょうね。

「成果主義みたいなもん」を導入するにあたってのスローガン(?)は「頑張った人が報われる制度」でした。でもそれって欺瞞じゃないかなぁ・・・と思っていたら、スローガン出すほうもさすがに「頑張った人が報われる制度」という表現ではマズイと思ったのか「頑張って評価された人が報われる」とかなんとか言い出した。

評価されればいいのかぁ―――って、誰が評価するのよ。何をどう評価するのよ。例えば、評価する上司によって、何を「プラス」「マイナス」と考えるかって結構違うからなぁ。Aさんが全然気にも留めないことをBさんはものすごくマイナスなことと考えたり、というのはよくあることでしょ。

今のところ私は「つまりは評価されやすい目立つ仕事をやってその結果をアピールする能力に長けていると給料が増える」ということだと理解していますけど。裏を返せば地味な仕事を地味にやる地味な人は評価されずに減給ってこと。

まあ、とにかく去年一年振り返って、人員減って仕事は増えキツくなるなか、きっと多くの職員は「頑張った」と思うのですが、その結果が一律給与減。しかも4月からは労働時間増えるし。こんなんで士気上がるかよ・・・と思っていたら、「自分で自分のモチベーションをアップさせるための研修の受講者募集中」だって。人を馬鹿にしているのだろうか。

給与が一律に少しづつ上がる制度に欠点がないとは言いません。でも、この制度には「大多数の真面目にコツコツ頑張った人の給与が上がる」という面があったと思うんです。それがこの制度の長所だったと。「頑張って」→「給与が上がる=報われる」ということになっていた、と。

職員の中には、この「毎年給与が自動的に上がっていく」という制度はダメだ!すぐに止めるべきだ!と考えている政治家クン寄りな考え方の人もいて(←きっとアピール上手なアグレッシブさん達なのでしょう)その単純さには呆れるんですが、そんな人たちも今回の減給で「なんかおかしい?」と思うきっかけになったなら、この減給にも意味があるということかな。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-01-04 21:37 | 職場・仕事・働く