60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

50時間とゼロ時間

今朝、職場へ向かう道すがら、この4月の異動で一緒に同じ係(ただし係は一緒だけれど「班」が別)に配属された同僚に声をかけられました。

「昨日は残業していたけれど、いつも残っているの?私は昨日こっちへ来て初めて残ったわよ。」

そう、昨日はこの同僚の班の人たちも残って仕事をしていました。私のいる班の人たちよりは先に帰りましたが。

そうか、隣の係だけではなく、隣の班も残っていなかったか・・・。

今日も私たちの班の人たちだけが残業したのですが、超勤命令簿を記入するとき他の人の超勤時間も覗いてしまいました。私の勤務先では、超勤簿は「紙」の冊子ですので、他の人の分も簡単に見れてしまうんですよ。近い将来、電子化されるようなので、そうなると多分他の人のを覗くなんてことは出来なくなると思いますが。

確かに、私の班の人たち以外は、あんまり超勤ついていません。朝会った人とはまた別の班の一緒に異動してきた同僚二人なんて全然超勤していませんでした。

一方で、私の班の人たちは残業しています。一番多い人で4月分として約50時間の超勤がついていました。異動があって新人(私とか)が来てガクンと戦力ダウンした影響はあるでしょうが、でも繁忙期というわけでもないのに・・・。

絶対に人員配置が適正ではないのだと思うんですよ・・・例えば、私の班では電話の数が非常に多く内容も複雑ですが、他の班や係には私の係ほどには電話はかかってきていません。その分、仕事がはかどりますよね。(お金を支払ったり払い戻したりといったことを扱っているために電話で質問してくる人が多い、というのが私の班の電話が多いことの一因だと思います。「滞納していたものを払いたいんですけど」という内容の電話を自発的にかけてくる人がそんなに多いとは思えませんものね・・・。)

それから、窓口に出なくてはいけない回数が、私の班は他の係や班に比べて多いです。(班員の数に比べて窓口要員が多い。)窓口に出れば、内部の仕事は出来ません。内部の仕事が終わらないので残業でカバー、ということになります。

同じ係の係員で50時間と0時間、あんまり偏りすぎじゃない!?と管理職の人たちは思わないのでしょうか。改善しようと思わないのでしょうか。「ご苦労さん」「お疲れ様」「頑張ろうね」と言ってりゃ、それで充分なんでしょうか。

こういうの、なんとかしてください!って何処に訴えればいいんでしょう。今までそういうことを訴えた人はいないのかしら。50時間くらいたいしたことない、という感覚なのでしょうか。「夕食作って食べる時間がないじゃん!」と思う私はサルコジ派にでも一喝されてりゃいいのでしょうか。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-08 23:24 | 職場・仕事・働く