60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

やっぱり我慢の限界

体調もかなりすぐれませんし、やっぱり我慢の限界ということで。

健康方面の担当者を通じて係長に私の意見を通してみました。

で、係長はご自分の側には一切の落ち度はないというご意見のようです。

「仕事の量については既に配慮している」そうです。

まあ、前々からそうおっしゃってましたから、きっとそう主張されるとは思ってましたが。

さらに「長時間の残業をしろと言ったことはない」そうです。

「自分の仕事に責任を持ってください」「他の人に迷惑かかりますから」と言われて、私だって自分の仕事に責任を持たないちゃらんぽらんじゃないし、同僚に迷惑かけたりしたくない!と思う気持ちを、ま、ある意味利用されて、追い詰められ感を持ちつつ一生懸命遅くまで頑張って仕事をしてきたけれど―――

つまり私が能力不足だから、同僚よりも仕事量が少ないというのに仕事が片付かなくって勝手に長時間残業しているだけ―――というご意見なんでしょうか。

ああ、もういいよ、勤務評定EでもFでもGでもZでも何でもご自由に付けてください。

今までよっぽど頑丈で従順な部下ばっかりだったんでしょうね~。お家に家事を一手に引き受けてくれる奥さんとかお母さんのいる部下ばっかりだったとかね。あー、私もお昼は奥さんの手作り弁当で夕食は奥さんの手作りの料理が待ってくれる、そんなご身分だったらねえ~。

・・・こんなやり方(係運営とでも言うのかな?)で、今まで誰も不平も不満も意見も言う人がいなかったのかな。少なくとも今年一緒に異動してきたオジサンは私には愚痴こぼしてたけど、他の人は何も言っていないしな・・・そんなこと同僚に言わないのが賢いやり方ってことかな。まあ、勤務評定のことを考えると(だって、この係長が評定するんだからね)、言いたいことを言えないという土壌はバッチリ!(って、日本語ちょっとヘンだけど。)

とりあえず、一旦ここで自分の意見を出したからには、引きませんから。おかしいのは私じゃなくて、職場のほう。私が弱いんじゃなくて、他の人たち頑丈すぎ。私が不平が多いんじゃなくて、他の人たち従順すぎ。

そういうことだと思うけど。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-06-22 20:15 | 職場・仕事・働く