60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

IKEAの商品は手がかかる?

先日IKEAに行ったことは書きましたが、そのときにジャムだけでなく家具も買いました。

買ったのはHOLというコーヒーテーブル兼収納ボックスです。

カタログで見て「いいかな~」と思い、お店で見て「これでいいや~」と思って買ったのですが、いざウチで組み立ててソファの前に置いてみますと(コーヒーテーブルなのでソファの側に置きます)・・・

なんかヘン!部屋に合わない!

このテーブルの質感が、部屋の雰囲気と合わないのです。ソファが置いてあるエリアは(「部屋」ではなく「エリア」なんですよね・・・)、絵(←ポスターとかチラシとか印刷物ですが)を飾ったり、照明はガラスのペンダントの電球だったりして、一応私のウチの中では一番すましたエリア、にしているつもりなんですが・・・。

そんな所に置いてみたこのテーブル、基本素材は自然な味わいのウォールナット無垢材ということなのですが、結構ささくれだったりしている部分もあって、何と言うか昔々の木のリンゴ箱みたいな風情なんです・・・これにジャガイモ入れて台所の隅に置いておいたら似合いそう、てなカンジで。

あー、しまったー、どうしよー!

IKEAは「気が変わっても大丈夫!」というキャッチフレーズで商品購入後90日以内なら返品可能と謳っているのですが、勿論未使用のものに限られています。IKEAの家具はみんな組み立て家具だから、購入者が家具を部屋に置いてみて「やっぱりいまいちかなぁ・・・」と思ったときには既に組み立てられている=使用済み、ですよねー。「気が変わっても大丈夫!」はちょっと誇大広告?・・・という負け惜しみは置いておいて。

うまいこと言って両親の家に持って行っちゃおうかーとも思ったのですが、まあ親孝行な私なのでそれはせず、もしかしてニスとか塗ってみたら少しよくなるかも?と思い至りました。失敗したらより一層酷い状態になっちゃうけど・・・。

IKEAの家具なんだからIKEAで売っている塗料を使ってみるか、ということでBEHANDLAという塗料、これのアンティークという色のものを購入しました。水性で溶剤が入っていないので室内で使う家具にも安心、となっています。ちなみに中国製品が圧倒的に多いIKEAにしては珍しくドイツ製。説明書はべローンと長くて20ヶ国語くらいで書いてあります。

で、早速塗ってみたのですが・・・確かに塗料特有の嫌な匂いがありません。とてもサラサラしています。ニスとも違うものなのか?よく分からないのですが、とにかく薄塗りを心がけつつも、ついつい厚塗りになりながらペタペタと塗っていきました。

これを塗っていて何が大変って、格子の内側を塗っていくのが大変です!でもここを塗っておかないと格好悪いし。一つ一つちまちまと塗っていきました。

一通り塗り終わって、数時間乾かしてから二度塗り・・・をしている途中で日が暮れて暗くなってしまったため(ベランダで作業してました)作業中止。明日残りを仕上げなくては。

とりあえず家の中に入れてみましたが、リンゴ箱よりはちょっと上等になった感じ。苦労の甲斐があったかも!?明るい所で見たら、ムラだらけだったりして・・・。

なんだか夏休みの工作の宿題をやっているような気分になりました。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-07-21 23:44 | 身辺雑記