60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ネットのおかげで外国の美術館も身近に

暑い中、部屋の大整理は続いております。まだまだしばらく続きそうです。

部屋を片付けて心機一転しようとして、どうしてもしたくなったのが部屋に飾っているポスターの入れ替え。数えてみたら、今、ウチには合計8個の額縁があるのですが、中に入っているポスター及び写真は全て前世紀にセットしたもの。それなりに気に入っているので入れ替えようという気にならなかったのですが、でもそうだな~半分くらいは入れ替えてみてもいいかな、と思い、しまってあるポスターを引っ張り出そうとしました。

使っていないポスターを入れている大きな筒を引っ張り出して中身を出してみたところ・・・

ない、ポスターが殆どない。

え、え、絶対にポスターが何枚かあるハズなのに!?どうして!?今、これだけ家中引っくり返しているのに、他の所から出てくるということもなかったし・・・間違って捨てちゃったのか?そんなことはないと思うけどなー。

なんだか狐につままれたような気分なのですが、とにかくない。・・・しかたない、新しいの買うか・・・。

私のポスターは旅行先でいろんな美術館へ行ったときにお土産がてら買い集めたもので、私は「ポスター=美術館で買うもの」と思い込んでます。でもいろんな美術館に行っている暇もカネもないし、と思ったところで気付きました。

美術館のショップって、オンラインショップやってるかも!

早速にロンドンのナショナル・ギャラリー(←私にとって一番親しみ&思い出のある美術館)のサイトをチェックしてみました。

おお、オンラインショップやってます!しかも、美術館中の絵がネットで見れて、どの絵でもいろんなサイズに印刷してポスターにしてくれるって!そうかー、いつでもどの絵でも家で好きなだけ見られるんだね!で、「この絵のポスターはないのか・・・」なんて「ガッカリ」はもうないってことかー。

考えてみたら、今までそんなことにも気付いていなかったのか、ってカンジですが、はい、気付いてませんでした。今頃気付いて感心してます。

ナショナル・ギャラリー見たなら次はテート・ギャラリーだよね、ということで見てみますと、こちらもやはり同じようなことをやっています。結局ポスターはテートで買いました。

サージェントの「カーネーション、リリー、リリー、ローズ」、私は別に「ラブリー好き」ではないのですが、この絵は!好きです。初めてこの絵を見たときに、ちょうちんの中に本当の明かりが灯っているかのような錯覚に陥りました。日本のちょうちん、というものいいし。

それからポターの可愛いネズミの絵、3点。ポターの絵も素通りできません。(私は本当はラブリー好きなのだろうか?)

調子に乗って、ビクトリア&アルバート美術館のサイトも見てみたら、こちらのオンラインショップではポスターは販売されていなくて、いろんなグッズが売られていました。私は美術館・博物館で売られているアクセサリーも好きなんですよね・・・欲しい!というのがありましたが、一応こちらは我慢。

ポスターは送料かかりますが法外な額ではないし、VAT(英国の消費税)分は差し引かれているしで、わざわざ外国で買うよりいいかも~と思ったのでした。なんか思わぬ見つけものでした。

あとはこれで円が上がってくれれば!(対ポンド、20年前のレートに戻ってます。)
[PR]
by kiriharakiri | 2007-08-13 22:54 | 身辺雑記