60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ベツレヘムじゃなかったの~!?

せっかく(?)なので、今日もクリスマス関連のネタを。

先日読んだキリスト教に関する本に、幼少期青年期のイエスについてはとにかく信頼できる資料が全くないので全ては不明である、とあって、「ふん、それは分かっているって」とか思ってサラッと読み飛ばすはずが、1か所個人的にショックな記述がありました。

イエスの生誕にまつわる話は、ご存知のように非常に現実離れしています。天使のお告げを受けた処女が神の子を妊娠、厩で生まれて飼い葉おけに寝かされ、天使出現や星の輝きで救世主誕生を知った羊飼いや東方の三博士が訪ねてきた―――これらの話には重要な宗教的な意味が含まれているとは思いますが、どれも「事実」ではないと思います。

で、私が何にショックを受けたかと言いますと、イエスが生まれたのはベツレヘムでなく恐らくナザレであろう、という記述にです。

ベツレヘムじゃなかったの!?

私は5歳児のときに「○○ルーテル幼稚園」というところに通っておりまして、日曜日にはちゃんとミサ(と言えるのか?)にも通っていました。そこで聞いた話~世界は神様が作った~なんてのは小学2年生くらいのときには、それはどうも違うらしい、と簡単に進化論へと移行してしまいました。

でもベツレヘムで生まれたということだけは何の疑問も抱かずに、5歳のときにイエス誕生物語の絵本を読んでから40歳の今に至るまで完全に信じておりました!うーん、確かにナザレで生まれたというほうが自然だ・・・。

なんか、サンタクロースはいないという事実を知った子供の気分!?です。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-12-20 00:17 | 身辺雑記