60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

かぎ針編みに再挑戦!

お正月、両親の家での暇つぶしに「アクリル毛糸たわし」でも作ってみるかー!と思って、編み方の本と毛糸とかぎ針を用意したのだけれど、本に出ている編み方が全然分からず結局編めずじまい――ー―ということは確かブログにも書いたかな。

私は棒針編みは結構好きで、長続きしている数少ない趣味の一つなのですが(←数えてみれば四半世紀だ!)、かぎ針編みは殆どやったことがありませんでした。鎖編みと細編みと長編みが出来るのみ。なのに「棒針編みが出来るんだからかぎ張り編みだって出来るんじゃない?どっちも毛糸だし」と甘く見たのが敗因。

でもその後も、かぎ針編みやりたいな~、可愛いモチーフとか編んでみたいな~、やっぱりタワシも編みたいし~アクリル毛糸買っちゃったんだから、と思っていて、先日本屋さんの手芸コーナーを覗いてみたんです。

可愛いかぎ針編みの作品が並ぶ本が何冊かあったのですが、その中に『はじめての手作り かぎ針で編むモチーフ』というのがあって、冒頭に紹介されているコースターの編み方が沢山の写真を使って細かく説明されていました。これだけ説明があれば編めるかな?と思いつつページをめくりますと、このコースターを接ぎ合わせて作ったひざかけが目に留まりました。

これ編みたい!ということで、この本を購入。数日のうちに手芸店で毛糸を購入。早速編んでみようとしたのですが・・・

出来ない。写真付きで細かく説明されているにもかかわらず、編み方が分からない

で、この本&毛糸も放置・・・していたのですが、昨日今日とちょっと気分がよくなってきたこともあって、やっぱり編みたいな~と思い、母に編み方を教えてもらおうと親の家まで行ってきました。

母の編み物は全くの自己流で、棒針編みに関しては「アメリカ式持ち方を教えられた」という恨みすらあるし(笑)、アクリルたわしの編み方を聞いたときには教え方が悪くて(←と、私は思っている)何が何だか分からなかったのですが、とにかく私よりはかぎ針編みは出来るのでとにもかくにも再度教えを請うことに。

まず母が、本を見て「ああじゃない、こうじゃない」と試行錯誤しつつもなんとか本に出ているモチーフと同じような形のものを作成。それを見て私も「こんなカンジだろうか・・・?」とやっぱり試行錯誤。

結果、私にも出来ました!本に出ているのと似た感じのモチーフ!

簡単な作品+詳細な解説(写真付き)+(へっぽことは言え一応)先生

の3つが揃ってようやく編めたわけです。やっぱり本だけでは編めませんね~。教えてくれる人間が絶対に必要です。でも、先生がへっぽこだから先生だけいても編めない(アクリルたわしのときに実感)。詳細な解説があったから今回は編めたのだと思います。

さて、編めたと言ってもですね、いびつ・不恰好・大きさバラバラな私の編んだものと本に載っている作品との差は歴然。しょうがないですね・・・初心者ですから・・・。

e0020882_113965.jpg


とりあえず今日は6個編みました。配色パターンはこの6種類で、これを全部で

108枚

編みます。煩悩と同じ数か・・・。いつ編みあがるでしょう。多分ひざ掛けが不要なシーズンになる頃には・・・いや、次の秋冬シーズンにずれ込むか?108枚も編めば、少しは上手に編めるようになるかなぁ~、と期待しています。

ところで、コレ、色がちょっと「えっ・・・」ってカンジじゃないですか?本に載っている作品は色合いがとっても素敵で、だからこのひざj掛けを作りたい!って思ったくらいなのですが・・・。毛糸を買いに行った店には本で指定されている毛糸が売っていなかったのです。遠くの店まで買いに行くのも面倒だし・・・いいや、この店にある毛糸で同じくらいの太さのもので済ませちゃえ!

なので、「薄紫」指定なのに買ったのは「ベタベタの紫」だし。「薄オレンジ」指定なのに「レンガ色」だし(私のPCでは赤に見えます)。何と言っても「こげ茶」が「栗色」(私のPCではグレーに見えます)。

これはちょっと失敗だったかも・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-02-11 01:04 | 身辺雑記