60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ゴメンね、ウサギ

昨日今日とウチのウサギ、エサの食べが悪い。このウサギはなぜか特売品に食いつかないことが多くて「また贅沢言ってる!」と怒っていたのだが・・・。

さっきちょっとウサギを見ていたら、顔の手入れを片足ずつ使ってしている。ウサギは普通後ろ足で立って両方の前足を同時に使って顔の手入れをする。(この動作がウサギのする動作の中で一番可愛いと私は思っている。)それを、片方の前足は床に付けたままにして、もう片方の手だけで顔の手入れ。右側が終わると今度は左側、という具合に3本の足で体を支えつつ顔の手入れをしているのだ。

・・・もしかして年寄りになって足腰が弱くなったのか!?ウチのウサギは人間の年齢に換算するとちょうど還暦くらいになるらしい。そろそろ体にガタが出てもおかしくない頃だ。

そう思ってまじまじと見てみると、なんだか毛づやも悪くなったような気がするし、もともと小さかったのが更に小さくなったような気もするし、数ヶ月前からフンも小さくなっているし、ケージから出してもあまり走り回らなくなったし等などなどなど・・・。そして抜け毛が全然治まらない。そろそろ抜け毛シーズンも終わりかなぁ、と思っていたのに今日なんて一転物凄い抜け毛だった。

もしかして、このウサギ弱ってる!?

と思うと心配で仕方ない。明日の朝、獣医さんのところへ行ってこよう・・・お金かかるけど。

ブラシをかけて大量に毛が抜けた後も、そのまま膝の上に乗せて撫でてやった。そう言えば、このところブラシはかけるけれど全然撫でてやっていなかった。ウチのウサギはまるで愛想がなくて人間に懐かないのだけれど、唯一頭から背中にかけて撫でられるのは喜ぶ。と言っても犬のように嬉しそうにワンワン吠えて尻尾振るでもなし、ネコのように目を細めて満足そうにニャーンと鳴くでもなし、ただ単にじっとしているだけなのだけれど。少なくともウチのウサギは、撫でてやらない限り人間の膝の上でじっとしているなんてありえないので、絶対に嬉しいのだと思う。

そうだよ、本当に、かなり長い間全然撫でてなかった。このところウサギへ向ける愛情がかなり減っていた。自分が寝る直前になって「あ!ウサギのエサ!」と思い出して、面倒だな~と思いつつエサを入れてやるくらい、ウサギを大事にしていなかった。

ペット動物にとっては飼い主が全て。ましてやウチの場合は私に代わって世話をする人間がいないわけだから、私がこのウサギの行く末を左右してしまうのだ。

あぁ、今まで放っておいてゴメン・・・久しぶりに撫でてやっているうちになんだか涙が出てきた。それにしても撫でただけでも物凄い抜け毛。サービスしていつもより長い時間撫でてやったところ、満足したのか私の膝から飛び降りて(ウサギの移動手段=飛び跳ねですから)、部屋の中をクルリと一周してケージの中に入っていった。これがこのウサギがケージに戻る前の「儀式」。

とりあえず「明日は獣医さんだよ」と言っておいた。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-06-13 21:42 | 職場・仕事・働く