60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コネが必要な就職先~怒る理由はそれが公務員だから?

大分県の教員採用試験をめぐる汚職事件、かなり大規模らしくてビックリしました。先生になれるもなれないもコネしだい、カネしだい―――うわ、本当の話なのね!?結構ショックです。どうしてこんな爆走が続いてしまったのでしょう。他でもそういうところがあるのでしょうか。世の中過ぎる。

私が就職するときに公務員(先生ではなくて一般の行政公務員ですが)を選んだことの理由の一つに、公務員になるには特にコネは要らない、というのがありました。だって、私、まるっきりコネ持ってなかったですからね。

某公務員受験予備校の講師の方の「都道府県庁や政令市の場合、コネがきくってことは全然ないと考えていいと思う。でも、例えばとても小さな役場で、ここ何年も職員採用試験もなかったようなところが、突然『あなたのために』(←恐らくは)今年は採用試験をすることに~という例を聞いたことがあり、この場合はコネがきく(それも物凄い強力なコネ)ということでしょうね・・・」みたいな話を聞いたことがあります(20年も前の話ですが)。これは一歩間違うと小さな市町村差別につながってしまうので注意が必要だと思いますが、別ルートでも小さめの市町村にはコネ採用があるらしいよと聞いたことがあります(これも20年前)。何のコネもない、都市埋没型の自分は、当然「コネ関係なさそう」な役所を選びました。

(※私の話は基本的に地方公務員の話なので、試験合格後に就職希望の省庁を訪ね歩くという、システムがかなり違う国家公務員についてはよく分かりません。ただ国家公務員の場合も少なくとも試験の合否決定にコネが関係しているという話はこれまで聞いたことがありません。)

しかし、今回の話は大分。うーん・・・。またこれで「だから公務員は!!!」というふうに叩かれるのかと思うと辛いです・・・。

さて、私がコネが要らないという理由で公務員を選んだということは、裏を返せばコネがあれば就職できる・コネがなくてはなかなか就職できない会社や業種があるということです。大学の先輩(女子)には「女の子の就職はコネよぉ!」と断言していた人もいます。彼女はお父様のコネで就職したということです。ちなみに男女雇用機会均等法施行直後の話。他にも、皆が羨ましがるようなところに就職した人の中には「コネがあったらしい・・・」との噂があった人、それなりにおりましたね。(全員ではないですよ。)

ですので、私は、民間企業ではコネ(それからカネもか?カネで買うコネもあるだろうし)って結構あるものらしい、と考えておりますが、正しいでしょうか?今でもそうなのでしょうか。そしてそれは民間なんだからいい、構わないのでしょうか。

私はそれはちょっとオカシイと思います。他と比べて高い給与の会社や、ある種の権力を持っているような業界に就職するのにコネが必要って・・・つまり、自分の能力とは関係のないもの(←自分の才覚で作るコネもありましょうが、ここでは主に親族絡みのコネを想定しています)が必要ということですよね。それって差別じゃないのか?男女雇用機会均等法ならぬ、コネなしコネあり雇用機会均等法が必要かもよ。

という、コネ有無による差別の問題を、喜んで深い考えもなく(←多分)公務員バッシングしているような大マスコミの方々に取り上げてもらいたいのですが、彼らがそんなことをすると考えるのはあまりに甘っちょろいのであります。だって彼らこそ、コネ必要業界の代表格の住人―――らしいのですからね。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-07-15 00:10 | 職場・仕事・働く