60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

住まなくても都 ――― 京都

木曜日から今日まで、大阪・京都へ遊びに行っておりました。

ものすごく楽しかったです!滅茶苦茶堪能しました!

お久しぶりの方に沢山会えて、一緒に遊んでもらったり、一緒にご飯食べて楽しいおしゃべりしたり―――面白かったです!旅先で会える人がいるというのはいいものですね~。皆様お世話になりました。

午後9時過ぎに「あああ、帰ってきてしまった・・・」と思いつつウチへ着いて、京都駅で買った柿の葉すし(京都から帰ってくるときは大抵これを買ってきます)と嵐山の桜もちを食べて、ホントに楽しかったなぁ~と思い返しておりました。(明日以降のことは考えたくないですね・・・。)

心配していた体重は約2.5キロ増。しかし、骨格筋率はアップし、いつもはなかなか減らない体脂肪率がかなり減っていたので、結構嬉しいかも。

とりあえず、旅行の思い出を忘れないうちに書きつつ、写真を整理して・・・という作業を裏でやりながら、今後暫く旅行記をちょろちょろとアップしていきたいと思います。

で、今夜は、今回の旅行とは直接関係のない、ごくごく私的な京都にまつわる思いについてチラッと書いてみようかと。

私は高校生のとき、どこの大学へ行こうかなーと考えて、東京に住んでいたのですが、京都の大学に行きたい!と考えたことがありました。

と言うのも、私は日本史が大好きだったのです。日本史が好きだと、やっぱり京都には惹かれるものです。とにかく、自分が小中高と通じて、一番好きだった科目は日本史でした。日本史って学校では小学6年生のときに初めて習ったのですが、私は図書館にあった「マンガ日本の歴史」というのが好きで、小学4年生の頃までに全巻読んでおりました。ですので、学校の授業は簡単と言うか物足りないと言うか・・・このマンガで得た知識は結局中学生になるまでかなり役立ちました。それから小学6年のときに、学研の「学習」の付録に日本史マンガ上下2冊(分量はとっても少なかったですが)があって、これも好きだったな~。勿論、勉強のために読んだわけではなく、単に面白かったから読んでいたわけで、結局基本的に歴史が好きということなんでしょうね。日本に限らず歴史には興味がありますが、でもやっぱり日本史が一番面白い。やっぱり身近だからでしょうね~。

高校のときは、日本史は3年のときに履修しました。私は高3のときは英語・国語・日本史・体育しか履修していなかったので、日本史の授業コマ数も充分あって、楽しく勉強しておりました。当時使っていた日本史の参考書は、今も私のすぐ後ろにある本棚に収まっております。で、この参考書ではなく教科書(山川出版)のほうになのですが、本文ではなくてセクションの導入部に、現代の祇園祭の時の京都の雰囲気のことがちょこっと書いてあったんです。7月になると、京都は一種異様な熱気に包まれる~といった感じのことが書かれていたのですが、それ読んだときに、「あー、京都の学校に行って、祇園祭に参加してみたい!」とか思ってしまったのです・・・。

私が大学を受験する年というのが、共通一次試験(センター試験ではありません(笑))の必須受験科目が5教科7科目だった最後の年でありました。(この後、必須科目がどんどん減って、そのうちに大学生の学力低下がどうとかこうとか言われるようになるわけですが。)私は高校2年生のときまでは、ウチは金持ちじゃないのだから学費の安い国公立へ行かねば!と思って勉強していたのですが、5教科7科目でそこそこの成績を取るなんてことは、完全に私の能力を超えていました。

で、母が、恐らくは見かねたのでしょう、「私大へ行ってもいいんだよ」と言ってくれまして、私は私大専願、勉強するのは3教科3科目というラクな道を選んだのでありました。だって、日本史は一番好きで、好きなのだから成績も悪くはなかったし。また、小中高通じて一番好きだったのが日本史なら、一番楽勝だったのは国語。特に現代文は、ちょっと漢字の練習するくらいでさして勉強時間を割かなくても、よい成績の取れる夢のような科目でありましたし。まあ、ネックは英語だったのですが・・・高校3年間で一番時間を費やして勉強したのは多分英語だと思うのですが、成績はまるでパッとせず、苦手科目でした。

とにかく、じゃあ京都の私大ならどこへ行きたいか?と考えて、行きたいなーと思ったのが某D大学。私は某宗教Cにも興味があった(今もあります)というのもありまして・・・。が、しかし、某宗教C系の学校というのは何故か学費がお高めなんですよね。自分の能力不足努力不足のせいで、お金のかかる私学へ行かせてもらうのに、そんな私学の中でもさらに学費が高めの大学。しかも遠方の学校となればますますお金もかかります。

「そこまで我がまま言えないよな~やっぱり東京の、なるべく学費抑え目の私立にしたほうがいいよな~」と思いました。ので、諦めました。今から考えてみれば、せめて受験だけでもしてみてもよかったのかもと思うのですが。それで不合格だったらスッパリ諦めもついていたでしょうし、もし合格していたら「やっぱり思い切って京都へ行こう!親にもそうお願いしよう」と決心していたかもしれないし。

今回、たまたまバスで京都市役所の横を通りました。石造りの威風堂々とした建物!私の勤務する役所のメインの庁舎は安普請ペラペラ&ボロボロ&建物としての美しさとかセンスはゼロ、いやゼロどころかマイナス・・・という本当に酷いものです。どうしてこんなに恥ずかしい建物を建てたのだろうかと唖然とするばかりです。まあね、中身もそれに見合っているかと思いますが・・・。京都市役所の中身は分かりませんが、「ああ、京都の学校へ行って、京都市役所へ行けばよかった~」とか今回も嘆いていたのでありました。

さらに、最近私が見つけたよさげな人が、立て続けに一人は大阪在住(で京都勤務)、もう一人が奈良在住ということで・・・「やっぱり京都の学校へ行っていれば人生が変わっていたかも」とつくづく思っていたところだったのです(涙)。私が現在住んでいる所は、もう本当に不毛の地です、少なくとも私にとっては・・・(涙)。

まあ、今更何を言っても仕方ありません。ので、これ以上は何も言わないことにします。

とにかく。現在は新幹線のおかげで、京都へ遊びに行くのは結構簡単です、新幹線料金のことを除けば。だから頑張ってお金稼いで、また遊びに行けばいいわけです。

今回は、日本史も結構細かいことを中心に忘れてるなということに気づきましたので、ちょっと勉強し直そう~と思いました。そう言えば最近ちょっと日本史から離れていましたし。何十年ぶりにマンガ読み返すのも面白いかも(笑)。そうそう、仏像についてもかなり忘れています。こちらはみうらじゅんでも読んで勉強し直しましょうかね。

と言うわけで、「京都にまつわるちょっとセンチメンタルな思い」の巻きでございました。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-08-03 23:35 | 大阪・京都旅行~2008年夏