60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

そっちに似てるか・・・

朝起きて、洗面台で顔を洗い、タオルで顔を拭き、前にある鏡を覗く。
頭頂部分、水分の抜けた髪が微妙に縮れてボサボサ。白髪もガンガン混ざってる。

「ふっ・・・、マエストロ・オザワ。」

ああ、そんな人を連想させる頭髪!なんて頭髪だ!
いや、小沢征爾は偉大なる指揮者であろう。
でも私は西本智実 の方が好きだぞ!
(外見ね。音楽的なことは私には判断できません。そこまでクラシック音楽について造詣深くありません。)

もうちょっと髪を伸ばして茶髪にすればよいのであろうか・・・。

いや、問題は髪を伸ばすとか茶色にするとかそういうことではなくて。
もっとコンスタントに染めればいいだけの話だ。

なぜそうしないのかと言えば・・・おカネ
だって他にいくらでも使い道あるもん。

女は美容関係にはカネに糸目を付けないというのはウソ。
ま、ウソとまではいかなくても不正確。
ちなみに私は化粧品代も毎月ほぼゼロだ。
糸目付けまくり。

で、マエストロ・オザワか・・・。

少しは考えを改めてもいいのかもしれない。
私は偉大なる指揮者ではないのだから。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-02 23:03 | 身辺雑記