60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ウサ入院

昨晩もウサは殆どエサを食べていなかった・・・この段階で獣医さんの所へ行くべきだったのかもしれないのですが、「でも、大好きな野菜や果物ならとりあえず食べるかも!?」と思ってキャベツとリンゴを補充して出掛けてしまいました。

夜帰ってくると・・・少しばかりキャベツとリンゴを齧った形跡はあるけれど、沢山残っています。いつもなら夢中でバリバリ食べつくしてしまうのに!見た目も痩せています。体重を測ると599グラム。ヤバイ。即、動物病院へ。

すっかり痩せたウサを見て獣医さんは「眼振も少しありますね・・・エンセファリトゾーンの影響が出ているようです」とのこと。痩せすぎていて、血液検査のための採血も出来ないし、このままだと病気でではなく、痩せすぎで死んでしまうギリギリのラインですと言われてしまいました。

そして、タイミングの悪いことに明日は動物病院は休診日。応急で点滴をした後、家へ連れて帰り今夜明日と私が強制給餌するか、今夜から入院させるか、判断を迫られました。どちらがいいのか、獣医さんも一緒に悩んでくれたのですが・・・私としてはウサの近くにいたいし、もしそれこそ死んでしまうのだったら病院で死なせてしまうより手元に置いておきたいと思うのですが、命が助かる可能性があるなら、私の下手な強制給餌より獣医さんの点滴&強制給餌のほうがいいはず。それにもし容態が急変したら、入院させていたらすぐに獣医さんが処置出来ますが、もし家であれば獣医さんに連絡して私も獣医さんも病院まで行かなければなりません。獣医さんが病院まですぐに行ける所にいればいいですが、もしかしたら時間のかかる所にいる可能性もあると言われ・・・。入院させると、明日は休診日なのに先生を拘束しちゃいますねと言うと、それは構わないんですよと言ってくれました。ので、今夜から入院させることにしました。(お金のことは考えないようにしました!←って、考えてたってことですが。)

ウサには、永の別れにならないことを祈りつつ「じゃあね、いい子でね、バイバイ」と言って別れてきたのですが、帰りの道、駅のホームでも電車の中でも不覚にも涙がポロポロ・・・。全然人懐っこくなくて、愛想のないウサギだし、死んだら次は人に懐くウサを買えばいいや~と思ったりしたことも何度もあるのですが、やっぱり死んじゃったら・・・悲しい・・・。なんであのウサはあんなに体が細いんだろう・・・もっと太ければきっともっと強かっただろうに・・・。

獣医さんには何かあったら夜中でもいつでもいいから電話をくださいとお願いしました。もし今夜明日と何も電話がなかったら私の方から金曜日に電話して様子を確認する予定です。

電話、鳴らないでね・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-12-03 22:23 | 身辺雑記