60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ウサ、帰ってくる

午前中、気持ちよく晴れて暖かな日差しの中、郵便局へ。郵便局のATMは日曜でも手数料無しで使えたハズ・・・そして私の僅かな「埋蔵金」が確か残っていたハズ・・・。

血統書付きのウサギを1匹買えそうな金額を泣く泣く引き出し、動物病院へ。

獣医さんからいろいろと説明を受けてウサを引き取りました。食欲も出てきてとても元気ですとのこと。ただ、血液検査の結果、ちょっと肝臓の機能が悪くなっていたそうですが、沢山水も飲んだし、多分今は随分改善されていると思いますよとのこと。また、どうも硬いものを食べにくくなっているらしく、ペレットはお湯でふやかし、人参等は摩り下ろしたものを与えていたそうです。どちらもよく食べていたとか。もしかしたら、また奥歯にスパイクが出来ているかもしれないので奥歯の検査も出来ればよかったのですが、今の体重では麻酔が無理なので(ウサギの奥歯を見るためには麻酔を使う必要があります)、それは出来ませんでした。

獣医さんにお礼を言って、ウサの入ったキャリーバッグを持って嬉しい気持ち一杯で家へ帰りました。キャリー、相変わらず凄く軽いですけど、それでも体重は少し戻っています。

家へ着いたら早速キャリーを開けてみてウサを見てみました。いるいる・・・毛並みも揃って元気そうです。ウサは獣医さんから戻ってくると、いつも毛並みも揃って小奇麗になって帰ってくるんですよね・・・さすがは獣医さんと言うか、私の世話がダメダメなのか。

それから、ウサギのケージを大掃除しました。「そんなもん、帰ってくる前にやっておいてよ!」とウサに怒られそうですが、いや、いろいろと忙しくて・・・。風呂場でキレイに洗い、日の当たるベランダで暫く日光消毒(?)。その間、ウサはキャリーバックの中に入れたまま。

ケージを家の中に入れてからも、獣医さんのアドバイスを取り入れて中に置くものを少し変更したり、外した齧り木等を再度取り付け、ようやく準備完了。ウサを中に入れました。

まずは一目散に小松菜の葉っぱに飛びつきました。それを食べてしまうと、今度はペレット。お湯でふやかしたものと、そのままのものと、両方並べて置いてみたのですが、どっちもよく食べています。今までこんなによく食べなかったのに。もしかすると随分前からエンセファリトゾーンの影響が出て気分が悪くなることがしばしばで食欲にムラがあったのかも。これからはエサの食べの悪いことがあったら早めに駆虫剤を貰うようにしてみようかなと思いました。

牧草は先生の指示通り沢山用意したのですが・・・イマイチ食べない。まあ、とりあえずペレットをあれだけ食べてくれれば、なんとかなるかな。さっきからペレットを食べ続け、ずっとエサ入れに顔を突っ込んだままです。

ウサがガタガタと騒音を出して、ようやくウチらしくなった感じ。元気になって、本当によかったです。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-12-07 22:47 | 身辺雑記