60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

りんごのクランブル作りました~!

フロレンさんのブログ及びレシピを見て、作ろう作ろうと思っていたリンゴのクランブル、ようやく作りました!

そもそも材料の「アーモンドプードル」というのを見てもプ(pu)ードルだかブ(bu)ードルだかも分からなかった私。英辞郎様で調べたら「アーモンドプードル=almond powder,ground almonds」となっている。英語じゃないらしい。

とにかく、それは近所のスーパーでも売っていたので、どうやらメジャーなお菓子材料らしい。正しい読み方はプ(pu)ードルだった。

で、このアーモンド・プードルの袋の後ろにもリンゴのクランブルのレシピが載っていて、フロレンさんのとは微妙に違う。材料はほぼ一緒なのだけれど、分量(割合)が違うのだ。と言うことは・・・適当に作っても大丈夫ってことだな!と勝手に解釈。

フロレンさんのレシピはリンゴ2個、袋のレシピは2~3個となっていたのだけれど、私の手元にあるのは4個。紅玉はあんまり日持ちしないので使い切ってしまいたい。2~個の3に1を足せば4、ということで、4個全部切ってみた。

結果、かなりの量。でもバター(私はケーキ用マーガリンを使ったけれど)で炒めるのだから嵩は減るさ・・・と思ってフライパンで炒めたのだけれど―――減らない。いや、減ってはいるが、もともとが多すぎるから減ってもそれなりの量なのだ。

これではウチのパイ皿から溢れ出るので急遽グラタン皿を出してくる。こんなところで役立つとは思わなかったよ、グラタン皿。

それから小麦粉(←クリスマスにグラタンを作って以来使い道がなくて困っていた)とアーモンドプードルと砂糖とバターを混ぜてクッキーの生地のようなものを作りリンゴを敷いた皿の上に乗せてオーブンで焼いた。スポンジケーキやシュークリームのように「膨らまなかったらどうしよう・・・」みたいな心配も無く、至ってお気楽なお菓子だ。

で、焼けたのがコレです!

e0020882_22483439.jpg


写真で見ると、なんだか焦げ過ぎみたいに見えるのですが、実際にはそんなことはありません。(でもフロレンさんのページに出てるのとは雰囲気がかなり違うぞ・・・。)

アイスクリームを添えて、コーヒーと一緒に食後のデザートとしていただきました。

e0020882_22502568.jpg


アイスクリームとクッキー部分がとても甘いのでリンゴがちょっと酸っぱい。もう少しリンゴに砂糖を混ぜてもよかったのかも。でも、まあまあかな?

大量に余った分は、冷凍しようと思っていたのだけれど、冷凍できるのかな・・・?とりあえず一部は冷蔵、一部は冷凍にして試してみようと思います。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-01-27 22:52 | 身辺雑記