60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

梅でも見ましょう~

日本にいてはロンドンのオペラハウスには行けませんが、梅見には行けます!と言うわけで、関東では一、二の本数(約3万5千本)を誇ると思われる小田原市の曽我梅林へ行ってきました。

曽我はあだ討ち話で有名な曽我兄弟の育った地。梅に関しては戦国武将の北条氏の時代に兵糧用の梅を沢山植えるようになったのが始まりのようです。その後江戸時代を通じて、箱根越えの拠点として栄えた小田原での旅人の梅干需要を支えたとのことであります。そして約40年ほど前に地元農家の人たちが実行委員会を作って梅祭を開催するに至ったそうです。

と言うわけで、梅祭会場も3箇所に分かれて至る所に梅の木があり、また会場以外にも各所でちょっとした広さの土地があると梅が植えていあるといった具合。梅干用の梅ということで、白梅が多いのも特徴とのことです。(私の写真には梅祭用に植えられたと思われる紅梅やしだれ梅が沢山写ってますが。)

綺麗な沢山の梅をたっぷり堪能したうえに、売店で売られている食べ物を堪能し(どれも美味しくて観光地の売店にしてはお安め、特に下曽我駅前のおすし屋さんが売店に出していた鯵寿司は絶品だった!)、お土産も沢山買ってきてしまいました。小田原市内の老舗の漆器店までが売店を出しており、ちょうど「大き目のお椀が欲しい~」と思っていた私は(味噌汁に野菜を出来る限り突っ込んで野菜を多く摂るようにしているため、普通のお椀では溢れる)ついつい、そのちょっとお高めの値段にも関わらず、かなり素敵なお椀を買ってしまいました♪(漆が剥げたらお店へ持っていけば塗り直ししてくれるとか。)勿論、梅酒は外せません。今も、曽我の白加賀という梅を曽我の地酒「曽我の誉れ」に漬けたという梅酒を飲みつつ、これを書いています。これまたとても美味しい!みかんの無人販売所も沢山あって(売店では箱でも買えます)、これも買ってきました。やっぱり美味しい。

今年は関東では梅の開花が早いようですので(全国的にもそうなのかな?)、梅見をしたい方はお早めに。

では梅の写真です~。天気がよければ富士山も見えるハズなのですが、残念ながら富士山は見えませんでした。次の機会には是非とも梅&富士山を一緒に見たいですね。

e0020882_2247350.jpg

e0020882_22404518.jpg

e0020882_22403465.jpg

e0020882_2241020.jpg
e0020882_22411328.jpg
e0020882_22412538.jpg
e0020882_22414022.jpg
e0020882_2242838.jpg
e0020882_22423472.jpg

e0020882_22432727.jpg

e0020882_22425239.jpg

おまけ
e0020882_2243282.jpg

[PR]
by kiriharakiri | 2009-02-07 22:51 | 身辺雑記