60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

出来るとこには出来るんだよね・・・

つい先日、女優の宮沢りえさん妊娠のニュースについて書いたけど、昨日は小渕優子衆院議員&少子化担当大臣(35)が第二子妊娠、ってニュースが流れてた。小渕大臣・・・何でも手に入れてる女って感じ。世界が違う。ま、日本国元首相の娘だしね・・・そりゃ当然別世界だわ。

今日はお笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良(44)の妻が妊娠したってニュースが流れてた。人類、子供が生まれてこなければ滅びるわけで、生殖機能があるのだから子供が生まれてくるのは当然と言えば当然なのだが。

前にも書いたことあると思うけれど、私の弟夫婦のところには子供が出来ない。今年で結婚10周年だ。でも子供はいない。後から結婚した従兄・従弟達のところにはボッコボコ子供出来てるのに。ボッコボコとか書くと不愉快に感じる人もいるかもしれないけれど、やっぱり私の素直な感想としてはボッコボコである。

女が避妊しないで自然に妊娠するに任せていると、一生のうちに10回以上も妊娠するものらしい。そう言や私の祖母も10人産んでるしなぁ。

でも出来ない人(カップル)のところには出来ない。なぜかそういう場合もある。生き物ってのは、同じ仲間(種)の中でもいろんな「性質」「特質」を持ったものが存在して、一見「なんでこんな役立たずっぽい性質のやつがいるの?」みたいなものであっても、実は種全体から見ると、役に立っている・もしくは将来何かの折に役に立つ可能性がある―――ってな話を聞いたことがある。

子供の出来ない人というのもそういった「特質」を持っている者、と考えることもできるのかもしれない。本人が子供が欲しいと思っている場合は迷惑な話ではあるが。

とりあえず、子供すんなり手に入れられた人はその幸せをカミカミ噛み締めていただきたいものであります。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-02-16 23:04 | 身辺雑記