60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

動物病院で手当を受けたのは・・・

今日こそは!と、ウチの「草食男子」を連れて動物病院へ。診察時間終了ギリギリになりそうだったので、焦ってウチを出て階段を下りていたら・・・

足を踏み外して滑ってしりもちをつきました。

今日は一日花粉症の症状がとても強く出ていて(今シーズン最悪)、コンタクトレンズを外してメガネをしていたんですよね。メガネというのは足元の視界が悪くなる。そこにマスクをかけているものだから、メガネが曇りがちでますます足元が見難くなり、そして焦っていた・・・。さらに私は時々階段を踏み外します。(降りるとき限定。運動能力に問題があると思われる。)

ウサを入れたバッグは幸いにも肩にかけておらず手に持っていた状態だったので、バッグの落下した高低差は小さかったと思うのですが、それでも当然ウサはビックリしてバッグの中でビョコビョコ跳ねてるし。もし衝撃で骨折とかしちゃってたらどうしよう!(脚の骨なんて、本当に細いんです。)私はバッグを持っていた手をバッグを持ったままの状態で階段で擦ってしまい中指と薬指の爪の下あたりから血が滲んでいました。ううう、まったくバカ。着ていたコートやパンツが擦れて穴が開いてなけりゃいいけど、と思いつつとにかく動物病院へ。

動物病院では、獣医さんに「来る時に自分が転んでしまったので、ウサが衝撃で骨折したりしていないですか!?」と、そもそもの目的とは別のことを真っ先に聞くことになってしまいました。

獣医さんがウサを触って確認してくれたところ、「全然異常ないですよ~」とのこと。よかった。そして本来の目的の健康診断でも「調子よさそうですね」ということで一安心。足の裏の剥げていた部分にも毛が生えてきたんですよー!と報告。それから、ウサの耳掃除をしてもらいました。耳、凄く耳垢が溜まるんですよ・・・。耳の上の方にでっかい耳垢が付いていたときは私が綿棒で取ったのですが(ボコッと大きいのが取れて気持ちよかった)、奥の方は私が処置するのはちょっと危ないので獣医さんにお願いしました。

その間、獣医さんがコットンに消毒液を浸したものを「これで消毒してくださいよ」と私のためにくれました。動物病院で怪我の消毒をする人間・・・情けない。

ウサからは耳垢がボコボコ取れました。「どうも他の個体と比べて分泌物の量が多いみたいですね」と言われました。正常な範囲内だから別に問題はないということですが、だから耳垢も大きくなるし、涙腺が詰まったりするのかもね~。

元気にはなったけれど、引き続きビタミン剤投与は続けましょう、ということになって、またまた高いお薬代を払うことに・・・。もっとバクバクとペレット食べて太ってくれ!

帰り際、動物病院内をうろつくいつものネコにバイバイをし、やっぱり病院で飼われているウサちゃんを見てから帰ってきました。私のお尻には明日あたり青あざが出来ているかもしれません・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-03-11 22:28 | 身辺雑記