60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:潜る~ダイビング( 8 )

久々、伊豆ダイビング

久々に伊豆でダイビングをしてきました。大瀬崎の湾内と先端です。

天気快晴、富士山がクッキリ、無風、ベタ凪、透き通る海~

すごくよいコンディションでした!魚、沢山見れました!

沢山のキュウセンを見て「あ~、伊豆の海だな~」。各種ソラスズメダイとキンギョハナダイの群れのカラフルで綺麗なことといったら!アオリイカのチビちゃん達も数匹でヒラヒラと泳ぎ、チョウチョウウオやハタタテダイもまだまだ元気(←南の海から黒潮に流されてやってきた南方系の魚は伊豆では冬を越せないのでそのまま死滅してしまうんですよ・・・。)

とっても楽しい一日でした。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-11-24 22:01 | 潜る~ダイビング

潜ることばっかり

潜りに行く→楽しい
潜るに行くことや海のことを考える→そこそこ楽しい

と言うわけで、出来れば連日潜っていたいところですが、それは無理なので、とりあえず海やダイビングのことばっかり考える方向で・・・。

世の中にはダイバーをターゲットにした雑誌というものが幾つかあって、その発売日が今日10日。(協定でも結んでいるのだろうか?)

内容的には、日本各地世界各地のダイビングフィールドの紹介、スキルのあれこれ、器材のあれこれ、沢山の広告等など、かなりマンネリ化してるカンジなのですが、とりあえずまだまだ初心者ダイバーなので知らないことも多いため今のところそれなりに楽しく読ませてもらってます。

雑誌って、とにかく海の中の綺麗な写真でいっぱいなんですよね~。写真って、撮りようによっては実物以上に見えてしまいますから、紙面では超カラフルな海に見えたけど、実際に行ってみたら結構地味だったり・・・なんてこともありました。特に小さい動物については、デカデカと本物以上の大きさで掲載されていたりするので、実物は「えっ、こんなに小さいの!?」なんてことに。

でも、やっぱり海の写真を見るのは基本的には楽しいです♪

そんな素敵な写真を撮りたい!と思っちゃう人は多いようで、ダイバーにはカメラ持っている人が多いですよー。カメラをハウジングという防水ケースに入れるから結構大きくなってしまうのですが(特に一眼レフだと大きい、しかもフラッシュなんかもくっつけたりしてるからさらにゴテゴテ)、そんなこと気にせず(?)、渾身の1枚を撮るべく(?)、皆様水中で頑張っているようです・・・。

私は陸ではそこそこカメラ好き(だった、と過去形にすべきかな)なので、水中撮影に夢中になるかな?と思ったのですが、それがあんまり。まあ、まだ潜りが下手なのでカメラは邪魔!というのもありますが、潜りが上達しても多分一眼レフで本格的に撮影とかはしないと思います。カメラとハウジングが高価、というのもありますが、それよりは、写真撮ってる時間があるなら水中でフラフラしていたい~写真に時間取られるのイヤ~・・・ってカンジで。綺麗な写真なら他の人がいっぱい撮ってるから私が撮らなくてもいいじゃん~・・・みたいな。

ダイバーの中には、カメラをやらなくちゃダイビングなんてすぐに飽きちゃうよ、といった意見の人もいるみたいですが、それは人によって違うだろう~って思います。自分が水中で見たものを陸上の人に見てもらいたい!という思いはありますが、上手く撮るのは難しいから諦めちゃえーですからねぇ、私の場合。

それでもやっぱり、たとえボケボケの写真でも、ブログには写真が付いていたほうが面白い!とも思っているので、次回は(もうすぐ行きます!)なんか撮ってきてアップするかぁ?なんて思いつつデジカメとハウジングのお手入れをしたりして。

なんだか何言ってるんだか分からなくなってきましたので、今日はこの辺で。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-09-10 21:43 | 潜る~ダイビング
ということで、潜ってきました伊豆の海。

なんでも伊豆の海というのは9~11月ごろがベストシーズンだそうで、これから先はどんどん潜りに行かねば!

今回も青い海に沢山の魚にカラフルなソフトコーラル・・・とても楽しいダイビングでした。その楽しさ、海の美しさを文章で伝えるのは・・・難しい~どうやって書けばいいやら・・・。

写真があるとブログ的にはとっても便利なのですが、今のところ水中での写真は撮っていません。デジカメ+ハウジングは持っているので、1回持って潜ってみたのですが、まだまだ潜りの技術が低レベルということもあって、カメラが邪魔!しかも撮れた映像はボケボケ!なので、当分カメラは持たないで潜るつもりです。ので、写真で海の様子の紹介が出来ない・・・。

そうですね~、今回のダイビングの私的なハイライトは、

トビエイ!小さめのエイですが、頭上をスーッと飛んで行きました。

スズメダイの群れ!自分の前後左右上下に無数のスズメダイ!シラスの群れなどもキラキラ光ってそれはそれでキレイなんですが、とりあえずスズメダイくらいの大きさ(魚図鑑によると全長14センチ)があると、「おお、魚だ~」と認識できてグッと楽しい。

それから、色とりどりのソフトコーラルがギッシリで箱庭のようになっている場所があって、竜宮城に中庭があればこんな感じかな~なんて、それはそれは美しかったです。

可愛いクマノミもおりました~クマノミは結構どこにでもいるらしいのが分かってきましたが、ありふれていてもクマノミとイソギンチャクの「セット」は絵になります。(『ニモ』はカクレクマノミなのですが伊豆で見かけるのはそれよりもう少し寒さに強いクマノミ。種類が違います。)

イセエビが背中を丸めてシューッと後ろへ進む(泳ぐ)姿も見れました。

海の中でのあわびも初めて見たし。(エビも貝も取ったら密魚になります!)

そのほか面白かったのは、魚とは思えない妙な姿のニシキフウライウオ、ハナハゼとネジリンボウとテッポウエビのトリオ(?)とか、小指の先ほどの小ささで黄色の体に緑の目のミジンベニハゼ、砂に上手に隠れた大きなヒラメ等などなどなど・・・。

見たくもないのに見てしまったものは、ウツボ(沢山いる)、ナマコ(沢山いる)、ゴンズイ玉(ゴンズイというナマズの仲間の気持ち悪い魚が大量にビッシリ固まって泳いでいる)。

とにかく毎度毎度、生き物の多様さには感心させられます。海の中ってこんなに賑やかだったのね・・・上から見ているとなーんにも見えないから全然気が付きませんでした。

次回のダイビングも楽しみです。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-09-02 22:03 | 潜る~ダイビング
昨日の日曜は、ちゃんと朝起きて午前中活動できたので「やった!有意義な日曜に!」と思ったのですが、午後から寝てしまってそのまま夜になり朝になり~(だからブログ更新も出来ず)、結局いつもの「なんにも出来なかった日曜」になってしまいました。

今日は今日で、仕事が山盛りで忙しいし・・・なかなか帰ってこれないし・・・。

と、愚痴ばかり続きがちな最近のこのブログですが、今日は別の話題をば。

題して「男がとりがちな行動(ダイビング初心者編)」

ダイビングやスノーケリングをするためにまず必要な器材と言えば、マスク・スノーケル・フィンの3点なのですが、このうちフィン(足ひれ)について。

いろ~んなフィンが売られているのですが、例えば私が使っているのはGULLという会社のミューというゴム製のフルフットフィンです。初心者がフィンワークの練習をするにはコレ!と言われて使っているのですが、とにかくスタンダードな一品で、中庸な長さ・中庸な硬さです。フィンには長さがグーンと長いものや硬いものなどもあって、こういうのは脚力がないと使いこなせないのだそうですが、使いこなせるなら、こういうのを使って泳ぐとフツーのフィンとは違う使い心地が楽しめる、らしいです。

で、ダイビングやスノーケリングを始めようかなぁという初心者の男が、じゃあとりあえずフィンを買うか~と買ってきてしまうフィン、これがとにかく長くて硬いフィンなんだそうです。「だから~、脚力なかったりフィンワークがちゃんとできていなかったりしたら使いこなせないんだってば!」と口をすっぱくしてもどうしても買っちゃう長くて硬いフィン。ちなみに色は黒が大人気らしいです。

つまり、男が持っているセルフ・イメージって力強くてカッコイイ、なんでしょうね~そんな俺が選ぶのはやっぱり長くて硬いフィンに決まってる、のでしょうね。・・・もっと自分を客観視しようよ~、辛すぎますか~!?

もう一つ。

ダイビングやスノーケリングって、夫婦とかカップルで始める人たちも結構多いらしいのですが、そういったカップルの男は、とにかくギリギリまで我慢をする、のだそうです。これは辛い、これはヤバイ、と思っても限界まで我慢してしまうため、トラブルや事故のもとになったりしてしまうことがあるそうです。

なぜにカップルの男は無理をしてしまうのか。

それは自分の女房(彼女)にいい格好見せたいため、ですよね!男は女房よりデキル奴でなければいけない!力強くてカッコイイ俺様が女房ごときに負けられるわけないだろう!?女房に「ああ、やっぱりウチのダンナはすごいわ」と思わせなくては!ってところでしょうか。

いえ、別に「高い理想」に向かって日々精進することを笑うつもりはありませんが、日々の精進がないなら、お高い理想をもうちょっと低くしてもいいのでは・・・。

タフでハードな俺、ご苦労さんです。

ま、ダイビングは安全に楽しんでくださいませ。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-06-11 23:31 | 潜る~ダイビング
朝5時起きで海へ出掛けました。

新品のウェットスーツを着ると、窮屈!こんなんで泳げるのかなー?

器材のセッティング。空気の入ったタンクとレギュレーターとBCを繋げます。

ウェイトベルトをつけます。

セッティングの整った器材を背負います。重い!

ヨロヨロと歩きながら海へ・・・。

水につかった状態でフィンをつけます。タンク背負ってるからとても大変!手間取りました。

水に顔をつけて浮かんで、ウェイトの調整。水の中は・・・ニゴニゴ!

浅い所でマスク・クリア、レギュレーター・リカバリーの練習。その後ちょっと潜水。水がしょっぱい!

海の中はニゴニゴですが、かなりいろんな種類の魚が泳いでいます。

水(水温19度)はヒヤッとしましたし、周囲のグループを見ると結構ドライスーツの人が沢山いましたが、温かいラッシュガード+フードベスト+フルオーダーのウェットスーツのおかげか全然寒くありませんでした。

とりあえず1本目終了。海から出ます。水の中では気にならなかった器材の重さがずっしり。重くてヨチヨチとしか歩けません。

休憩~ウェットスーツで入れるお風呂があって、温まります。

2本目。ウェイトを再調整してマスク・クリア、レギュレーター・リカバリーの復習してから、浅い所を潜水。

しかし今度はやたらと浮く!特に脚が浮かび上がってしまいます。

かと思うとストーンと沈む!

これまで4回ほどプールで練習したのですが、そのときはもっと上手くいったのに・・・。

どうもウェイトが重すぎたようです。また、BCの中の空気がウェストのほうに溜まってしまったため脚からスーッと浮かんでしまったようです。さらに新しいウェットスーツ&フードベストで浮力大、だったようです。

そんなこんなで全然どうしようもない泳ぎでしたが、それでも魚は沢山いました。アオリイカの卵もありました。

潜水終了でまた辛い地上での行進・・・。

今日のダイビングはこれで終了ですので、器材を洗って片付けます。結構手間がかかります。それからお風呂に入りました(自分のことも洗いませんことには)。

その後、食事。海ですから、美味しい海鮮料理屋さんが沢山あるようです。今日はいわしのフルコースでした。いわしのつみれ汁、いわしの刺身、いわしの天ぷら、いわしのフライ、いわしの南蛮漬け、いわしのぬた、いわしの味噌煮、いわしの生姜煮・・・。新鮮ないわし、美味しかったです!ボリュームもたっぷりでした。そしてお値段が安い!

それから帰ってきました。ウチに着いたのは9時少し前でした。

あー、疲れたー。スグにパタンとお布団に倒れこみたい・・・ところですが、海で使ったものは早いとこ洗っておかなければトンでもないことになりますから、頑張って器材洗い。

普段使わない筋肉使って、明日筋肉痛になるかも!

目を閉じると海の中の様子が再現されます。「再現」も当然ニゴニゴ。インストラクターさんによると、沢山のグループが講習をしていたために海の浅い所はかき混ぜられてしまって濁っていたとのことです。もうちょっと沖に出ればもっと透明だったらしい。

次はもっと上手に泳いで、もっと透明な海を見たいな!
[PR]
by kiriharakiri | 2007-06-03 23:02 | 潜る~ダイビング

プールでスクーバ3回目

今日はプールでスノーケリングの練習&タンク背負ってスクーバダイビングの練習。

人間の体と言うのは、息を吐くと沈み、息を吸うと浮かぶんですね。そりゃ、浮き袋の中に空気を入れりゃ浮かんで抜けば沈むのは当然なのですが、それを体験するというのはなかなか面白いことでした。

でもまだまだ勝手に浮かんでしまったりして、水の中で自由自在に動けるようになるまでの道程は長そうだなーと思っているところです。

それから、ウェットスーツが出来上がり受け取りました。早速試着しましたが・・・キツイ!なかなか着られない!ウェットスーツは着難いものだと聞いてはいましたが、本当に着難い!イントラさんの話では、今回私が作ったものはとても着易い滑りやすい素材を使っているということだったのですが、これで着易いの!?もう途中で諦めようかと思ったくらいです。汗だくで頑張って頑張ってなんとか着られました。ウェットスーツの着脱もやっぱり慣れが必要なようです。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-28 00:25 | 潜る~ダイビング

魚サン

毎日職場の愚痴というのもなんなので(いえ、今日もクタクタで幾らでも愚痴れますが)、ちょっと別の話題をば。

前回のスノーケリング練習会のとき、透明なピンクにラメ入りのサンダルを履いている若い女性がおりまして「これ、新色だからって買ったんだー、インストラクターの○○さんのと同じサンダルだよー」という話になりました。

インストラクターの○○さんは冬のときからいつも茶色いサンダルを履いていたのですが、いかにもオジサンっぽいサンダルで、彼女の可愛いサンダルがそれと同じものだとは全然気が付きませんでした。

お二人曰く「これは磯でも滑りにくい、いいサンダルなんよ。」

そのときは「へーえ」と思っただけだったのですが。

先週、ダイビング関係の某掲示板を見ていたところ、「ギョサンのサンダル買ったんだけど、まるっきり便所スリッパだ!」「どうして明るい色のを買わなかったのよ」といった書き込みがあったんです。

あ!もしかして、このギョサンのサンダルって練習会のときに見たサンダルのことかも!?

早速ググってみましたところ、おぉ、やっぱりあのサンダル!有名なサンダルだったのか~。小笠原土産だったりするのか~。

私も今後は海辺に行くことが多くなると思いますので、サンダルは必要だなと思っていたのですが、去年のポートダグラス旅行で買ったタイ製サンダルを使うつもりでした。でも「滑りにくい」「丈夫」って宣伝されているし、インストラクターの○○さんもご愛用のところをみると、きっと本当に滑りにくくて丈夫なんだろうな~これは買ったほうがいいかも!ということで早速購入しました。(ネット通販って本当に便利。)

私は「ラメ入り」の物には全然興味なかったし買ったこともなかったのですが、今回はなんだか可愛くも安っぽいこのラメ入りが気に入ってしまい、ラメ入りを購入することにしました。選んだのは、クリアとピーチとラベンダー。はい、3足も買いました。練習会のお仲間に転売してもいいし・・・(というのは冗談)。服の色に合わせてコーディネートしたいな~なんて。何がコーディネートだってカンジですが。

で、今日届きました。思った以上にキレイな発色です。さあさあ、今年の後半はこれ履いてどんどん海へ行かなくてはね!

e0020882_23223964.jpg

e0020882_23225517.jpg
e0020882_2323944.jpg

[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-22 23:23 | 潜る~ダイビング
今日も午前中はプール。とりあえずいつものようにフィンキックの練習をして、ウォーミングアップに400メートル泳いで、ジャックナイフダイブの練習をして・・・。

で、その後、今日は初めてのスクーバ・ダイビングです!タンクを背負ってレギュレーターくわえて水中に潜っていくのです。楽しみ~。

BCDというベストみたいなやつにタンクを取り付け、タンクにレギュレーター取り付け、いろいろチェックして、今日はプールなので水の中へ入ってからBCDを着けます(陸上で重いタンク背負って転んでプールサイドのタイル壊しちゃ大変ですから)。

プールの梯子を使って少しづつ水中へ・・・レギュレーターを使っての口呼吸が妙な感覚で気持ち悪かったのですが・・・水中でも息が出来ています!ノロノロと下降、5メートルのプールの底に着きました!これまで苦労していた耳抜きも殆ど意識せずに出来ていて耳は痛くありません。ただ、レギュレーターが外れそうな感じがして、手で押さえてました。

とっても気持ち悪かった水中での呼吸も少しすると慣れてきて、今度はプールの底をゆっくりと泳ぎます。沈みたいのに勝手に浮いてきたりしてなかなか上手く動けません。上から押してもらったりしてなんとかかんとか沈みます・・・。

そろそろと泳いでいるうちに、だんだん周囲にも目が行くようになって、上方を見ると他のスノーケリング教室参加者が泳いだり潜ったりしているのが見えます(スクーバダイビングしたのはスノーケリング教室参加者のうち数名で他の人はスノーケリング・素潜りをしていたのです)。いつもとは違う光景・・・面白い!

プールの底に目をやると、結構ゴミがプカプカと浮遊してます。プール、もっときれいだと思っていたのに、こんなに汚かったのね、とちょっとショック・・・。

落ち着いてゆっくりと呼吸をしようと思うのですが、どうしても息が大きくなってしまって、泡がボコボコボコボコォッ!と沢山出てきます。インストラクターはポコポコポコ・・・なのに。

文字通りフワフワと遊泳するうちに、今日の練習はお終いです。とても楽しかった!水中って本当に不思議な世界ですね。あと何回かプールで練習したら、今度は海で練習です。待ち遠しいなぁ~。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-04-30 21:42 | 潜る~ダイビング