60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:職場・仕事・働く( 87 )

昨日は帰ってきて着替えて食事して、ちょっと一休みのつもりで横になったら・・・いつのまにか眠ってしまい目が覚めたら朝!焦りました。歯も磨いてなかったし、お風呂も入っていないし、髪も洗っていないから頭はペシャンンコ。服にアイロンもかけていなかったから着ていく服もない!

あー、もう「熱が出た」とかなんとか言って午前中休んじゃおうか!と思いましたが、今日の午前には上司との面談(←勤務評定なんたらかんたらが導入になって以降、上司との面談が行なわれるようになった)の予定があって、こんな日に朝突然「休みます」とか言ったら、思いっきり悪いイメージ確定!になるだろうなぁ・・・それは避けたい!「・・・きっと誰も私が昨日着ていた服なんて覚えていないよ~だって、私は他の人の昨日の服装覚えていないもん」ということで、頭ペシャンコのまま昨日着て行ったのと同じニットの半袖シャツを着ていきました。

職場へ行けば、仕事はドサドサと山積みです。面談なんてしている時間が勿体ないくらいですが、面談が行なわれました。「今年の目標」がどうとかこうとか話し合うのです。この目標がどのくらい達成できたかを基に勤務評定をするのです。これでホントに皆のやる気を引き出せるんですか?と疑問で一杯なんですが。

それはともかく。面談では「仕事量が多くて困っている」と訴えたのですが、係長からは「仕事の量は少なめにしてあります。もう少し慣れたら仕事の分担変えもしたいと思っています。」とのお言葉。分担変え=私の仕事が増える、ってことですよねぇ・・・。他の係や班の人の誰よりも長時間残業してるんですが、それでも仕事の量が少ない・・・?どういうことよ?と思ったのですが、係長には係の人員を増やしたり係や班の間での仕事の分担を変更したりする権限はなくて、どうしようも出来ないわけだから、何か言っても無駄なんですよね。

まったくろくでもない職場に配属になったものだ・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-06-07 00:07 | 職場・仕事・働く

さらに仕事増量

4月に新職場に来て私に割り当てられたうちの仕事の一つ(結構ボリュームがあると前任者に言われた)が、殆ど手を着けることが出来ていません。時間がないからです。連日残業していますが、それ以外の仕事をやるのに手一杯(どころか、その中でさえ一部取りこぼしがあるくらい)だからです。

なのに、さらに新しい仕事が!今日はその仕事の説明会があり、職場に仕事はまだまだ残っているけれど仕方ないですから説明会に参加しました。

仕事は、8月初旬に発行して市民の皆さんにお配りするものがあって、そのための準備なんです。皆さんに事前に手紙を出して、返信してもらい、そして発行したものを送付、という仕事なんですけどね。手紙を出すと言っても、下準備がいろいろあり、返信してもらった後の処理がまたいろいろとあり、そしてさらに下準備をして配布物を発行して送付・・・。ちなみに、この仕事の基になる制度そのものは複雑怪奇で物凄く分りにくいです。

6月7月の2ヶ月間、この関係の各種事務の締切りが1週間ぐらいおきに目白押し。この仕事だけをしていたとしてもかなり大変そうです。そんな仕事が、今ですらやり切れていない仕事に上積みって・・・。

無理

じゃなかろうか。月に100時間とか残業すればこなせる、ということなのだろうか。上司に訴えてもまた「自分の仕事には責任を持ってください」とか言われるんだろうか。

仕事に慣れていない「新人」だから、残業もある程度仕方ない・・・くらいのことは思っていますし(ええ、ええ、他の係に配属された「新人」さんたちがさほど残業していないってのは、私より遥かに優秀だってことなんでしょうねえー)、最初に係長から「残業できますか」と聞かれたときに「出来る」と答えましたよ。

でも無制限に残業できますという意味じゃなかったんですけど・・・。

どうすりゃいいのかなぁ・・・・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-06-04 22:47 | 職場・仕事・働く
長時間労働は疲れる・・・。今日もまた私のいる班の職員だけが遅くまで残っていました。で、私と4月に一緒に異動してきたオジサン(←私を「中年仲間」にした人ね)が最後になって、一緒に帰りました。オジサン、愚痴爆発。

業務量が多すぎて、これをこなすのは物理的に無理なことなんだ。私たちの班の人たちばかり長時間残業で、隣の班や係はそんなに残業していないのだから、人員の配置の仕方がおかしいんだ。どうしてこういう状態を放ったらかしにしているのだろう。課長はこういうのを何とかしようとは思わないのかねえ・・・御本人はいつも早く帰っちゃってるけど。係長もこの状態をおかしいと思わないのだろうか。組合はこういうことになっているのを把握しているのか?

等など、私が思っていることとほぼ同じでした。私は異動してきたとき最初に係長に「残業できますか」と聞かれたけれど、オジサンは「休めませんよ」と言われたそうです。休暇は取得できず、残業しなければ終わらない業務量ってことか。職員数<業務量です、と管理職が公言してるわけだよね。

そのへんはちゃんと改善してもらわないと。改善と言えば、役所の中のバカ一部の人は、今更カイゼンとか使っちゃってはしゃいだりしているんだよな・・・。カイゼンとか言ってると、勤務評定良くなるのかなぁ。

とりあえず、係長の今年度の「目標」には、職場の人員数が足りないことに関する目標はありませんでした。そういうのは「目標」になんないんだろうな。働く側からしたら、そういうことこそ、課長や係長に一番にやってもらいたい仕事なのに・・・。健全で明るい職場を作ろう、みたいなお題目は流行ってるのにね。そのための「手段」はあんまり現実的じゃなかったりするんだよね。

私個人のことを言えば伝家の宝刀出してもいいんだけどさ。同じ班の他の人たちに迷惑かかるのが心苦しいからなぁ・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-30 00:09 | 職場・仕事・働く

不愉快な職場

今日ももちろん腹立ってるさ!ということで。

どうも私は係長の癇に障っている、ような気がする。私の行動が「係長の常識」とずれているから、のような気がする。

「係長の常識」というのは、私の見解では思いっきり「ローカルルール」で、外部の者がそのルールを知らなくたって当然だと思うのだが、係長はそれを「職場での常識」と信じている節がある。

例えば。私は今、「先輩」職員(年下)と一緒に窓口に出て、どういう申請がきたらどういうふうに受理するのかを勉強中である。窓口が混んでいるときには「先輩」職員が受付をして私は見ながら仕事を覚え、少し余裕があるときには私が受付をして「実践」というわけだ。

で、今日の午前中は私は窓口に出ることになっていた。窓口の開く少し前、私はパソコンをチェックしていたのだが、係長が急にイライラして怒ったような口調で「ほら!すぐに窓口に出て!教えてくれる人に失礼でしょ!」と言ってきた。一瞬、何を言っているのか分らなかったのだが、今日一緒に窓口に出る「先輩」職員が受け付けカウンターに座ってお客さんの応対をしていたのだ。「先輩」が窓口に出たんだから、一緒に窓口に出なきゃダメでしょ、ということだ。

私の席からカウンターは見えるのだが、私はパソコンを覗いていたので気が付かなかった。受付開始のチャイムはまだ鳴っていなかったし、気が付かなくても仕方のない状況だったと私は思う

「教えてくれる人に失礼でしょ」って・・・そうかなぁ?私にはあんまり合点がいかない。私はこの「先輩」職員にはいつもいろんな質問に丁寧に答えてもらっていてとても感謝している。失礼な態度をとろうなんて思うはずもない。今回は、この「先輩」職員の想定外の行動に私がたまたま気が付かなかった―――というそれだけのことだと思うのだが、係長には私がうすらボンヤリして気が回らないノロマ、くらいに見えてるってことかね。とにかく、

なんなの、係長のあの口調、あの言い草

ってカンジで、朝から不愉快な気分爆発だった。

こういう細かい嫌なことが一杯あるのだ。ものすごく不愉快だ。だいたい、係長の私に対する態度と他の女性職員に対する態度は違う―ような気がする。他の女性職員は20代半ばから30代前半。もしかしてオバサン差別なのだろうか、と疑いたくなる。素直な若い女性職員(文句も言わずに長時間残業♪)と仕事の締切りに間に合わなくても平然としているしょうもない使えないオバサン、だもんね。

そう、私は「締切り」を二つぶっちぎった。それが好ましいことではないのは分っている。分っているけど・・・その仕事の締切りを守るのは、無理なことだったんだよ、物理的に。

とにかく割り当てられた仕事が多いのだ。それに全てが初めてやることなんだから時間もかかる。なのに仕事をする時間は足りない。今の職場で使っているオンラインシステムは5時半で終了してしまう。つまりこのオンラインを使っての仕事は5時半以降は出来ない。しかし、私と、それから一緒に異動してきたオジサンは毎日半日は窓口で「勉強中」だ。オンラインを使っての作業を出来る時間は短いのだ。そしてオンラインシステムを使ってする仕事は一杯ある。半日のうちにその全てを終わらせるのは無理である。

それで、窓口に出ずに内部の仕事をしていたところ、「窓口に出ないから窓口対応がちっとも出来るようになっていないではないか!6月からは一人で窓口対応に出ることになるのだから、ちゃんと窓口に出て対応が出来るようにほしい!」と言われてしまったのだ。

窓口対応が出来るようにならないといけないことは重々承知だけれど、内部の仕事が間に合わないからやむを得ず窓口に出てなかったんじゃん・・・と私は(そして多分オジサンも)思ったのだが、とにかく半日は必ず窓口で費やすことになった。

で、残りの半日でオンラインシステムを使う仕事をして、オンラインシステムを使わなくても出来る仕事は残業でしているわけだが・・・私は仕事がやり切れなかった。

そうしたら、係長から「自分の仕事には責任を持ってください」といったお言葉を頂戴した。別に直接に「あなたが締切りをぶっちぎったから言うけど」とは言われなかったけど、まあ、そういう言葉を含んでいるんだろうなぁ、と思った。

しかし、とうてい時間内にやり切れない仕事を持たされ、残業残業で頑張ったけれどやり切れなかったんだよ。やり切れないほどの仕事を割り振っておいて、それがやりきれなかったから責任感がない、ってなんなのよ。仕事量のわりに職員数が少なすぎるからってのが原因じゃないの?責任感欠如が原因じゃないでしょ。

他の係や班に配属になった新人は殆ど残業もなくて、責任感がないなんて非難も受けていないだろうなぁ、羨ましいなぁ、と愚痴の一つも言いたくなるよ。

とにかくムカついてしょうがない。これからどうすればいいのかなぁ。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-24 23:50 | 職場・仕事・働く

今日もやっぱり遅くまで

仕事が文字通りになってます。ちっとも終わりません。今日も私の班の人たちばっかり遅くまで残業してました。さらに今日は係長にムカつくことを言われて非常に不愉快且つ落胆させられました。最初はよさそうな係長だと思ったのに・・・。でもムカついた内容を書いていると遅くなってしまうので明日以降に書きたいと思います。明日も仕事ですからね・・・。ウンザリ。

あー、ムカつくー!腹立つー!
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-24 00:19 | 職場・仕事・働く
先日、元の職場の歓送迎会があってありがたかった、って話を書いたばっかりですが・・・。

今日は新しい職場での歓送迎会があって、強引に欠席しました

超不調の波の中にいるから大勢の人と懇談する気になれない、というものあるのだけれど、時間が来たら仕事終了で帰ってしまう別の班の人たちとか、ましてや時間中にお客さんもいないのに受付窓口で何するってわけでもなく座っていて(←こういうことがあるから「役所はラク」とか言われるんだー!こんなの私の班ではありえない!裏に引っ込んで内部の事務をするか、窓口で出来る仕事を持っていて窓口で「内職」するかどっちかだ)毎日毎日定時でスーッと帰ってしまう隣の係の人とか、そういう状況を放置している管理職とかに

「よろしくお願いします」って言う気になれない。

どうしてもイヤだ。大人気ないとは思うけど、そんなの表面だけニコニコして「頑張ります♪」とかなんとか言っておけば波風も立たないし、そうするもんなのかもしれないけど、やっぱりイヤ。それが出来ない。この課に歓迎されたくないのよ。

だから欠席しました。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-18 23:09 | 職場・仕事・働く

歓送迎会

今日は旧職場の歓送迎会がありました。ので、仕事は大量に残っていますが、定時後10分で職場とはオサラバ。歓送迎会会場のお店へと急ぎました。

料理はイマイチでしたが、旧職場の同僚に久しぶりに会えて、いろいろと話も弾んで楽しかったです。

今回異動で新職場へ移った同僚や上司は、みんな恒常的残業職場に飛ばされていたことがわかりました。恒常的残業職場多すぎー。夜遅くまで残るために、お腹が減るからということでお菓子を持ち込む人が多いんだよ~なんて話も出ました。夕食(ディナー!)も食べずにお菓子齧って仕事・・・なんというクオリティの低い生活でしょう・・・!医療費削減のためには健康づくりを!なんてことを役所はプロパガンダしているわけですが、その役所がこれですからね。

とにかく、新職場の愚痴をガーッと述べまして、気晴らしが出来ました。

それから、旧同僚たちは私が外国旅行が大好きなのを知っているわけですが、「休暇が取れなさそうー」なんて話が出ましたら、「まあ、1年目は我慢だな・・・」と言うんです。1~2年経って、仕事に慣れて、年間の仕事の流れも分るようになったら休めるかもよ、ということなんですが。

えー!異動して1年目って、特に異動して間もない頃はとっても大変で大きなストレスがかかるんだよー!役所の産業医さんも、異動した人はヘトヘトになるまで全速力で頑張るのではなくて自分の健康に留意しつつ力をセーブしながら大変な時期を乗り越えましょう、周囲の人は異動した人の大変さを理解しましょう、みたいなメッセージを出していたじゃん!1年目だからこそ休暇が必要なんだよ!サルコジだってマルタで豪遊してるじゃん!

ま、サルコジはともかく。夏休み期間につつましく5日ほど連続して休暇を取りたい、というのが私の希望です。必ず実現させていただきます。

さて、歓送迎会では転出した人に花束が贈られました。私がもらったのは、ピンクのガーベラ、赤いバラ、渋いピンクのトルコ桔梗、花びらの中心は濃いピンク・フチは白のカーネーション、かすみ草~というピンク系で統一されたとても可愛い花束でした。花束もらったのなんて何年ぶりでしょう。前回いつもらったのか記憶にありません。そう言えば歓送迎会ではいつも転出者に花束あげてたっけ・・・すっかり忘れていましたので、今日花束をもらうとは予想していませんでした。すごく嬉しかったです。

時間があっと言う間に過ぎて、会はお開き、みんなとバイバイした後、一人で電車に乗って花束見ながら考えました。

歓送迎会というのは、まったくの仕事外のイベントです。たまたま一緒の職場に配属された職員同士が、オフの時間に勝手にお金を出し合って催しているだけです。だから、「オフでは職場の人とは一切係わり合いを持ちたくない」という人が多ければ成り立ちません。

私はどちらかと言うと「オフの時間に仕事関係の人と付き合う必要はない」という考え方をしていたのですが、今日はこの歓送迎会がとってもありがたかったです

プライベートでの勝手な集まりですが、働くものとしてのモラルの向上というか、「よし、また頑張って働くか」と思わせるリフレッシュ効果というか、仕事に対してそういうプラスの効果ってあるんだなー、歓送迎会なんてやらない職場と歓送迎会やる職場なら、後者のほうがいい職場なのかもー、なんて思いました。

自発的に自腹で、仕事のためにプラスになることをする労働者、なんて健気なんでしょう!
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-11 00:05 | 職場・仕事・働く

絶対にヘン

今日も疲労困憊。これから3年間、ズーッと疲労困憊な日々が続くのかと思うとウンザリ・ゲンナリです。そして今日も私の班の人たち以外はサーッと帰って帰っていきました、管理職含めて・・・。

なんで私のいる班ばかり残業しているのか、昨日も幾つか理由を推測して挙げてみましたが、今日は同僚の意見を聞きました。曰く、制度改正が頻繁でいろんな制度が乱立し、しかもその制度の中での「基準値」「基準額」等の変更も頻繁、さらに特例だの例外だのも多くて、事務量がとても増えているのに、人員は制度が少なくて単純だった昔と変わっていないから仕事をこなしきれなくなって当然である―――あ~そうか~と思いました。他の係や班は、こうした制度新設だの改正だのの影響が私の班よりは少なそうですし、それどころか外回りの嘱託員さん導入で仕事減ったんじゃないかと思われるところもあるくらいで、だから「必要な人員が確保できている」状態なのでしょう。ちなみに他の支所でも同じ傾向があるということなので、恒常的残業体制は働いている人たちの働き方や、ましてや能力などとは関係なく、「人員配置が不適正」説が当たっているように思われます。

だから、そういう人員配置を放ったらかしというのがヘンなんだ、間違っている!と思うのですが、どこにこの意見を持っていけばいいのかが分らない。そういう意見を通すルートというものがないんですね、私の勤務する役所の組織には・・・。異動してきたときに聞かされた支所長さまのお話では「新しく来た人が感じる違和感を大切にしましょう」みたいなこと言ってったと思うんだけどな~、口だけ、ってことですかね。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-09 23:39 | 職場・仕事・働く

50時間とゼロ時間

今朝、職場へ向かう道すがら、この4月の異動で一緒に同じ係(ただし係は一緒だけれど「班」が別)に配属された同僚に声をかけられました。

「昨日は残業していたけれど、いつも残っているの?私は昨日こっちへ来て初めて残ったわよ。」

そう、昨日はこの同僚の班の人たちも残って仕事をしていました。私のいる班の人たちよりは先に帰りましたが。

そうか、隣の係だけではなく、隣の班も残っていなかったか・・・。

今日も私たちの班の人たちだけが残業したのですが、超勤命令簿を記入するとき他の人の超勤時間も覗いてしまいました。私の勤務先では、超勤簿は「紙」の冊子ですので、他の人の分も簡単に見れてしまうんですよ。近い将来、電子化されるようなので、そうなると多分他の人のを覗くなんてことは出来なくなると思いますが。

確かに、私の班の人たち以外は、あんまり超勤ついていません。朝会った人とはまた別の班の一緒に異動してきた同僚二人なんて全然超勤していませんでした。

一方で、私の班の人たちは残業しています。一番多い人で4月分として約50時間の超勤がついていました。異動があって新人(私とか)が来てガクンと戦力ダウンした影響はあるでしょうが、でも繁忙期というわけでもないのに・・・。

絶対に人員配置が適正ではないのだと思うんですよ・・・例えば、私の班では電話の数が非常に多く内容も複雑ですが、他の班や係には私の係ほどには電話はかかってきていません。その分、仕事がはかどりますよね。(お金を支払ったり払い戻したりといったことを扱っているために電話で質問してくる人が多い、というのが私の班の電話が多いことの一因だと思います。「滞納していたものを払いたいんですけど」という内容の電話を自発的にかけてくる人がそんなに多いとは思えませんものね・・・。)

それから、窓口に出なくてはいけない回数が、私の班は他の係や班に比べて多いです。(班員の数に比べて窓口要員が多い。)窓口に出れば、内部の仕事は出来ません。内部の仕事が終わらないので残業でカバー、ということになります。

同じ係の係員で50時間と0時間、あんまり偏りすぎじゃない!?と管理職の人たちは思わないのでしょうか。改善しようと思わないのでしょうか。「ご苦労さん」「お疲れ様」「頑張ろうね」と言ってりゃ、それで充分なんでしょうか。

こういうの、なんとかしてください!って何処に訴えればいいんでしょう。今までそういうことを訴えた人はいないのかしら。50時間くらいたいしたことない、という感覚なのでしょうか。「夕食作って食べる時間がないじゃん!」と思う私はサルコジ派にでも一喝されてりゃいいのでしょうか。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-08 23:24 | 職場・仕事・働く
疲れた~~~

窓口は大変過ぎる。4時間15分休憩なし、続々と来るお客さん、上手いことやりくりしないとトイレにも行けない。私はこの職場に異動になって半日に一回もトイレに行かないときが多くなりました。膀胱炎に注意しないとな・・・。

中に引っ込んでいるときは電話!電話!そもそも執務室(と言うか、無理やり机やコピー機その他がゴチャゴチャと詰め込まれている「スペース」と言うか・・・)は、窓口があるから一日中ガヤガヤガヤガヤしていて非常にうるさく(何デシベルくらいなんだろう)せわしないし。おまけに今日は既にかなり蒸し暑かったし。もちろん空調はOFFです、エコですから。

結局、定時を過ぎても仕事の山。ようやく静かになったところで集中してお仕事・・・隣の××課なんて定時から30分くらい後にはだ~れも残ってないのに・・・同じ課でも隣の○○係もみ~んな帰っちゃってるのに・・・こっちはいつまで残っても仕事が終わらない・・・。

支所のトップの人は力強いリーダーシップをお持ちなら、職員配置の割り振りを改善してくれたっていいのに!どう考えたって○○係の職員を一人ばかり私のいる□□係の△△班に引っ張ってくるべきでしょ。どこの支所でも同じ課の中での○○係と□□係は「天国と地獄」と言われるほど仕事量が違う・・・というのが職員の間での常識。なんでそういうのほっとくのかね・・・。

こんなんで「ホワイトカラーなんとかかんとか」なんてことになったら、□□係の私達は「仕事を効率よくこなせないグズ」で、○○係の人達は「仕事をスマートにこなすデキル人たち」ってことになるのかなー。あーあ。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-05-07 22:51 | 職場・仕事・働く