60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:社会一般( 136 )

新政権についてはいろいろと「大丈夫かよ・・・」と不安になることも多々ある。ちなみに鳩山総理大臣の先の国連での「ご活躍」については、日経ビジネスONLINEに掲載の小田嶋隆氏のコラム『ハトが大風呂敷から舞い上がる』が秀逸・大爆笑で(氏のコラムはいつも面白いが、今回のものは特に素晴らしいと思う)腹の皮がよじれた・・・と同時に、やはり「鳩山政権・・・大丈夫かよ・・・」と思わずうな垂れてしまうのも事実だ。

でもそんな中、千葉景子法務大臣には注目も期待もしている。だって、千葉景子大臣、実物を見たことあるから~とか、実は先輩なんだもん~とかそういうミーハーな理由からではない。(いや、それもないわけじゃないが。)

夫婦別姓に続いて、今日は女性の再婚禁止期間短縮や非嫡出子の相続差別撤廃のニュースが出ていた。

千葉景子法相は1日、閣議後の記者会見で、女性の再婚禁止期間短縮や非嫡出子の相続差別撤廃などを内容とする民法改正を目指す考えを表明した。法相は選択的夫婦別姓の導入のための同法改正案を来年の通常国会に提出する意向を表明しており、同時改正も視野に検討を進める方針だ。

 法制審議会(法相の諮問機関)が1996年に答申した民法改正案では、離婚後の女性の再婚禁止期間を現行の6カ月から100日に短縮することや、非嫡出子の相続分を嫡出子と同等とすることを定めている。法相は「国際的な指摘や子供の権利を踏まえて必要なことだ」と述べ、同答申案に沿って改正実現を目指す意向を示した。

 夫婦別姓導入を含む一連の民法改正をめぐっては、これまで与党だった自民党内で家族の一体感を損なうなどとして反対論が強く、実現してこなかった経緯がある。これに対し、民主党は衆院選前に発表した2009年版政策集で、これらの法整備を進める方針を明記していた。 

時事通信社 - 10月01日 21:02


当然の見直しだ。今までがおかしかったのだ。差別の温床の温存。早いとこ掃除してしまってほしい。ついでに私の意見を述べれば女性の再婚禁止は期間短縮じゃなくてサッパリと撤廃して欲しい。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-10-02 00:05 | 社会一般
夫婦別姓導入がようやく現実味を帯びてきたようだ。

夫婦別姓導入へ…政府、来年にも民法改正案
9月27日3時1分配信 読売新聞

 政府は、夫婦が別々の姓を名乗ることを認める選択的夫婦別姓を導入する方針を固めた。

 早ければ来年の通常国会に、夫婦同姓を定めている民法の改正案を提出する方向で調整を進める。現行の夫婦同姓は1947年に民法に明記され、約60年ぶりの大幅改正となる。

 夫婦別姓の導入は、政権交代により、衆院選の政策集に「選択的夫婦別姓の早期実現」を明記した民主党を中心とした政権が誕生したことによるものだ。民主党は、1998年に民法改正案を共産、社民両党などと共同で国会に提出したが、自民党が「家族の一体感を損ない、家族崩壊につながる恐れがある」などと強く反対して廃案となった。その後も、毎年のように共同提出してきたが廃案となってきた。

 一方、法務省も、96年の法制審議会(法相の諮問機関)で選択的夫婦別姓の導入が答申されたことを受け、夫婦別姓を盛り込んだ民法改正案をまとめた経緯がある。強い反発を示してきた自民党が野党に転じ、与党と法務省の考えが一致し、政府提案による法改正が可能となった格好だ。

 民主党などの民法改正案は、〈1〉結婚時に夫婦が同姓か別姓かを選択できる〈2〉結婚できる年齢を男女とも18歳にそろえる――ことが柱で、おおむね法制審答申に沿った内容だ。

 しかし、別姓を選んだ夫婦の子の姓に関しては、法務省案が「複数の子の姓は統一する」としているのに対し、民主党などの案は子の出生ごとに決めるとしており、今後調整する。千葉法相は17日の就任会見で、夫婦別姓導入に前向きな考えを示した。


長かったですね・・・。私が夫婦別姓に本格的に興味を持ったのは大学生の頃。まあ、自分が結婚できるような年齢になった頃からで、その頃既に夫婦別姓制度を求める声はかなり高かったように記憶しているのですが、それからもう20年以上ですもんね。

(※余談・私が中学2年のとき(1981年)、社会の授業中に先生(女性)が、「結婚したら女性が名字を変えるいう決まりになっていると思っている人?」と質問して挙手させたら大半の生徒が挙手して私はショックを受け且つ呆れたことがある。「んなわけないじゃん!あんた、日本は憲法で男女平等を謳ってんだよー!!」。ええ、先生は皆の間違った認識を冷静に正しました。でも実は当時って、日本女性の子どもはそれだけでは日本国籍を取得できなかったんですよね・・・(私は高校生になるまで知らなかった)。だからこの授業のときに平然と挙手した生徒たちを必ずしもバカにすべきじゃなかったのかも。つまりは、まだまだそういう世の中だったのだ。)

ちなみにその長い年月の間、夫婦別姓を入り口に婚姻制度について、そして日本の婚姻制度と切り離せない戸籍制度についても更にいろいろ考えるようになった私は、脱結婚制度というか、法律婚そのものに疑問を感じるようになって、夫婦別姓制度実現のための運動とかには直接の興味はなくなってしまったのですが・・・でも勿論今でも夫婦別姓制度導入には賛成ですよ。

ミクシィのニュースコメント日記等を見るまでもなく、ウヨな方々は相変わらず大反対みたいですが、その反対理由を読むだけで疲れすぎてしまうので、読む気も萎える。やれ家族の一体感が損なわれるとか、子どもの姓はどうなるんだとか、家族が「父親グループ」対「母親グループ」になってしまうとか、夫婦で一緒の姓を名乗りたいと願う人もいるとか、通称使用出来る場合も多いんだからそれでいいじゃないかとか・・・。あぁ、ウンザリ。

とりあえず、夫婦別姓は「選択」制になるようですから、「彼と一緒の名字になりたいのぉ~」「俺の女が俺の名字にならないなんて許せない!」という人はどうぞ夫婦同姓を選択してください。(だいたい、同姓を選べるということすら分かっていなくて「いやー、そんなの(←夫婦別姓制度)絶対反対ー、彼氏と一緒の名字になりたい~、そういう風に思わない人って信じらんない」とか書いている人、お馬鹿過ぎでは?)

しかし、それ以外の反対理由については・・・あんた自分以外のカップルや家庭に対して一体なんでそんなエラソーにあれこれ言える訳!?と呆れるわ。何様のつもりなのだろう・・・。

だいたい名字が一緒でも一体感のないカップルや家族なんてごまんとあるだろうし。「名字一緒」にどこまで幻想を求めてるねん?

子どもの姓だって、バラバラだろうが一緒だろうが、そこで区別や、まして差別するほうがオカシイ。これまでだって離婚・再婚やその他の理由で親子兄弟姉妹で名字が違うことはあったわけだし。ましてや子どもが成人すれば、名字がバラバラになるほうが多いんだし。

通称使用は結構面倒で大変なことらしいです。(2つの名前を使わなくてはいけないんですものね。)しかもパスポートなんかは通称で取れないどころか通称併記すらなかなか認められないんだとか。それに通称使用してるのって大抵女でしょ?こういうところに私は男女の力関係を見てしまうのですが。(男の親があーだこーだ言うから、やっぱり表向きは女が男の名字になっておくべき・・・という強いプレッシャーが働く、とか。)

とりあえず、結婚制度に対して「???」な態度の私にとっての直接的なメリットは、昔の私の名字を知る人が、今も私の名字が変っていないことによって「名字が変わっていない=結婚していない」という、別に明かさなくてもいい私のプライバシーを強制的に明かされることがなくなるだろう、ってことですね。男なら全然こんなこと気にせず生きているでしょうが、女の場合は「結婚=名字変わる」だから、婚姻状況についてのプライバシーのない状況で生きているようなものなのですよ。これ、あんまり愉快なことじゃないのよ。そのくらい想像働かせてよ、想像力の足りない皆さん。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-27 17:39 | 社会一般
早く寝ないといけないのだが、思わず今夜2度目の更新。というのも、エントリを投稿し終えたときに出てくる画面にニュース一覧が出るのだが、さっきのエントリを投稿したらこんなのを見つけてしまったから!

2009年9月3日 19時27分 共同通信
所得控除廃止は11年度 民主、参院選後に先送り 民主党が所得税の配偶者控除と扶養控除の廃止を10年度には行わず、11年度に先送りする検討に入ったことが3日、分かった。来年夏の参院選前に事実上の増税実施を避ける狙いがあるとみられるが、子ども手当など新規政策に充てる財源の確保は難しくなりそうだ。民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で、控除廃止で得られる財源を子ども手当創設に回す方針を示していた。

どういうことですかっ!?子ども手当の財源はどこから持ってくるのですかっ!?とりあえずこれ以上の給与削減は勘弁してくれ!ペーペーには天下り先だってないのよっ。(少なくとも私のとこでは。)
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-04 00:25 | 社会一般
なぜか今回の選挙結果報道で「地滑り的」勝利という表現を聞かない。マスコミでは使用禁止用語になったのだろうか。地滑りの被害に遭った人にとって不愉快に響くから??英国のニュースの見出しに「landslide」という言葉があったのでフと気が付いた。

それはともかく。民主党圧勝。

いつものように趣味悪くもミクシィの日記一覧を眺めてみると「日本も終わりだぁあああ」「日本から亡命しないとー!」とか嘆きまくっているものがかなり多い。ウヨな皆さんにとっては民主党ですら耐えられないらしい。どこまで右傾化すれば満足なのか。多分戦前レベル?怖~。

小選挙区というのは2大政党制に集約されていって、その選挙結果は極端なもの(どっちかが大勝でどっちかが大敗)になりやすい―――というのはとっくに指摘されていることで、そのうえで小選挙区制にして、2大政党の国にしよう、ということいなった(・・・いつの間に・・・という点はとりあえず置いておいて)のだから、この結果そのものは驚くには値しないだろう。

今後はしょっちゅうこうした「こっち大勝!こっち大敗!」が起こるんだろうね。いいことだか悪いことだか分からないけど。英国のニュースには「今回、日本人はギャンブルをしてみた」なんて言ってるのもあったけれど、これからはいっつもギャンブルをすることになるのかもしれない。

とりあえず、2大政党制なら「保守」と「リベラル」とがあってほしいけれど、現在のところ自民党は「保守」にしても(でも自民が今回負けたのは「保守」っぽさが薄かったからだと主張しているのをどこかで読んだな)、民主党がリベラル・・・?ウヨから見たら保守っぽく見えないんだろうけれど、リベラルとは言えないと思うんだけれどなぁ・・・(だって小沢一郎が仕切ってんだよー)。

それにそもそも、2大政党が「保守」と「リベラル」だとしても、やっぱり2つでは絶対に足りないと思う。米国のことはよく知らないのだけれど、英国について言えば2大政党では足りない!と思っている人の数はかなりいて、実際に2大政党以外の政党があって議席も少しは持っているけれど、それが「少し」に留まっているのは選挙制度の壁が高いという面もあるのではないかなぁ。

だから、今度衆議院の議員定数削減をしようというときに比例代表の議席を減らそう、というのには反対だ。小党乱立がいいとは言わないけれど、ある程度小党も存在できる制度にしておくことは大切だと思うよ。世の中にはいろんな考え方、いろんな声があるんだ、ということを忘れるべきじゃない。

それはともかく。民主党政権になって何が変わるのか?

「子供手当て」にイライラするってことは前にも少し理由を書いたけれど、あの後さらに考えてみて、それはやっぱり「だって私は金がかかり過ぎるし!子供を預ける保育所もないし!等、環境が整っていないという理由で子供諦めたって面があるんだぞ―――今更遅いっ!間に合わなかったぞ!」という私憤もあるなーと思った。

高速道路無料化はどうなんだ?皆さん地球に優しいエコのためにマイカーじゃなくて公共交通機関を使いましょう~じゃなかったのか?(その公共交通機関は東京の一部などを除いてどんどん減っているが。)私は車を持っていないしね。

配偶者特別控除廃止には賛成。

そして後期高齢者医療制度。止めるのか!?本当に!?

・・・翻弄される末端現場。霞ヶ関のお偉いさんから発せられた「命令」が下へ下へと流れて最後に流れ着く先が末端現場なわけだが、「保険料が高い!」とか怒鳴られたりするのも末端現場だったりしてね・・・霞ヶ関に「国民苦情受付センター窓口」を設けてほしいよ、もちろん窓口にはキャリアの皆さんに座ってもらってさ。とにかくようやく混乱も治まって来た?と思ったら、また混乱するのかー!?末端現場に「後期高齢者医療、これからどうなるんですか!?」と電話をもらっても答えようがないのですが、質問、来るだろうなぁ。ああ、ホントにどうなるんだろう。私が知りたいです。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-08-31 23:00 | 社会一般

明日は選挙

私が働いている建物ではHIV検査も出来るけど、期日前投票も出来た。

HIV検査ははっきり言ってガラガラだが、期日前投票は連日かなりの盛況ぶりだった。全国的にもそうだったようで、期日前投票の数が前回より大分増えたというニュースをさっき読んだ。

明日の投票率も上がるだろう。よいことだと思う。このところ20代の投票率の低さが問題視されているが、20代の投票率も上がるかな?

ただ、投票率が上がると開票事務は大変になる。開票すべき投票用紙の数が増えるのだから当然だ。そしてそれはもともとの有権者数が多いところほど投票率の上昇が投票される用紙の絶対数の多さにつながるわけだから、私の働いているような人口過密な場所ほど差が大きくなる。(つまり投票数が激増する。)

ホントに投票用紙の海ってカンジになりますから・・・。私たちの一票は大海の一滴。だから一滴があろうとなかろうと同じ・・・と考えてしまうのも分かるけれど、一方で大海は全て一滴一滴から成っているのも事実。一人で100票200票持っている人は誰もいないのだ、幸いなことに。

自分の一票で世の中変わることなし・・・と考えるのは、自分の一票で世の中変えたいという「独裁者志向」の表れとも言えるように思う。キム・ジョンイルとかじゃあないんだからさ・・・。

まあ、とにかく明日の選挙については「ネコも杓子も民主党」はどうかと思っているのだが。やっぱり「ネコも杓子も」になるのだろうか。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-08-30 00:02 | 社会一般
ヤフーで「あなたが選ぶマニフェストは何党のマニフェストなのか!?」という「マニフェストマッチ」というページがあったのでやってみました。

選ぶのは「子育て・教育」「年金制度」「地方分権」「政治・行政改革」「安全保障」「農業」「財源・消費税」の7項目なのですが。

私の結果は・・・見事にバラッバラ!

7項目中、民主党1項目、公明党1項目、共産党1項目、社民党1項目、国民新党1項目、該当なし2項目』という結果に!おーい、どの党に投票すりゃいいのよ(笑)!!おお、でも自民党だけは1つもないぞ。自民党だけはあり得ないということか。

ちなみに
「子育て・教育」=該当なし
「年金制度」=国民新党(まさか静ちゃんの党のマニフェストを選ぶとは(笑)!)
「地方分権」=民主党
「政治・行政改革」=該当なし
「安全保障」=社民党(これは自分でも納得。)
「農業」=公明党
「財源・消費税」=共産党
という結果でした。

あなたもやってみよう!?
[PR]
by kiriharakiri | 2009-08-25 20:39 | 社会一般
今日で「ヨーロッパ・ピクニック計画」からちょうど20年なのだそうです。

ええっ、もう20年!?ついこの前みたいなのにー。
そうか・・・ベルリンの壁崩壊から20年なのか・・・。

あのとき私は若者だった。

そして20年経った。

20年経ったら若者は・・・もう若者じゃないよね。

自覚が足りないっ。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-08-19 22:41 | 社会一般

衆院選公示

夏の選挙事務は大変です。暑いから。

それにしても、自民も民主も・・・どっちもイヤなの・・・。

せっかくなので各党がそれなりにワーワー言っている「子育て支援」について一言。

子供がいないうえに既に子供を産める時期を過ぎた自分は、ついつい「子供手当て」(子供がいない人には負担増になるという)とか、出産育児一時金増額等の、子育て支援関連に拒否反応が出る。わー、自分勝手。子供を「未来の(自分が老人になったときの)年金の担い手」とかいう目で見ればいいのかしら。それもまたイヤな感じだけどな・・・。まあつまりは「躾をちゃんとしない若い親(子供にヘンな名前付けたり)と、躾されていない野放しな子供の『若いファミリー』に囲まれていてイライラすることが多いから」(残念ながら自分の周囲にはそういうのが多い)というのが直接の原因だったりするんだけど。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-08-18 23:41 | 社会一般
今朝5時7分、静岡県の駿河湾を震源とする地震発生、静岡県の伊豆市、焼津市、牧之原市、御前崎市は震度6弱を観測、中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)では4、5号機が停止。今日の夜までに判明した負傷者数は110人、静岡県の住宅計3340棟が一部損壊、東名高速は通行止め、東海道新幹線は運休、また静岡県内では停電や断水に見舞われた地域も・・・。

とりあえず東海地震とは異なるメカニズムなので直接東海大地震につながるものではないということでホッとしましたが。被災された方にはお見舞い申し上げます。原発も事故にならんでよかった・・・。

で、ウチだよ、ウチ。ウチも結構揺れたようだ。震度4らしい、ニュースによると。

そう、全然気が付かなかったのだ。

だって朝5時だよ~グッスリ寝てるよ~、震度4くらいじゃ・・・―――って、普通は目が覚めるのか?でもウチは低層階にあるから揺れが少なかったのかもしれないしさぁ。

朝起きて、「台風、台風、台風どうなった!?」とそればかり気にしてテレビを付けたらこの地震のニュースをやっていてビックリ。台風と地震のダブルパンチ。やっぱり自然はおっかないです。大地震起こったら嫌だなぁー。日本にいる限り地震は避けて通れないにしても・・・大地震起こらないでー・・・・。

えー、ところで実は明日は夏休みを取っておりまして、駿河湾で潜ってきます。被災された方には「不謹慎!」と怒られそうな気もしますが、アホが地元にお金を落としに来たよと思って許してください~。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-08-11 22:23 | 社会一般
『エイズ患者診ます』の西村ドクターに10数年ぶりにお会いできるかも!という、結構不純な動機で行ってみることにした「AIDS文化フォーラム」。日程は8月7(金)~9(日)の3日間だったのですが、結局都合がつけられずに今日しか行けませんでした。(当初は全日参加して、ボランティアもやっていいと思っていたくらいなのに。)

しかし!ドクターは見当たらなかった・・・最後の全体式・閉会式で司会の方が「皆さんがどちらからいらしたか知りたい」ということで「北海道から来た方~」「九州から来た方~」と参加者に挙手してもらっていたのですが、そこでは九州からの方(ドクターは九州の方です)はいなかったし・・・残念!

でも、フォーラムそのものは非常に興味深く、そして面白く、もちろんとても勉強になるものでした。来年は8月6~8日だそうです。来年も行こう!と思いました。来年はちゃんと都合つけるぞー。出来れば金曜も仕事休んで行きたい。

私が顔を出してみたのは「『世界がもし100人の村だったら』HIV・AIDSバージョン」というワークショップと、「成人の主張―様々な立場からHIV/AIDSを考える―」というトーク&ディスカッション、それから最後の「全体会・閉会式~朗読劇付き」です。

「『世界がもし100人の村だったら』HIV・AIDSバージョン」やってみて、日本は「金持ち国」なのにHIV感染が広まっている例外的な国であること(←一応既に知ってました)ってどういうことよ!?と考えたり、外国に目を移すとHIV・AIDSの広がりは、どうしても貧困や女性の社会的地位の低さ(お金がなく他に稼ぐ手段もなくHIV感染につながるような売春をせざるを得ないとか、HIVやAIDSに有効な薬が高価で手に入らずに死んでいくとか)などの問題を考えさせられます。また、HIV・AIDSに対する偏見は、以前に比べて随分と減ったとは思われるけれど、やっぱり偏見はあって、それは特に男性同性愛者に対する根強い偏見と強くリンクしているのではないか、という意見も出されました。私も同意します。

「成人の主張―様々な立場からHIV/AIDSを考える―」では、高校の養護教諭の方、看護師さんで現在は看護学校で先生をやっている方、エイズ患者さんを治療している歯科医師の方、HIVに感染している方のトークで、えらく面白かったです。いろんな人がいろんな所で地道に活躍・活動しているんだな~。それにしても、東京都内の歯科が2000数百あるなかで、HIV・AIDS患者さんを診ているのはたった80ヶ所というのには驚きました。それでも、ここで話をしてくれた歯医者さんがHIV・AIDS患者さんを診始めたころは17ヶ所だったそうですので・・・一応は進歩している!?

今回は参加出来ませんでしたが、個人的には「HIV・AIDS患者さんを診ているお医者さんの話」「外国での現状を伝える話や映画」「宗教関係者の方の話」あたり、是非聞きたかったです。(来年だなー。)

こうしたプログラムを主催している方はもちろん、参加者も医療関係従事者の方や看護学校の生徒さんとか、性教育に関わっている学校の先生などが多そうで、私みたいなド素人は少なめだったのかな?でもそういうド素人もどんどん参加する意義もあるし、充分に理解できる内容のプログラムだと思いました。

もちろん、展示スペースではパンフレットやグッズもいろいろゲットしてきましたよ~。その一部をご紹介。

オーソドックスなエイズの知識に関する啓発パンフレット。(発行/(財)エイズ予防財団)
e0020882_2395018.jpg


こちらも監修:(財)エイズ予防財団の基礎知識パンフレット
e0020882_23113088.jpg


定番・コンドーム(真ん中が相模ゴム工業(株)、あとの二つはオカモト(株))
e0020882_23132999.jpg

e0020882_23413155.jpg

e0020882_23414930.jpg


また、コンドームメーカーのジェクス(株)からはこんなミニ冊子が。(ティーンエイジャー、特に女の子向けかな。ジェクスは「ティーンのための」という謳い文句のコンドームを発売してますからね。もちろん冊子の最後にはこの商品の広告有り。)
e0020882_2317955.jpg


こちらも若者ターゲットと思われる小冊子。編集・発行は日本コンドーム工業会 CAPチームとなっています。イラストはみうらじゅん。しかし意識の低~い大人にも読んで実行してもらいたい。(意識の低い大人、多過ぎ!)
e0020882_23193514.jpg

e0020882_23201927.jpg


キースヘリングのイラストを使った、エイズ予防のための戦略研究・MSM首都圏グループ発行のリーフレット。
e0020882_23225245.jpg

e0020882_23232162.jpg


こんなのもありました。何でしょう。
e0020882_23245878.jpg

e0020882_23252670.jpg


携帯用コンドームケースです。色からして女の子向け?(そういえば、ワークショップの中で「オトコがどんなふうに保管・管理していたか分からないコンドームより自分がちゃんと管理していたものを使うほうがいいよねー」という意見がありました。同意。)

AIDSは一時期盛んにマスコミでも取り上げられ騒がれましたが、今ではすっかり「過去」の話題みたいになってしまっています。でも前述のように日本のHIV感染者は年々増加しています、「金持ち国」なのに。私は最大の原因は「やっぱ意識が低いんじゃ・・・」だと思うのですが、今回のフォーラムのテーマも「他人ごと?!」。きっと他人ごとだと思ってるんでしょうねぇ、大人も若者も。

ティーンエイジャーや若者が無知なまま活発に性行動に突っ走っているという感はどうしても否めません。やっぱり啓発活動は大切だと思います。「過激な性教育が云々」とかトンマなことを言っている場合ではないと思います。若者がどんどんHIVに感染してもいいと言うのでしょうか。それとも今更「純潔教育」でもおっぱじめようというのでしょうか。←こういう人は、本気でHIV感染を食い止める気がないとみなされても仕方ないと思います。

で、最後にこれ、ガムなんです。
e0020882_2329416.jpg


保健所等では無料&匿名で検査出来ます。検査しましょう~、大人も若者も。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-08-09 23:43 | 社会一般