60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

お休み

今日はブログお休みします~また明日~
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-25 23:30 | 身辺雑記

パソコンの進化

母が新しいパソコンを買いたいと言うので、パソコン売っている店へ行ってみました。私が今使っているパソコンを買ったのは去年の2月頃で、その後パソコン売り場を覗いたことはなかったのですが・・・

当然とは言え全然品物が違ってて目が白黒。パソコンってどこまで進歩するのでしょう。

今はテレビ見られるのが当然なんですね。地上デジタル放送が見られるのまであるし。あと、やたらディスプレイが大きいのも目立ってたし。

初めてパソコンというものを見たとき(何年前だろう)、ディスプレイがテレビみたいだと思いました。パソコンを買うと、家にはテレビとパソコンのディスプレイという見た目には同じような物体が二つあることになって、これ一体化するといいのになーなんて思ってました。

それが現実になっています。うーん、すごいなぁ。

母はパソコンにテレビ機能なんか要らないと言うかと思ったら、「テレビ見られるほうがいい」だって。せっかくだから地上デジタルも見られるものがいいかな。もう一度じっくり価格をチェックする必要がありそうです。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-24 22:36 | 身辺雑記

柿の種は我慢した

職場の私の机から約1メートルのところに柿の種がある。が、今日は食べなかった!えらい!でも体重は減っていなかった・・・。

ちょっと思考停止中(←オヤツを我慢したせいか?)。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-23 22:43 | 身辺雑記

柿の種と金魚

昨日「間食を止めるぞ!」と誓った。ちょうど職場にあったせんべいもなくなって、よしよし、オヤツは食べないぞ!と思ったのに。誰かが柿の種持ってきた!ちょっとだけ、ちょっとだけと思いつつ、結局結構食べた。だって美味しいのだもの、柿の種とピーナッツ・・・ダメだダメだ、こんなことじゃ!全然体重が減らない。

***

別々の店に注文していた帯と着物がどちらも今晩届いた。夏の着物と帯。だのに、涼しげな柄の帯を見つけて「やっぱりこっちが欲しい」・・・ダメだダメだ、こんなことじゃ!全然節約出来ていない。

e0020882_22592774.jpg


追記:一晩頭冷やしてなんとか購買は取りやめました。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-22 23:01 | 身辺雑記

太った理由!

年初に「1ヶ月に1キロ痩せて1年で12キロ減!」という目標を立てた。今日はもう夏至。もうすぐこの1年も半分を過ぎようとしているが・・・体重は減るどころか増えた

原因は多分「間食」と「運動不足」。新年度になってから、事務改善の一環として行なわれた新システム導入のおかげで私の事務量は飛躍的に増えた。サポートセンターさながらに「教えて~」の電話がじゃんじゃんかかってきて自分の仕事がはかどらない!目もかすんだ。しかも、腹立たしいことに、このサポートは単なるボランティアだってこと。私の事務分担表には「他事務所のパソコン操作のサポート」なんて載っていないからね。勤務評定にも関係ない。

ああ、これがどこか他の国だったなら「そんな仕事は私の仕事ではない。契約書に載っていないでしょ。」ということが起きているに違いないが、ここは日本、それも役所。どうするのがいいんだろう・・・。

そうそう、それからもう一つしょうもないこと。仕事上の「目標」というものを立てないといけないのだが(上司が勤務評定の際に使う)、この目標の一つを「経費削減」にして、そのための具体的取り組みも考えるようにと言われている。

経費節減が悪いことだとは思わないが、私がやっているのは車の燃料費の支払い。ガソリンに軽油が高沸しているのを知らないのか!?どうやって節減しろと言うのだろう。ガソリンの安売り店でも見つけろと言うのか。

燃料費を削減したければ、車の台数を減らしたり、一台あたりの走行距離を減らして、全体の車の走行距離を減らす以外にないと思うのだが、そんなことは私が決めたり命令したりできるものではない。私はエラくないから。そういうのはエラい人の仕事でしょ。ま、エラい人たちは車の台数を増やす方向で考えてるらしいんだけど。

本当にストレスが溜まる!

と言うわけで、間食をスッパリ止めることが出来ません。おせんべいやチョコレート齧ったりするとストレス発散になるんですよねー。いけないなぁ。運動も天気が悪いのを言い訳にして全然ウォーキングしていないし。

今年後半の目標を「6キロ減」としてこれから頑張るかな・・・。

(追記)
私の「サポートセンター」は、給与をもらって働いている時間中にしていることだから「ボランティア」はちょっと不正確かな、と思って追記します。でも勤務評定に加えて考えてもらえないのなら「半ボランティア」か?
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-21 22:41 | 職場・仕事・働く

生きとし生けるもの

今朝職場へ行ってパソコンを立ち上げて画面を見てみたら・・・目がかすんでいる!何回かゆっくりと瞬きしてみたけど治らない!画面上の文字がボヤーッとかすんで見える・・・。ヒャー、どうしよう、今日はこのまま仕事は休んで家に帰りたい―――と思いましたが、もちろんそういうわけにもいかず、仕事したんですけれどね。

昼休み、なるべく遠くでも見るか、と外へ出てみたけれど、私の勤務先は倉庫や工場の立ち並ぶ殺伐とした一角。遠くなんか見れないんです。

仕方ないので「近く」を見てみました。玄関の外にサボテンの鉢植えが何鉢か置いてあります。恐らく、職員の誰かがいらなくなったサボテンの鉢植えの処分に困って職場へ持ってきて置き去りにしたものだと思われます・・・。

で、このサボテンに直径10センチ程もある大きな花が幾つも咲いていました。こんな大きな花なのに今まで全然気付いていませんでした。サボテン本体はごつくてトゲトゲで可愛らしいとは言い難いけれど、お花はなかなかきれい。(写真撮ればよかった!と今頃になって思ってます。明日撮ってアップしようかな。)

花をよーく見ると、蟻が何匹か花によじ登っています。蟻の他にも名前は分からないけれど小さな虫がいました。とっても小さな虫だけど、ずっと命が繋がって今こうしてここにいるわけだよなぁ。人間が「作ろう!」と思っても、この小さな虫一匹を人間が「作る」ことは出来ないんだよなーなんて思ったりして。先週もらったテーラワーダ仏教の機関誌のせいかも。

と言うのも、この機関誌には何箇所も「生きとし生けるものが幸せになりますように」と書いてあるんです。うん、この虫達も生きるもの、幸せになりますように・・・と思ったのです(←影響されやすい。)

しかし、蟻一匹ならそう思えるけれど、例えばこれが自宅の台所でうっかりこぼした砂糖を嗅ぎつけた蟻達が何百匹何千匹もズラーッと隊列組んで砂糖を運びにきていたら同じようにそう思えるか?例えば、蝿やゴキブリの繁栄を私は願えるか?

多分無理です。言うは易く行なうは難し。修行が足りないということか。修行したことないからなぁ。


★サボテンの花の写真撮ってみました!綺麗でしょ?★

e0020882_12255638.jpg

[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-20 22:03 | 身辺雑記

永年勤続

私の勤務先には「永年勤続表彰制度」というものがあります。読んで字のごとく長いこと勤めたことを表彰してくれるという制度です。「昔は長く勤める=立派なことだったのねー」と昔の慣習を思い出させてくれる制度が一応なんとか残っているわけです。

で、私もようやく永年勤続表彰を受けました!パチパチパチ!

「10年勤続」です。私と同い年で高校出てすぐに働き出した人だったら今年はもう「20年勤続」のはずですが、私の場合やっと10年。転職したり病気で長期にわたって休んだりしたので、ようやく10年です。

地味に頑張って、こうやって「永年勤続」を称えてもらい、「あ~、やっぱりこれからもコツコツ頑張ろう~!」なんて思う=従業員の士気を高める―――そういうのも悪くないと思うんですよ。今は「永年!?何それー!目立つ結果を出すのが全てだ!!」てな方向に流れてますが・・・それで本当によりよいパフォーマンスを引き出せるのかといったら・・・分かってないんですよね、これがどの程度よい方法なのか。分かってないけど、突っ走ってるわけだ、市民の皆様が選んだ市長が「そういう方向だ!」と主張してるから。米搗きバッタ時流に敏感な幹部職員の皆様方はそれに追随し自分の勤務評定をアップさせ給与をアップさせようってわけね。ふん、幹部にはなっておくもんだね。

10年表彰の次は20年表彰なのですが、あと10年後にこの制度が残っているかはかなり怪しいです。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-19 22:37 | 職場・仕事・働く

結婚したくありません

先日、人のブログ読んでたら、友人の結婚が決まってとっても嬉しい!という内容のものがあったんです。私は思った。もし私の友人が結婚することになっても、私はとてもこんな風に手放しで喜んだりしないだろうと・・・。

さらに別の人のブログ。先月、今月と続けて娘さんが結婚したという内容。私よりかなり若い娘さん達のはず。ふーん、「結婚」するのね、今後はコレ!と決めた人と一生夫婦やるわけね・・・。

―――と、えらく冷淡な気持ちの私。ええとですね、私はやっぱり結婚制度には反対なんです。そんなもん、私人間の契約でいいじゃん。何で国が「援助」するのよ。どうしてみんなそうやって結婚制度にスンナリ無批判に吸収されていくわけ~!?と思うのです。(スンナリじゃないのかもしれないけど、他人には「スンナリ」に見えるのよ。)

なんで今更こんなこと書いたかと言いますと。先週お会いしたRさん(←テーラワーダ仏教の本をくれた方です)に、「結婚願望があるとは思わなかった!」「以前はカップルそのものを攻撃していなかった?」と言われたからです。

違うんです!私に結婚願望はありません。そして今でも結婚制度を快く思っておりません。カップル礼賛の風潮にもウンザリ。ただ単に「ボーイフレンド(←私は「彼氏」という言葉は嫌いです)欲しいなぁー」と思っているだけです。別にボーイフレンドを次々とっかえひっかえしたいわけではないです。どちらかと言えば安定した関係が希望。でも結婚じゃないんですよー。

とりあえず、結婚している人というのは安定したいと願っているお相手がいるわけじゃないですか。その点とても羨ましいんです。どうしてみんなそう上手にお相手引っ掛けてくるわけよ―って。私なんて全然上手いこといかないのに・・・。

でもでも結婚じゃないんです。誰かの妻ってのは嫌だなぁ、と。そういうことです。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-19 12:46 | シングルですけど
頭カラッポの状態が続いています。
どうした?難しいこと考えようとしたからか?
難しいことっていうのは「上座仏教(テーラワーダ仏教)」のことです。

ミャンマーで修行している方から本を頂いたのです。是非に私に、ということで。それが『ブッダの瞑想法~ヴィパッサナー瞑想の理論と実戦~』(春秋社)という本。これと一緒に薄いブックレットと日本テーラワーダ仏教協会の機関誌もちゃっかり貰ってきてしまいました。

で、とりあえず薄いブックレット及び機関誌から読んでみたのですが・・・ブッダの教えって・・・私には無理かも・・・と、えらく戸惑っているところです。私は宗教に関しては「知識」として知ろうとしてはきましたが、「実践するもの」として考えたことはありませんでしたし。

とにかく、『瞑想法』を全部読んでみて、感想はそれからですね・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-18 20:11 | 身辺雑記

嬉しい金曜夜

金曜夜なので嬉しいです。
でも部屋の中は滅茶苦茶。
今週末こそなんとかしよう!
[PR]
by kiriharakiri | 2006-06-16 22:44 | 身辺雑記