60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー

<   2006年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ひがんでます

友人からメールが来て、なんか「学校の後輩からコクられて―――」とか書いてあるので、内部告発されたかと思って、一体何を告げ口されたのか!?何をやったんだ!?と心配してメールの続きを読んだら、なんか年下の子と付き合うことになったとかなんとか書いてあり・・・

そうか、「コクる」って「誰かに好意を告白する」の意味で若者が使ってるんだっけ(だから私は使っていない)、「コクる」=「告る」を見て私がすぐさま想像したのは
「内部告発」の「告」なんだけどね

ということで・・・。

かなり年下らしいが何歳年下なのだろう、羨ましい。どうしてそういう若い人と知り合いになれるわけ?と思ったが、今回の場合は友人が就職の世話してあげたのが縁らしく、そんな風に人の助けになるような活動は全然せず休日には誰とも話さないような生活を喜んで続けている自分とはやっぱり「普段の心がけ」が違うわ、ということで・・・。

私が最後に人から「特別な好意を告白された」のは・・・思い出せないくらい昔・・・16~17年前くらいだろうか・・・当時は「コクる」なんて言っていなかったから私は「コクられた」ことなどないということだ。16~17年前・・・20代の前半・・・結局私は若いだけが取り柄の奴だったということか。

人の幸せに「よかったね」と思うより先にまずはひがむ自分。どうしようもない。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-31 20:31 | 身辺雑記

ファインディング・ニモ

「ファインディング・ニモ」を見ました。とてもカラフルだった!きれい!海の質感が凄い!お話は人面魚もとい可愛いカクレクマノミの冒険物語で、その冒険も面白かった。

なんだか疲れているので今日はこの辺で・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-30 20:42 | 感想文

目が悪いから

私は目が悪い。いつもコンタクトレンズをしている。そこで迷ったのが「海へ入るのにコンタクトレンズをどうする?」ということである。

以前、プールでアクアビクスというのをやったことがある。アクアビクスではインストラクターがプールサイトに立って次々と動作のお手本を見せる。私はプールに入るときはコンタクトレンズは外すので裸眼だったのだが・・・インストラクターがよく見えない。周囲の人も全然見えない。非常にフラストレーションがたまった。

アクアビクスでは泳がない=顔を水につけないので、次のときにはコンタクトレンズを付けたままでアクアビクスに参加してみた。インストラクターも周囲の状況もよく見えて快適。ただ、いくら顔を水につけないと言っても、やっぱり水は顔にかかるし、そのたびにヒヤヒヤドキドキしたので、結局アクアビクスそのものに足が向かなくなってしまった。

で、今度は「海」である。コンタクトレンズをした目に海水入ったらどうなるんだろう!?コンタクトレンズがずれたりしないだろうか!?先日コンタクトレンズが眼球の後ろへずれてしまい自分で取れなくなり目医者さんに取り出してもらうという思い出すだけでもおぞましい経験をしたこともあって、かなり不安だ。

ただ、便利なのはやっぱりコンタクトレンズ。海にはいるときにいちいちメガネを外し、海からあがっていちいちメガネをかけるという手間がいらない。またメガネよりコンタクトレンズのほうが視界が良好だ。せっかくの海をぼやけたメガネの目ではなくクリアなコンタクトレンズの目で見たいという気持ちもある。

世の中に視力の悪い人はごまんといるので他の人はどうしているのかネットで調べてみたところ、スノーケリングやダイビングの際にコンタクトレンズを使っている人もいれば使わない人もいる、という結果が出た。うーん。

冷静に考えれば、ちょっと海水が顔にかかったくらいでコンタクトレンズがずれたり外れたりしないはずだから、コンタクトレンズをしたままでいいように思えるのだが、とにかく私はコンタクトレンズをしているときに顔に水がかかるととても心配になって冷静ではいられなくなるので、海で慌てるというのは危険なことだし、コンタクトレンズはしない方向にしようかな~ということに。

じゃあ、海へ行くときはメガネだ!去年の誕生日に13年ぶりに新調したプラスチックレンズのメガネは13年前の重たいガラスレンズと比べて格段にかけ心地がよいのだし、今回はメガネで行こう!ということで、早速メガネに取り付けるタイプのサングラスを探した。

海上では多分サングラスなしだとキツイだろうから必需品だと思うけれど、度つきのサングラスを新調するのは勿体ない(かなりキツイ近眼なので値段もかかると思う)、ということでメガネの上にくっつけられるサングラスを探したのだ。よさそうなのが見付かり(←ネットは凄い)早速注文した。「カスタマー・レビュー」での評判は非常によいのだが、どんなものが来るやらちょっと心配だ。

さらにアマゾンで「ファインディング・ニモ」のDVDを注文。だって、舞台がグレートバリアリーフだって言うから・・・シドニーも出てくるらしいし・・・アニメだけど。

さらに海に持って行くカメラに付ける防水のカメラストラップを探したのだが、これはネット上では紐の長さが明記されていないのでハッキリ分からず購入は断念。明日にでもヨドバシカメラに寄って探してみよう・・・あ、ヨドバシカメラに行くなら「ニモ」も売ってたかもなぁ、などと言いつつ出費は続く。楽しいけどね。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-27 21:42 | オーストラリア旅行の準備

財政危機の地方自治体

テレビつまんないなーと言いつつもちょこちょこ見ているのがNHKの「クローズアップ現代」。今日の放送はこんなのだった↓。

***************

地方自治体は生き残れるか
~夕張破たんの教訓~

北海道夕張市が自治体の"倒産"にあたる「財政再建団体」の指定を申請、政府の管理下で立て直しを図ることになった。負債総額は税収の14倍の632億円に上る。かつて日本を代表する産炭地だった夕張の人口はピーク時の10分の1以下に激減。自立を目指し、観光産業に乗り出したものの、過大な投資は次々と失敗し、地方交付税が大きく目減りする中、破たんに至った。財政危機に直面している自治体は夕張だけではない。自治体の財政指標を示す経常収支比率が100を越え、財政が'危険水域'にある市町村は全国に184、大阪府守口市では、市営プールの廃止やがん検診の有料化など市民サービスの見直しも始まっている。自治体の破たん法制づくりが検討され、自治体経営が市場化の波にさらされる中、地方自治体は生き残れるのか、検証する。
(NO.2274)

***************

番組では「地方自治体は生き残れるのか検証」までは行かず、「こんな大変なことに・・・!」というレポートっぽかったですが、とにかく沢山の自治体が財政的に危機に陥っているというのが現状なんですね・・・。

なんで夕張市が財政危機になったかと言えば、別に職員にスーツ支給してたら財政が逼迫したとかそういう訳ではなくて(番組中に大阪市の地方債の格付けが低いというグラフは出てましたが)、引用文中にあるように「投資の失敗」なんですよね。

夕張は炭鉱の町だったものが石炭の需要が減るという自分の力ではどうしようもない外部からの事情によって斜陽の町に・・・それを食い止めるためには観光だ!ということで観光施設をドンドン作ったけれど思うように客足が増えず・・・と言うことで財政破綻。

箱物どんどん作って~の背景には、国もそういう方向を後押ししていたという事実があるわけで(夕張市には自治省からの表彰状があったよ、国が想定する「優等生」な自治体だったという証拠品だ)、夕張市の財政破綻の場合も夕張市にも国にもそれぞれに責任がありそうだ。国は責任逃れしているけど。

地方自治体は国からのお金に頼るばかりではなく自前の収入が欲しい。収入を上げるにはどうすればいいのか?利益を生む何かを作り出さなければならない。夕張市の場合(そして多分他の多くの自治体の場合も)それは「観光」だった。だから観光に投資した。

お金儲けの基礎として、大きい利益をドカンと掴むには軍資金が必要で、軍資金は借金してでも作るべきだ、という考えがある。後で儲けで返済出来るのだから、最初借金するのは仕方ない。カネはカネを生む。この考えは正しい、と言うか「事実」だ。(ただ私などは小心者だからそういうことが出来ない=独立開業なんてできずにサラリーマンなわけだが。)

果たしてそれを地方自治体の経営に当てはめて考えていいのか?ということだと思うが・・・。どうなんであろう。少なくとも夕張市は「失敗」した。

財政破産の危機にある地方自治体は沢山あって、一体今後どうすればいいのか?全国いろんな所に人は住んでいるわけで、この人たち皆に最低限のサービスを提供するのが地方自治体の仕事だと思うのだが、その財源をどうすればいいのか?

地方自治体の多くは人口が少なく(平成の大合併とかあったけれど、それでもまだ小さいでしょ)、これと言った産業(=収入源)がない所が多い。そういった場合、自前で産業興して何とかしろと言ってもそもそも無理なのではないか?国からのお金に頼る割合が多いと悪い面もあるかと思うが、小さな地方自治体の場合、最低限の住民サービスを提供するだけにして使う金を少なくし、財政面は国の補助金でなんとかするとか出来ないのだろうか。国からのお金に問題があるなら、税金の仕組みを変えることも必要だろうが。

小さすぎる地方自治体は合併して規模を大きくして効率を上げる、という方法は既に模索されているところである。平成の大合併は意味のあるものだったのか、はこれから答えが出るところだ。

お金が集まりすぎて困っているのだか、銀行作ったりオリンピック誘致したりする地方自治体もある一方で、立ち行かなくなる寸前の地方自治体が多数ってのはどうなんでしょう。田舎切捨てっぽいと思うのですが・・・。昨今話題の地方の医師不足で病院が立ち行かず、なんてのも田舎切捨ての表れの一端かも、なんて。

まあ、都市に住んでいる者には「都会で吸い上げられた税金が田舎の無駄な箱物に使われてる!」という恨みがあるのも事実で・・・だって実際浪費されてるでしょ・・・そういうのがまた話を感情的にこじれさすよなぁ。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-25 22:27 | 社会一般

ロミロミ

ロミロミというものを体験しました。

「近くにアロマ・マッサージをしてくれる所はないかな~」とネットで調べてみたところ、ウチのすぐ近くにロミロミというものをやっているお店が見付かったのです。ロミロミとはハワイの伝統的なマッサージ法だそうで私は初耳でした。

アロマオイルを使ったマッサージということで、アロマ・マッサージと似たようなものかな~と思って試してみたのですが、似ているけれど違っていました。手順や揉み方が違っていて、どう違うのか説明するのは難しいのですが、コリをより直接的に揉み解す感じと言ったらよいでしょうか。

とても気持ちよく大変リラックスできました。ので、出来ればちょくちょく通いたいところですが、お値段が高いんですよね・・・今回は「初回来店者割引価格」で少し安かったのですけれど。まあ、そうやってお客を引っ張り込むわけですよね。まんまと術にはまってます。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-23 23:05 | 身辺雑記
さて、オーストラリアなんですが行く場所発表します。

シドニーポートダグラスです。分かりやすい!

と言うわけで、上記二つの街について何か耳寄りな情報がございましたら是非是非教えてくださいませ。

ここで、ポートダグラスについて。「ポートダグラス?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんが、ポートダグラスはケアンズから自動車で1時間ほどの街です。ケアンズからの日帰りエクスカーションで訪れたりすることもあるようで、私の「るるぶ」にもごく簡単に載っています。「地球の歩き方」にもやはり簡単に載っています。「大人のリゾート地」とかなんとか書かれているのですが、それを読んだだけではケアンズの代わりにポートダグラスに滞在しようという気にはなりません。私も最初は当然ケアンズに泊まろうと思いました。

ケアンズ!ケアンズは人気の観光地のようです。オーソドックスなパッケージツアーでは必ず訪れるようですし、ガイドブックでは大きく取り上げられ、中にはケアンズに特化したガイドブックまでありますし、ケアンズの街自体には見所はないけれどグレートバリアリーフ及び熱帯雨林への基地として、初めてのオーストラリアなら外せないーといった感じです。

だから、そのケアンズから車で一時間もかかるところにわざわざ泊まろうなんて全然思ってもみなかったです。

なのになぜポートダグラスになったのかと言いますと・・・

5月14日のブログでも紹介しましたtrip advisor というサイト、ここに世界中のいろんな街についてのフォーラムがありまして、私もここのケアンズのフォーラムを覗いていたのですが、ちょくちょく「ケアンズ対ポートダグラス」という話題が出てくるのです。どちらに泊まるべきか迷っている人が沢山いる、ということです。どちらがいいかは最終的には各自の好みで、ということになりますが、ポートダグラスを推す人が結構多い。

どうやらケアンズは「バックパッカーやワーキングホリデーの若者など、若い人が多く集まる、そこそこの大きさの街」で「キュランダやグリーン島に近く」て「カジノとかナイトクラブなどを楽しみたいならお勧め」らしい。一方ポートダグラスは「より大人っぽい小さなリゾート地」で「世界最古の熱帯雨林のディンツリー国立公園とケアンズ周辺から日帰りで行ける範囲内で一番綺麗なアウターリーフに近い」らしい。

今回の私達「ご一行」の平均年齢は55.6歳。賑やかなナイトライフには興味がありませんし職探しの必要もありません。の~んびりリゾート気分を満喫したい。熱帯雨林と綺麗なアウターリーフへは是非行きたい―――となれば、行き先はポートダグラスでしょう。

と言うことで、trip advisor のアドバイスに従い、私は行き先をポートダグラスに変更してしまいました。宿泊するホテルもtrip advisor の「ホテル人気ランキング」で上位に選ばれている所にしました。そう、思いっきりtrip advisor に依存して旅行計画を立てました。

本当にそれでよかったのかどうかは行ってからのお楽しみです~。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-21 21:33 | オーストラリア旅行の準備

清清しい朝の女性専用車

朝の通勤列車の乗客は男が多数派で女は少数派です。そして男の場合は勤め人の割合が高く高校生はそんなに目立たないけれど、女は高校生の割合がすごく高くて「あぁ、女の勤め人ってのは少ないんだなー」なんて思ってます。

それはともかく。そんな少数派な女を痴漢から遠ざけようということだかなんだかで登場した女性専用車。私もいつも使っています。やっぱり列車の中で男と密着するなんて凄く嫌ですからねー。(今日も総務省の男が痴漢で懲戒処分なんてニュースがあったし。痴漢のニュースは絶えることがないね!)

その女性専用車、今朝は清清しかったです。

だって女子高校生がいないんだもの!
高校生がいないと本当にさっぱりするね!


私は実はケバい高校生がかなり嫌いです。だって厚化粧で五月蝿いから。揺れる電車の中で睫毛をカールさせてマスカラ塗ったり、友達同士でかい声で喋ったり、朝からろくなことしてません。躾というものと無縁でグングン身の丈ばかりが育ったのでしょうか。殆ど公害状態です。

とにかく見苦しい高校生ですが、ようやく夏休みが始まったようで朝の電車で見かける数がグンと減りました。ああ、よかったよかった。秋になってももう帰ってこなくていいよ―――って、帰ってきちゃうんだけどね。ちょっとはお行儀よくしてくれ~。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-19 22:04 | 身辺雑記
約2ヶ月ぶりのカテゴリ「オーストラリア旅行の準備」への投稿です。旅行が取りやめになったわけではありません。計画は二転三転四転五転~して、最初の予定とはすっかり違った旅程になりましたが、とにかく旅行計画の骨格が出来上がり、私の「オーストラリア熱」も一段落しておりました。が、旅行まであと3ヵ月半。再度旅行の準備を再開しようかなーと思っていたところに、友人から電話がかかってきました。

オーストラリア土産にはティムタムを、というのです。ティムタム?聞いたことあるような・・・と思いましたら、やっぱり私の持っているガイドブックに載っていました。

買ってから買わなきゃよかったと後悔した「るるぶオーストラリア」(←「るるぶ」に期待した私が悪いんです、「るるぶ」が私の趣味ではないことは分かっていたことなのに・・・でも「もしかして!」と思って買ってしまうんですよね、旅行の前って)、これに「スーパーマーケットで買うバラマキみやげ」というページがあって、ここにティムタムが紹介されていました。

定番みやげティムタムとありますので、ご存知の方が多いのだと思われますが、小さなパッケージに入った「チョコレートビスケット」だそうです。友人の話ではこれが日本では420円程度で売られているそうなのですが、るるぶによると2.56オーストラリアドル(約230円)とのこと。

なるほど、会社で「ばらまく」のにちょうどいいわけね―――って、このバラマキみやげという言葉、最初に見たときなんという言葉だ!と思いました。だって、ばらまくんですよ、ばらまく。白鳥の餌付けじゃないんだから、ばらまくなんて・・・なんて乱暴で品がないんだ!すごく失礼な感じ!

まあ、日本には豆まきで豆ばらまいたり、建前で餅をばらまいたりする風習があるから(←今はもう廃れているのだろうか?)、バラマキに抵抗ないのかなぁ。でもやっぱり私はばらまくなんて嫌だなー大したものではなかったとしてもちゃんと手渡したいなーと思います。

るるぶによれば、定番に加えて新商品も続々登場ということですので、いろんな種類を買って帰ろうと思います。と言うことで、職場へのお土産はティムタムに決定~!このブログ読んでくれている方々へもお渡しできるといいのですが、ちょっと難しいので諦めてください・・・。

しかしハガキは!忘れていませんよ~いや、忘れてしまった方もいるかもしれませんが、私は忘れてません、オーストラリアからハガキを送るというお約束。

オーストラリアではクイックシルバーという船に乗って珊瑚礁を見にアウターリーフへ行こうと計画しています。海の上に人工の浮島のようなものがあって、船でその島まで行き、そこを基点に海を楽しむのだそうです。で、この浮島からハガキを投函できるようなので、そこからハガキを送ろうと思います。

ハガキ希望の方はお手数ですが非公開コメントもしくはメールで住所と名前(もちろん本名でなくても構いませんよ~)を教えてください。メールアドレスは素直に書いてしまうと勝手にメール採取されてしまうことがあるということなので、分けて書きます。kirihara_kiri(真ん中の棒はアンダーバーです)に続けて@(アットマーク)yahoo.co.jpです。(これでメールアドレスは勝手に採取されないのでしょうか?)

当然のことながら、お知らせいただいた住所・名前はハガキ送付以外のことに使うことはありません!
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-18 22:10 | オーストラリア旅行の準備

26年ぶり!同窓会

昨日の日曜、小学校6年生のときのクラス会がありました。26年ぶりです。これまでクラス会って全然やっていませんでした。今回は担任だった先生(79歳)から話が出たとのことで、有志が皆の住所を探して開催ということになりました。

小学校のときの先生や同級生なんて、顔もよく覚えていないぞ・・・全然「予習」なしで行くのは少し不安でしたが、昔の写真や卒業アルバムなどは手元にないし、まぁいいやいいやで、ちょっとドキドキしながら出掛けてみました。

私が会場に着いたときはまだ3名しかいなかったのですが、そのうちの一人が格好いいお兄さんで「え、こんな格好いい人うちのクラスにいたっけ!?」と思ったのですが、名前を見ると(参加者には名札が配られていた)、ええ、うちのクラスの人でした。

確かに●●君だ、顔に面影かある、雰囲気がガラッと変わっていて分からなかった、小学生のときは単なる粗暴な人だと思っていたけど、その粗暴が取れてまるで別人。非常に驚きました。(後で、「自分は●●君を好きだった」なんて話が出て、彼は子供の頃からそれなりに格好良く結構女子に人気があったらしいことを初めて知りました。私はそんな頃から男を見る目がなかったのね・・・。)

でも、この彼以外はそんなに「難しい人」はいませんでした。顔なんて覚えていないと思ったのに・・・結構覚えているんですね!会場に到着する人到着するする人、パッと見では誰!?と思っても、よく顔を見ると「あぁ、○○さんだ!○○さんの顔だ!」って思い出すんですよ~。顔では思い出せなくても、例えば笑い声なんかんで「××さんの笑い声だ!私、××さんの笑い声なんて覚えていたのか~!?」なんて自分でもビックリ。さらには全然変わっていない人なんてのもいたりして。先生の顔も忘れたーと思っていたけれど、お顔を拝見したらすぐに思い出しました。

会が始まってしばらく時間が経つと「そうそう、△△さんはこういうしゃべり方だったよ」とか「こんなことがあったよね」とか、より細かいことまで思い出して、26年ぶりだなんて信じられません。とてもとても不思議な感覚でした。

ひとつ気が付いたことを挙げますと、見た目が皆結構若く、そしてスリム!私以外に太目の人は約2名だったのですが、二人とも小学生のときからポチャポチャした感じでした。だから若いとき痩せていて中年になって中年太り―という在りがちなパターンを踏んでいるのは私だけということです。どうして皆そんなにスリムなの!?あぁ、体重減らしたい・・・。

それはともかく。6年生のときのクラスメートは31名でした。今回の同窓会出席者は14名。女子が10名で男子は4名。男性は仕事の都合なんかで忙しかったのかな?結局出席者は日帰り可能な場所に住んでいる人ばかりで遠方からの出席はありませんでした。是非会いたい人もいたのですが残念です。

お昼過ぎの1次会から、2次会3次会と夜遅くまで(私はこの日は徒歩で歩いて帰れる実家に泊まる予定だったので珍しく付き合いがよかった)、あっと言うまでした。帰ってからもなんだかなかなか寝付けなくて、今朝起きたときは、「昨日のことは夢・・・?」って感じで、本当に刺激的な一日でありました。ちょっと疲れた。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-17 22:11 | 身辺雑記

枝豆と一緒に

ビールと枝豆が美味しい季節になりました―――と言っても私はビールはそんなに好きではないのですが。枝豆は好きです。

で、枝豆を買ってきて茹でました。茹で上がってザルにあけて水を切り皿に盛ったら、なにやらコロンと小さな乳白色のものが皿の中に・・・

イモ虫

でした。茹で上がってます。もともとこんな乳白色だったのか、それとも緑色だったものが茹でたことで白くなったのか・・・節が不気味・・・いや、痛々しいと言うべきか。

目をつぶって紙でつまんで捨てました。今夏2度目の殺生。うーん。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-07-14 22:25 | 身辺雑記