60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー

<   2006年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ま、世の中はいろいろと動いているが・・・。

◎安倍晋三首相の所信表明演説

首相は演説の最後で、アインシュタインが1922年に来日した際に語った「日本人が本来持っていた、個人に必要な謙虚さと質素さ、日本人の純粋で静かな心、それらのすべてを純粋に保って、忘れずにいてほしい」との言葉を引用。(時事通信)

1922年(大正11年)と言えば、無論「戦前」。戦後生まれの安部首相は戦前がお気に入りのようだが・・・そんなスバラシイ戦前の日本人が「侵略」戦争なんてしたわけがない!てなところであろうか。でもなぁ・・・例えば小林多喜二を拷問で殺したんだよね、ステキな戦前の日本人。

「教育の再生」というのも、なんだかな。「再生」なんだから、以前にちゃんとしていた時期があって、今はそれが崩れてしまっている―――ということになるが、いつ「ちゃんとしてた」のか?やっぱり戦前なんですかね。よっぽど素晴らしかったんでしょうね、戦前の教育。女子に対する「教育」は「良妻賢母になるため」のものだったと聞いておりますが・・・それも「素晴らしい」ことだったてことかな。

で、この阿部首相はかなり高い支持を受けているという。うわ、マジョリティの日本人はこういう考えを評価するわけね。今の日本人だって充分にスバラシイじゃん。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-30 22:34 | 社会一般

気力が・・・

気力がちょっと落ちています。原因不明。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-27 22:31 | 身辺雑記
安部首相誕生ということで。ヤフーの「写真ニュース」に5年半ぶりにファーストレディー誕生ってのがあった。小泉さんには奥さんがいなかったので、「5年半ぶりに首相の妻」という人が誕生しました、ということだけど。

日本の首相の妻を「ファーストレディ」って言い出したのはいつ頃なんでしょう。米国の真似?それとも首相や総理大臣の妻のことを英語では「ファーストレディ」と呼ぶということでしょうか。だから日本も「ファーストレディ」?

日本の「ファーストレディ」はともかく。「ファーストレディ」という概念(?)ってなんかイヤ。ひっかかる。「妻の役割」とか「あるべき妻の姿」とか「内助の功」とか「夫の出世=妻の出世」その他諸々の女に押し付けられているものを思い起こさせてくれるから。

米国じゃないけど、サッチャー元英国首相の在任中って、サッチャーさんの夫には何か「呼び名」があったのだろうか?「ファーストジェントルマン」なんて~まさかねえ。

サッチャー元首相と言えば、今日の組閣で沖縄・北方・イノベーション・少子化担当大臣に高市早苗(森派)氏が選ばれてましたが、NHKのニュースでは彼女を紹介するのに「サッチャーさんが憧れだそうです」と言ってた。なんか分りやすい。でも私はこの人を好きになれない。私は女の味方じゃない女が嫌いなもので。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-26 23:15 | 社会一般

PCの調子が

PCの調子が悪く、起動がストップしてしまいます。現在サポートセンターに問い合わせ中。困ったなぁ。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-25 22:28 | 身辺雑記

浴衣購入

カテゴリを「オーストラリア旅行の準備」にするか「着物」にするか迷いましたが・・・。

浴衣を買いました。今頃?何考えてるんだ!と言われそうですが、オーストラリアで着ようと思い立ちまして。だって、熱帯のリゾート地なのだから、カジュアル且つ夏用の浴衣がピッタリじゃないですか。今回は移動のない旅行なので、荷物が少しくらい多くなっても構わないし、浴衣持っていかないでどうする!

で、浴衣は全然持っていなかったので買いました。本当は浴衣は「有松絞り」のものが欲しいな~と思っているのですが、安くても3万円は下りません。私には高すぎます。と言うことで絞りは諦めてフツーの浴衣を探してみました。夏の直後だから売れ残った品が安~くなっているのではないかと期待したのですが・・・特別安くなっていないようで残念。

大人っぽくて涼しげなのないかな~とカネに糸目を付けつつ無論ネットで探し、結局コレを買いました。浴衣・椎茸・・・じゃなくて朝顔柄の綿紅梅で6000円。帯・絹博多織4800円。

e0020882_22573156.jpg


夜に着るから白っぽいのがいいかな~と思ったのですが、なんだか旅館の寝巻きと似たような雰囲気が・・・。コレを買った後で、もっと「いい!」というのを見付けてしまったのですが、お値段は12000円。いやいや、いいんだ、この椎茸朝顔で―――と思うように努めております。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-24 23:05 | 着物

週末~

今週もプールへ行って泳いできました。が、食事会があったり、アイスクリームを食べたりしたので多分太ってしまったことでしょう・・・(まだ確かめていません。)
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-24 21:17 | 身辺雑記
引用―――入学式や卒業式の国歌斉唱の際、教職員は国旗に向かって起立しなければならないなどとした東京都教育委員会の通達は違法だとして、都立学校の教職員ら401人が、都と都教委を相手取り、通達に従う義務がないことの確認や損害賠償を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。(読売新聞)

そうだよね、違法だよね、「処分」まで繰り出しちゃってやり過ぎなんだよね。日の丸と君が代を無批判に受け入れろと地方自治体・教育委員会が「強制執行」できるなんておかしな話だよ。

でも都は高裁で争うんだろうなぁ。裁判所って上に行けば行くほど右よりっていうか国よりっていうか・・・地裁での判決が覆っちゃうことが多い―――というのはあくまで「感覚」で言ってますが、でもそうだと思いませんか?この判決も覆っちゃうかなぁ。心配だ。

引用―――小泉首相は21日、入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制したことを違憲とした判決について「法律以前の問題じゃないでしょうかね。人間として、国旗や国歌に敬意を表すというのは」と述べ、疑問を投げかけた。思想・良心の自由については「裁判でよく判断していただきたい」と述べるにとどめた。(毎日新聞)

法律以前って、君が代日の丸を強制することが法律以前の問題だろうに。テレビのニュースに出ていた都側の人も儀礼がどうのこうのと言っていたようだけれど、それ以前の問題なわけでしょ。君が代や日の丸がどうよ?と言っているわけで。今日の判決もその点に触れていたけれど、そういうことは聞かない(聞く耳持たない)んでしょうね。

私には日の丸って、ナチスのハーケンクロイツの旗と同じようなものに思えるんですけど・・・。もっと別の、「新生」日本の国旗や国家だったらこんな風に揉めることもなかったろうに。「敬意」や礼儀の問題なんかじゃ全然ないのに論点のすり替え。腹立つ。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-21 21:49 | 社会一般

自民党新総裁選出 

自民党の新総裁が安倍晋三官房長官に、ということで。世論調査によると国民の人気が高くて、それも安部氏への支持が広まった一因らしいけど、こうして自民党の総裁になったら次は国民にる投票の結果自民党の議員が沢山いる国会で首相に指名されるわけで、つまりは国民の多数派は満足してひとまず阿部内閣を支持するんでしょうね・・・。

阿部氏か・・・妖怪の孫。いや。国民の皆さんは世襲政治家がお好きだ・・・。美しい国、か。「自主」憲法制定する美しい国日本。戦争が出来る美しい国日本。国民が「お国のために」とか言って目をキラキラさせちゃう美しい日本。わー、ウヨ!って感じだけど、世の中の多数派は今「ウヨ」らしいからそういうのを好ましいと思うのだろうな・・・。ふん、これは教育現場での日の丸君が代教育徹底の「効果」なのか?

教育、かぁ。教育問題。阿部氏も教育問題について力説していたらしい。新しい教育基本法だっけ?「ウヨ」っぽい教育基本法にしたいんだろうな。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-20 20:41 | 社会一般

眠気

連休はとんでもない眠気との戦いでした。戦いと言うか、簡単に負けてたんですが。どうしてこんなにズーッと眠たいのか。絶対に変だ!何か理由があるはずだ!と思うのですが・・・眠気外来とか、ないのかな。

とりあえず、頑張れ!起きていろ!と自分で自分に言い聞かせることくらいしか出来ません。でも効果はあんまりありません。眠気ってかなりの強敵です。これで今日は眠気に打ち勝ちひとまずなんとかブログ更新、ということで。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-19 21:50 | 身辺雑記

プール

結局今週は長時間睡眠の1週間だった。のに、まだ眠い。翻訳もすっかりお休みになってしまった=日常生活に支障が出ているわけで、これはやっぱり医者に「なんとかならないか!?」と強い態度で臨むべきであろう・・・次回の診察までまだ暫く時間があるのだけれど。

さて、今日はプールに行ってきた。母が「プールに行こう!」としつこいので付き合った。なぜ母がプール、プールと騒いでいるのかと言うと、「オーストラリアで海に入るのならプールで泳ぐ練習をしなくてはいけない!」とのことである。「突然海に入って心臓麻痺にでもなったら大変でしょ!」と言うのだが。

海で心臓麻痺を起こさないために「1ヵ月半前に一度プールに行くこと」がどの程度有効なのかは非常~に疑問のあるところだが、とりあえず信じ込むと煩い人だから、母は。まあ、私が運動不足なのは事実なので、プールで泳ぐのもよかろう、ということでプールに行ってきた。

泳ぐのはとても久しぶり。泳げるのかな~と思ったのだけれど、泳げた。ただしとても疲れる。25メートル泳いだだけでハァハァ息が切れる。これはいかん・・・。泳いで歩いて、歩いて泳いで、結局そんなには泳げなかった。泳ぐのがどうこういう以前に、体力不足が大問題だ。これは毎週泳いだほうがいいかも・・・。

夜、テレビでは「シンクロナイズドスイミング」の大会が放送されていた。シンクロ・・・シンクロ選手は滅茶苦茶長距離を泳ぐらしいが・・・確かに無茶苦茶長距離泳げる体力が大前提だろうなぁ、水中であんな技やらこんな技やらを披露するには・・・ああ、選手の多くは私が20歳くらいの頃に生まれた人達なのね・・・20年の歳月っていうのはやっぱり短いものではないのねえ・・・などと愚にもつかぬことを考えたり・・・。

やっぱり来週も泳ごう。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-09-16 21:48 | オーストラリア旅行の準備