60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2006年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

仕事終わり!

仕事お終い!

結局大掃除はしていない。部屋ゴチャゴチャ。明日少し片付けるか・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-30 23:35 | 身辺雑記

仕事納め

仕事納めの日、ですが、私はあと少し働きます・・・。

仕事で、いろんな部署から私のところに提出してもらう書類があったのですが、今日が提出の締切りなのに終業時間が近くなっても提出のない部署が数ヶ所。この書類を作るには、インターネットの事務管理サイト上での操作が不可欠なのですが、そのシステムは明日から休止です。だから、提出は間に合わないにしても、ネットでの作業は今日中に済ませてもらわなくてはなりません。

で、確認の電話をかけて「○○の書類、今日が締切りなんですが、どうなってますかー」と聞いてみたところ、「え?○○の書類って・・・何?」と言った担当者が一人。「・・・通知文を送ったハズですよ・・・」と言うと、電話口の向こうで「○○の通知文って来てる!?」「来てるよー」「書類、作った!?」「作ってなーい」という会話が。

うう、通知はちゃんと担当者に渡してくれ~何で自分のところにしまい込んでおくんだ~どうするつもりだったんだ~。とにかく、事務管理サイト上での処理だけは今日中にやって!このサイトは夜9時まで使えるから!と命令、否お願いしました。

明日、ちゃんと作成された書類が届くかどうか心配です。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-28 22:29 | 職場・仕事・働く

寒かった

今日は一日寒かった~雨もかなり激しく降っていたし。こういう日は鍋物がいいよね、ということなのか、実家に帰ってみたところ、今日の夕食は鍋とのこと。

一人で鍋はやらないので、久しぶりに鍋だったのですが・・・母が冷蔵庫内に白菜があると思って白菜を買ってこなかったら、入っていたのはレタスだった!ということで、鍋にレタス投入。

・・・私は煮レタスは遠慮しときました。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-26 22:58 | 身辺雑記

こんな色はどうだろう

色選び続行中。こんなのはどうかな。

e0020882_12451663.jpg
e0020882_12452714.jpg
e0020882_12454516.jpg


フィンだけ赤にしてもいいかも?

e0020882_12463057.jpg

e0020882_12452714.jpg
e0020882_12454516.jpg


ところで24日に買ったばかりの新品水泳帽を失くしました。忘れ物としては届けられていないみたい。すごくいい感じだったのに・・・通販で買ったものだから、買いなおすと送料がかかるのでどうしようか困っているところです。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-26 12:48 | 泳ぐ~スノーケリング

何色にしようかな

どうも「書きたい」意欲が湧いてきません。ガス欠状態。うーん、「泳ぎ」に気をとられているからかな・・・。

スノーケルとマスク、フィンは買うことにしたのですが何色にしようかなーと迷ってます。

水色で揃えるか・・・
e0020882_22143117.jpg

e0020882_22153394.jpg

e0020882_2217146.jpg


黄色もいいかな・・・
e0020882_22175763.jpg
e0020882_22181162.jpg
e0020882_22182476.jpg


マスクは一眼にするか二眼にするかも決めないとね。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-25 22:20 | 泳ぐ~スノーケリング

スノーケリング!

クリスマス・イブ。プールに行って泳いできました。それもスノーケリング

グレートバリアリーフで泳いで以来、「海綺麗~、魚可愛い~、またスノーケリングしたい!」とずっと思っています。そして、どうせ泳ぐなら上手にスイスイと泳ぎたい。私は浮遊具使ってプカプカ浮いていたわけですが、上手に泳げる人は浮遊具なんか使わず自由に泳ぎまわっていました。ちょっと下に潜りたいなぁ、なんてときも浮遊具使っていると絶対に潜れませんが、そんなもの使っていない人は簡単の潜っていきます。いいなぁ~、私もあんなふうに泳ぎたいな~、と思っていたら。

世の中にはプールでのスノーケリングの講習会なんてものがあるんですね!これに参加してみよう!ということになりました。

で、泳いできたわけですが・・・腹筋が弱い~体力がない~全然潜れない~息止めてなん泳げないよ~!とりあえず、スノーケルを使って水面を泳ぐことは出来ました。スノーケル・クリアもマスター。

他の参加者は私と同世代~年上の人が殆どで、皆さんそれなりの期間泳いでいるということで上手に泳いでました。指導員はそれなりのお年であろうと思われるオジサンなのですが、本当にジュゴンか何かのようにスイ~スイ~と泳ぎます。

その指導員のオジサンが言うには、練習すれば誰でも息を止めて泳ぐこと=潜って泳ぐことが出来るようになるのだそうです。うーん、本当かな・・・。

とにかくちょっと練習してみようと思います。夢且つ目標はイルカと泳ぐこと!イルカと泳いで何になるんだよと言われてしまえばそれまでなのですが・・・イルカと一緒に泳いでみたいんです。以前テレビで小谷実可子がイルカと泳いでいるのを見たことがあるのですが、あんな風に泳げたらな~。

まあ、そんなこんなで、2007年は泳ぐ年にすることにします!
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-24 23:17 | 泳ぐ~スノーケリング

年末ですし

年末でバタバタして更新滞っております。でも年賀状は既に投函しました!
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-20 23:49 | 身辺雑記

水着購入

ネットで水着を注文しました。と言うのも、買ってからまだ半年も経っていなかった水着にオーストラリアで小さい穴が開いてしまったのです。多分小さいウェットスーツを着ようと悪戦苦闘したときにファスナーか何かが引っかかって破けてしまったのではないかと思います。着用に支障はないのですが、でもやっぱり新しいのを買っておくことにしました。

e0020882_21475928.jpg
ネットで検索したところよさそうなのがあったのでコレに決定(こういうシンプルなのが好きです)。税込み5340円也。



e0020882_21493711.jpg
そしてもう一つどうしても気になったのがコレ。キレイな緑と青の花柄。私には似合わないって!やめときなって!と内なる声が聞こえてきたのですが、でも、トロピカルな場所には絶対にこっちだ!今回グレートバリアリーフには黒にグレーのラインの水着を持って行ったのだけど、やっぱりトロピカルな場所ではトロピカルなものが似合う~(って、つまりまたトロピカルな所へ行こうと思っているわけですね)。税込み5880円。ボーナス出たんだし買っちゃえ!(奨学金返還用の用紙も届いているけど・・・)


ということで、水着2着注文。冬だけどどんどん泳がないとね。でもその前にプールを探さなくては。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-13 22:02 | 身辺雑記
今回の旅行で一番やりたかったこと、それはグレートバリアフリーならぬグレートバリアリーフでのスノーケリング!

グレートバリアリーフのリーフにはインナー・リーフとアウター・リーフというものがあるそうで、読んで字のごとくインナー・リーフは内側にあるリーフでアウター・リーフは外側にあるリーフだそうです。アウター・リーフの外は水深1000メートルとかの外洋ということです。で、インナーとアウターとどちらが綺麗かと言ったら、断然アウター・リーフということらしい。海流のせいらしいでそうなるらしい。それから訪れる人間が少ないから、ということもあるみたいです。

とにかくアウター・リーフのほうが綺麗ならアウター・リーフに行かねば!ということで、スノーケリングする人だけを集めてアウター・リーフ3ヶ所を廻るウェーブ・レングスというツアーに参加してみました。ポートダグラス発着で定員30名というこじんまりしたツアーです。

当日は晴天で風も弱く絶好のスノーケリング日和!このボートに乗ってアウター・リーフを目指します。この日行ったのはオパール・リーフという所でした。

e0020882_2317124.jpg


綺麗な海を見ながら、この海に入るんだな~!と期待に胸膨らませていた私ですが、ふと気が付くと母の様子が変です。どうしたのかと思ったら「実は昨日よく眠れなかった」などと言います。海で遊ぶ前日に寝不足は厳禁!なんでちゃんと眠っておかなかったのー!?と問うと「海で流されたらどうしようとか、そういうことを考えていたらよく眠れなかった」と言います。・・・流されるって・・・ちゃんとツアー会社の人が見張りするんだよ・・・と言っても、母は緊張しているようでした。

さてさて、そんなこんなでボートは最初のポイントに到着しました。スノーケリングの器具の使い方を習って海に飛び込みます。

e0020882_23271596.jpg


写真に写っている細長い棒は「ヌードル」と言う浮き具です。これがあると絶対に沈みません。泳ぎに自信のある人は使いませんが、当然私はコレを使いました。

e0020882_23302655.jpg


ザボン!と飛び込みます。海はクリスタル・クリアーで、物凄く綺麗!母は一番最後に海に飛び込んだのですが、なかなか船の近くから離れません。何をしているのかと思ったら「口に水が入る!」と言って悪戦苦闘しています。スタッフの人が付いてスノーケルの使い方を教えてくれるのですが、結局泣きそうな顔をして「ダメだ!止める!」と言って船に上がってしまいました。ウソ、こんなに綺麗な海を前にして止めるなんて信じられない!と思いましたが、母の海への恐怖心はそんなに大きかったのか・・・と、「大丈夫だよ~!」と気軽に言って母を連れてきてしまったことをちょっと申し訳なく思いました。

まあ、それはそれとして、海の中、とにかく綺麗でした!

e0020882_23384150.jpg


カラフルな珊瑚。

e0020882_2340048.jpg


e0020882_23541385.jpg


カラフルな魚。

e0020882_23413860.jpg


e0020882_23553598.jpg


巨大な貝。

e0020882_2344455.jpg


泳いでいると時間があっと言う間に経ってしまいます。昼食を挟んで3ヶ所廻りましたが、それぞれに特徴があって違った感じでした。が、どこがどのように違っていたのか上手く説明できません。事前の勉強不足&当日の説明は英語で全然理解できなかったためです。

母は結局ずっと船の上で過ごしました。でも、スタッフがエサをまいたりして、船の近くにも沢山の魚が寄ってきてそれなりに楽しく過ごしたようなのでちょっとホッとしました。

でも海に入ったらもっと素晴らしい光景が広がっていたんだけどなー!

亀もいました!スーッと上手に泳いでいます。「おーい、歳いくつ~!?」

e0020882_23513454.jpg


可愛いさかな達

e0020882_2357576.jpg


そしてこんなのもいました。船のすぐ近くに寄ってきたので母も見ることができたそうです。

e0020882_23593316.jpg


e0020882_005632.jpg


海ってなんて綺麗なんでしょう!すっかり海に心を奪われた一日でした。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-12 00:03 | ポートダグラス旅行記
つい先日、管理職への昇進試験の結果が発表になりました。私の勤める役所では、昇進試験の区分が40歳を境に分かれています。つまり、40歳前に昇進する場合と40歳を過ぎて昇進する場合に区別があるのです。前者が幹部候補生、ということですよね。

で、40歳前の区分で合格した人たちの名簿をつらつらと眺めていて、「ああ、この人たちはみんな私より年下なんだ」と気が付きました。自分はこの人たちより長く役所にいるわけか・・・流れた年月の長さを感じます。これからは年下の上司の下で働くことになるのか。イヤだな。

そう、イヤです。若造に使われるなんて、すっごくイヤ。そうならないためには自分も昇進すればいいんですよね。でも昇進試験受けていないんだから仕方ありません。

私も10年前には昇進試験を受けようと思っていました。でも、昇進すると大概は職場での拘束時間が長くなるので受験要件を満たしたらすぐに受験するのではなく、時間に余裕のある今のうちに大学院で勉強して修士号を取ったら昇進試験を受けようと考えていいました。

で、勉強始めて落第して退学になってウツになって何年も休んで、その後復職するも体調や頭の調子が未だ元に戻らないまま・・・とても昇進試験どころではありません。

今、私の勤める役所では女性職員の割合が大きくなり、女性を管理職に登用することが組織活性化のためには重要だと考えられています。女性は男性に比べて昇進試験を受ける率が低いですから、当局は女性職員にもっと昇進試験を受けてもらおうとしているようです。

女性職員が昇進試験を受けない大きな理由に「管理職になっては家庭と仕事の両立が無理」というのがあります。(私も「管理職になっては勉強と仕事の両立が無理」と同じようなことを考えていたわけです。)

そこで当局は「仕事と家庭の両立をサポートします」と言ってみたり、実際に昇進している女性管理職からのメッセージを紹介したりしています。こういったことを機動力に、昇進する女性職員の数が増えるのはいいことだと思います。

でもね、私には無理だわ・・・。夫も子供もおらず「家庭」のない私ですが、仕事をするだけで、仕事と私生活を両立するだけで精一杯です。体調や頭の調子が戻ったら「40歳以降区分」で昇進試験を受けるという道はありますが、昇進試験を受けたり昇進したりしたらまたウツが再発するかもしれないという危険はつきまといます。

人が持っているパワーの量って人によって大きく違うのではないかと思うのですよ。私の場合は、このパワーが少ないのだと思います。だから仕事と勉強の両立が出来なかったし、ましてや仕事と家事・育児その他の両立なんて無理でしょう。

後輩の女性職員にメッセージを送っている昇進した女性職員というのは、パワーに恵まれた人なのではないでしょうか。「レベルの高い」仕事(管理職の多くが「管理職になると一段高いレベルの仕事が出来る、といったことを言っています)、男、そして子供もみんな手に入れた~なんて、仕事だけ、しかも「レベルの低い」仕事だけの私から見たら羨ましい限りです。

とにかく自分はパワー不足なのだから、今の生活で満足するように心がけるべきなのでしょう。年下上司にも我慢せねば・・・。パワーの量を増やすことが出来るといいんですけどね。
[PR]
by kiriharakiri | 2006-12-09 21:37 | 職場・仕事・働く