60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー

<   2008年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧

Oom-pah-pah!

Artist:Lionel Bart

Oom-pah-pah!

There's a little ditty
They're singing in the city
Espeshly when they've been
On the gin
Or the beer
If you've got the patience,
Your own imaginations
Will tell you just exactly what you want to hear...

Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
That's how it goes,
Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
Ev'ryone knows.

They all suppose what they want to suppose
When they hear...oom-pah-pah!!

Mister Percy Snodgrass
Would often have the odd glass --
But never when he thought anybody could see.
Secretly he'd buy it,
And drink it on the quiet,
And dream he was an Earl
With a girl on each knee!

Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
That's how it goes.
Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
Ev'ryone knows...

What is the cause of his red shiny nose?
Could it be...oom-pah-pah!?

Pretty little Sally
Goes walking down the alley,
Displays her pretty ankles to all of the men.
They could see her garters,
But not for free-and-gratis--
An inch or two, and then she knows
When to say when!

Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
That's how it goes.
Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
Ev'ryone knows...

Whether it's hidden, or whether it shows --
It's the same...oom-pah-pah!

She was from the country,
But now she's up a gum-tree --
She let a feller feed 'er, then lead 'er along
What's the good o' cryin'?
She's made her bed to lie in
She's glad to bring the coin in,
And join in this song!

Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
That's how it goes!
Oom-pah-pah!Oom-pah-pah!
Ev'ryone knows.

She is no longer the same blushing rose
Ever since ... oom-pah-pah!

(細かい所についてはいろいろなバージョンがあるみたいです。例えば「on each knee」が「on his knee」になっていたりとか。もしかしたら自由に改変して歌っているのかも?)


ウンパッパ

ちょっとした唄があるんだ
町じゃ皆が歌ってるよ
特にジンやビールを飲んでるときにはね
ちょっと辛抱できるなら
あんたの想像力ってやつが
あんたが聞きたいな~と思っていることそのものズバリを聞かせてくれるよ

ウンパッパ ウンパッパ
そういうもんさ
ウンパッパ ウンパッパ
皆知ってるさ

皆、想像したいことを想像しているんだ
ウンパッパを聞いているときにはね

パーシー・スノッドグラスさん、
しょっちゅう一杯やってんだけどさ
でも誰かに見られると思ったら絶対飲まないんだ
こっそり注文して
静かに飲んで
自分が両膝に女の子乗っけた伯爵様だったらなぁ~なんて夢見てるよ

ウンパッパ ウンパッパ
そういうもんさ
ウンパッパ ウンパッパ
皆知ってるさ

何でパーシーさんの鼻は赤くてテカテカしてるんだろうねぇ
ウンパッパのせいかもねぇ (酒のせいに決まってるだろ!)

可愛いサリーちゃんが路地を行くよ
男共に可愛いくるぶし見せながら
彼女のガーターだって見られるんだけどさ
タダってわけにはいかないね
「ちょっとだけね・・・あとちょっと・・・はいっ、ここまで!(・・・タダなのはね)」
って言うタイミングを彼女はよく分かってる

ウンパッパ ウンパッパ
そういうもんさ
ウンパッパ ウンパッパ
皆知ってるさ

隠れていようが見えていようが
同じことだよ

サリーちゃんは田舎から出てきたんだけど
今じゃ結構大変なことになっちゃってる
男に食べさせてもらってさ、男に頼って生きてんだ
泣いてたってしょうがない
彼女は寝床を整えて
嬉しそうにもらった御足を握ってさ
この唄の輪に加わるんだよ

ウンパッパ ウンパッパ
そういうもんさ
ウンパッパ ウンパッパ
皆知ってるさ

彼女はもう赤いほっぺの純情娘じゃない
アレ以来ね

(c) kiriharakiri 2008

これを投稿した日の通常のエントリ
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-28 22:23 | 歌を訳してみた♪
この間から練習していた『見果てぬ夢』をマスターしました(パチパチパチ)。映画『ラ・マンチャの男』のDVDも購入して観ました。なかなか面白かったです。でも、劇中のセルヴァンテスや劇中劇の中のアルドンサの困難や苦境や辛い状況を思うと、私などには『見果てぬ夢』を歌う資格はないな~なんて思ってしまいました。自分は今は呑気な生活をしているからこそ「どんなに困難でも正義のために最後まで突き進む―――『見果てぬ夢』っていい歌だな~、私もそうありたいな~」なんて思ってますが、実際に困難な状況に置かれたら簡単にそんな思いもこの歌も放棄してしまいそうです・・・。

まあ、それはともかく。今度は次の歌探しです。何にしようかな~と見回してみたときにあったのが・・・ウンパッパ。そうだ、ウンパッパのオリジナル歌ってみるか~ということで、まずは歌詞を訳してみることにしました。今回はインターネットをフル活用で頑張って訳しました!(←一体何のために・・・。)


Oom-pah-pah!

There's a little ditty
They're singing in the city
Espeshly when they've been
On the gin
Or the beer
If you've got the patience,
Your own imaginations
Will tell you just exactly what you want to hear...

Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
That's how it goes,
Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
Ev'ryone knows.

They all suppose what they want to suppose
When they hear...oom-pah-pah!!

Mister Percy Snodgrass
Would often have the odd glass --
But never when he thought anybody could see.
Secretly he'd buy it,
And drink it on the quiet,
And dream he was an Earl
With a girl on each knee!

Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
That's how it goes.
Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
Ev'ryone knows...

What is the cause of his red shiny nose?
Could it be...oom-pah-pah!?

Pretty little Sally
Goes walking down the alley,
Displays her pretty ankles to all of the men.
They could see her garters,
But not for free-and-gratis--
An inch or two, and then she knows
When to say when!

Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
That's how it goes.
Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
Ev'ryone knows...

Whether it's hidden, or whether it shows --
It's the same...oom-pah-pah!

She was from the country,
But now she's up a gum-tree --
She let a feller feed 'er, then lead 'er along
What's the good o' cryin'?
She's made her bed to lie in
She's glad to bring the coin in,
And join in this song!

Oom-pah-pah! Oom-pah-pah!
That's how it goes!
Oom-pah-pah!Oom-pah-pah!
Ev'ryone knows.

She is no longer the same blushing rose
Ever since ... oom-pah-pah!

(細かい所についてはいろいろなバージョンがあるみたいです。例えば「on each knee」が「on his knee」になっていたりとか。もしかしたら自由に改変して歌っているのかも?)


ウンパッパ

ちょっとした唄があるんだ
町じゃ皆が歌ってるよ
特にジンやビールを飲んでるときにはね
ちょっと辛抱できるなら
あんたの想像力ってやつが
あんたが聞きたいな~と思っていることそのものズバリを聞かせてくれるよ

ウンパッパ ウンパッパ
そういうもんさ
ウンパッパ ウンパッパ
皆知ってるさ

皆、想像したいことを想像しているんだ
ウンパッパを聞いているときにはね

パーシー・スノッドグラスさん、
しょっちゅう一杯やってんだけどさ
でも誰かに見られると思ったら絶対飲まないんだ
こっそり注文して
静かに飲んで
自分が両膝に女の子乗っけた伯爵様だったらなぁ~なんて夢見てるよ

ウンパッパ ウンパッパ
そういうもんさ
ウンパッパ ウンパッパ
皆知ってるさ

何でパーシーさんの鼻は赤くてテカテカしてるんだろうねぇ
ウンパッパのせいかもねぇ (酒のせいに決まってるだろ!)

可愛いサリーちゃんが路地を行くよ
男共に可愛いくるぶし見せながら
彼女のガーターだって見られるんだけどさ
タダってわけにはいかないね
「ちょっとだけね・・・あとちょっと・・・はいっ、ここまで!(・・・タダなのはね)」
って言うタイミングを彼女はよく分かってる

ウンパッパ ウンパッパ
そういうもんさ
ウンパッパ ウンパッパ
皆知ってるさ

隠れていようが見えていようが
同じことだよ

サリーちゃんは田舎から出てきたんだけど
今じゃ結構大変なことになっちゃってる
男に食べさせてもらってさ、男に頼って生きてんだ
泣いてたってしょうがない
彼女は寝床を整えて
嬉しそうにもらった御足を握ってさ
この唄の輪に加わるんだよ

ウンパッパ ウンパッパ
そういうもんさ
ウンパッパ ウンパッパ
皆知ってるさ

彼女はもう赤いほっぺの純情娘じゃない
アレ以来ね


いやもう衝撃の内容でしたよ!これを小学生が合唱していたら驚くわ~(笑)。まあ、とにかく暗喩が一杯の歌なわけですが、私が一番驚いたのはウンパッパの隠れた意味。歌詞の一番最後の「Ever since oom-pah-pah」の意味がどうしても分からなくて調べていたのですが、なんと・・・oom-pah-pahはセックスを暗示するのだそうです!ウンパッパがブラスの音の擬音だったというのは前にウンパッパのことを書いたときに書きましたが、ブラスの一つ、トロンボーンがセックスをイメージさせるのだそうです。あの楽器は外筒と中筒があって、中筒をスライドさせて演奏しますよね。それが理由のようですが・・・トロンボーン見てそんなこと考えるヤツがいるのか!?それとも私が高潔なのでしょうか(笑)。

とにかく、金曜日あたりからウンパッパ歌いまくりです。まさに壊れたレコード状態。歌いにくい箇所を繰り返し繰り返し繰りかえし・・・歌ったりするので、もし同居人がいたら絶対に「もう止めろー!」と怒鳴られていたに違いありません(私だったら絶対に怒鳴ります)。でもそのおかげか(?)、大分歌えるようになってあと一息です。(←だから一体何のために・・・というのは自分でもよく分かってません。)
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-28 07:11 | 音楽♪
さっき読んだニュースからの抜粋です(読売新聞)。

『生活保護受給者に支給される通院交通費を巡り、北海道滝川市の元暴力団員が約2億円を不正受給した事件を受け、厚生労働省が打ち出した新たな支給基準に、自治体の間で困惑が広がっている。』『30都道府県が「支給打ち切りの受給者が出る可能性がある」と回答。「事実上の保護費切り下げ」との指摘も相次いだ。』『自治体担当者からは「不正受給でもないのに支給を打ち切るのは説明がつかない」などの指摘が多い。』

「国は現場の意見を聞かないで進めている」
(太字は私によるものです。)

そう!そうだよ!国は現場の意見を聞かないでエラソーにいろんなことを命令してくるんだよね!(正確には「命令」と言わないかもしれないけど、事実上「命令」「強制」ですから。)

このニュースしかり、後期高齢者医療制度しかり!もうムカついてムカついてしょうがない!なんなんだ、国の役所のあのあからまな上から目線は。そんなに国の役所はエライのか!?国家公務員1種試験に受かった人間は、それ以外のよりレベルの低い試験を経て公務員になった地方の公務員より当然に優秀なのだから、おとなしく言うこと聞けよってことなのか!?

クソー、一部のエリート公務員(高級官僚って言うんですか)が、一般の人が持つ公務員に対するイメージを悪くしていて、エリートじゃない公務員に迷惑かけてるのにも気付かないのか!

本当にイライラする!この「中央官庁」がエライというシステム!地方公務員ももっとしっかりして怒れ!
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-25 15:59 | 社会一般

やっぱ独身でしょう!

ヤフーニュースのトピックスに「ドカベン岩鬼、夏子さんと結婚」というのがあって、はぁ?と思ってクリックしたら「エンターテイメント」のカテゴリーで、毎日新聞配信のニュース、ご丁寧にも記者の署名入り。

これ、ニュースなのかぁ?・・・と思ったのですが、このページの「関連記事」(←みんなマンガ関係)をクリックしてみたら全部毎日新聞のものでした。毎日新聞はマンガニュース(?)に力を入れているらしい。

ところで、何故わざわざ「ドカベン岩鬼、夏子さんと結婚」をクリックしたかと言うと、私は小~中学生の頃「ドカベン」を愛読していたからです。連載開始が1972年ということなので、最初の方はリアルタイムでは読んでおらずに(まだ字が読めなかったし!)単行本を主に古本屋で買って、中学生の頃は新しい単行本が出るのを楽しみにしていました(特に少年漫画好きというわけではなかったので「少年チャンピオン」を購読しようとは思わなかった)。

今考えると何でそんなに好きだったのかよく分からないのですが、やっぱり常勝チームの話だったからでしょうか・・・。スポーツ観戦愛好者の多くは、なんだかんだ言っても強いチーム、勝つチームが好きですが、それと同じ、だったのかな?

ドカベンはへんてこりんなところ(山田太郎達が高校3年になったところ、最後の夏の大会はまだ)で無理やりっぽい終わり方をして、なにか終わらせたい理由があったのかなーと子供心にも思っていましたが、結局この夏の大会を舞台にして「ドカベン」の続編と言うべき「大甲子園」というマンガがスタートします。しかし、私はこれは最初の方だけ読みましたが、途中で飽きて読まなくなりました。

さらに、「ドカベン」プロ野球編が始まった、というのも(やっぱりニュースでだったか)知りましたが、全然食指動かず・・・。でも今日は久々に、「あぁ、懐かしいなぁ~」と思ったのであります。

今日の記事によると夏子さんは「一度は別の男性と結婚、一女を生んだが離婚し、母子で暮らしていた」そうで、水島センセイも一番好きなキャラクター(のはず)の岩鬼に随分辛い思いをさせたのね~漫画家とか作家って基本的にサディストだよな~でも結局は二人を結婚させたのね~これって「親心」の一種かしらね~なんて考えてました。

岩鬼というのは、所謂美人を見ると「どブス」と言い、一方で世間の基準からすれば美人とは言えない夏子さん(だんご鼻で、健康的ではあるが太め)を見るとクラクラしてしまう―――というふうに描かれています。単純に「美人」に惹かれないんだ~ちょっと面白いな~と思っていました。

さて、この記事を元にいろいろクリックしていたら、水島マンガの登場人物を使った「激闘プロ野球」というゲームの宣伝に行き当たりまして、図らずもプロ野球選手になった山田太郎の2001年現在までのプロフィールを知ることになりました。

「野球以外には無欲で、いまだに妹のサチ子と祖父との3人で長屋暮らしをしている。」とあります。 おぉ、サッちゃん大きくなっただろうなぁ!じっちゃんはまだ生きてたかぁ!などという馬鹿な感想が脳裏を・・・さらにもっと馬鹿な感想が「よし、山田太郎はまだ独身だったか!」。

私は自分がそれなりの思い入れを抱いている人物(男女問わず)は、実存の人物であろうが過去の人物であろうが架空の人物であろうが、とにかくなんでもいいから独身であったほうがより好ましい!という考えの持ち主なもので・・・。いや、2001年以降に結婚してしまったというストーリー展開になる(なった)可能性もあるわけですが。

ちなみに「ドカベン」の登場人物でそれなりの思い入れのあるのは山田太郎だけなので、岩鬼が結婚しても全然気になりません(笑)。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-23 00:23 | シングルですけど

よろめく

今日歩いていたら、突然視界がシーソーのようにユラユラしてまっすぐ歩けなくなりました。うわ、めまいだ~と思って、ちょうど歩道橋を歩いていたところだったので、その手すりに掴まって15~6秒立ち止まってから歩き出したらまためまいでフラフラ。

近くを歩いていたおばさんが「大丈夫?」と声をかけてくれましたが(おばさんには親切・世話焼きな人が多いなぁ、こういうときに声をかけてもらえるのは嬉しい)、大丈夫大丈夫と言っておひきとりいただき、近くのベンチまでソロソロと歩いていって暫く座って休憩しました。その後はめまいは起こらずです。

最近家の中で時々立ちくらみがするな~と感じてはいたのですが、単に横になった姿勢から急に立ち上がったりするからだろうと思って気にしていませんでした。でももしかしたら何か関係あるのかも。

狭くて混雑していてガードのない駅のホームなんかでフラフラしたら本当に危険なのでめまいは恐いんですが、防ぐ方法が分からないし。とにかく健康で丈夫になって体力付けるしかないかな。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-21 22:23 | 身辺雑記

CDコンポが初期不良?

届いたCDコンポ、早速CDを再生してみたところ、ある箇所で音が止まってしまい「あああああああああ」と同じ音を繰り返します。

えー、CDディスクの扱いが悪かったのかな?今までこんなことはなかったけれど・・・もしかしたら壊れかけのCDプレーヤーで再生したときにディスクに傷が付いたとか・・・?

どちらにしろ、この曲(←仮面舞踏会!)のCDをもう一度買わなくてはダメか・・・と思ったのですが。

今度は届いたばかりでまだ聴いたことのない新しいCDを再生してみました。特に問題なく音楽が流れていたのですが・・・最後の曲になって、突然音が早くなりました。コンポのディスプレイ部には1秒2秒3秒・・・と経過時間が表示されるのですが、これがスピードアップしています。何度か試してみましたが、いつも同じところで勝手にスピードアップ。

―――もしやこれはCDディスクではなくコンポの問題では!?

ということで、パソコンのDVDドライブでこの二つのCDを再生してみました。(DVDディスクを交換しておいてよかった。)すると、どちらもちゃんと再生されます!

そこで、もう一度CDコンポで再生してみますと、新品のCDは(なぜか)ちゃんと再生されました。でも仮面舞踏会のほうがやっぱり同じところで「ああああああああ」です。

これは買った店かメーカーに問い合わせて交換してもらう必要がありそうです。このコンポを入れるのにちょうどいい箱を見付けてクッションか何か入れて梱包しなくてはいけないのだろうか?面倒~!このままの形で引き取りに来てくれないかなー。とにかく連絡はしなくちゃねえ。うう、それだけだって面倒だ・・・。

昔(20年くらい前?)は、「外国では電気製品を買うと、不良品だったり、すぐに壊れたりするらしいよ」なんてのを聞いて「ふーん、日本ではそんなことないなー」と思っていたのですが、このところそれはすっかり昔話になってしまったような気がします。

多くの電気製品を人件費の安いところで作るようになって日本で作らなくなったからかなぁ(ちなみにこのコンポは中国製)。外国で作っても一定レベルはクリアしているのだろうけれど、かつて日本で作られていたときのレベルにはまだ届いていない、ということ?なんて、素人考えですけれど。電気製品がマイコン(?)とか使うようになってよりデリケートになってきているからかもしれない。

ま、電気製品の質が信用できない=日本もフツーの国の仲間入り、ってことでしょうか。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-20 22:37 | 身辺雑記
自分が随分と涙もろくなったと感じる今日この頃・・・よく思い出してみると、40才を越したあたりから涙もろくなったような気がします。

と言うか、私はそれまで本とかマンガとかお芝居とかドラマとか映画とか、そういうものを読んだり見たりしても殆ど泣くことはなかったです。たま~には涙が出ることもありましたが、あくまで例外。映画館で泣いている人がいるなんて信じられなかった。どうすればそんなもので涙なんて出るんだろう!?と思っていました。

年をとるにつれ増えた心の傷が「涙の素」だろうか?と考えたりしていますが・・・よく分かりません。

さてさて、このところ「歌を覚えて歌う」こと覚えた私。歌詞とメロディーを覚え、それを歌う(=再生する)のは脳の活性化に繋がるのではないかと思ってやっているのですが(根拠無し)、とりあえず『椿姫』からのこの部分を覚えました!

Un di', felice, eterea,
Mi balenaste innante,
E da quel di' tremante
Vissi d'ignoto amor.
Di quell'amor ch'e' palpito
Dell'universo intero,
Misterioso, altero,
Croce e delizia al cor.

幸せなある日、天使のように、
あなたは私の前に現れて、
その日からときめきながら
まだ知らぬ恋に生きたのです。
その恋に、それは
全宇宙の鼓動であり、
神秘的で誇り高く、
心には苦悩となり、歓喜となる。

(1976~7年クライバー指揮『椿姫』CDの対訳より抜粋)

この中のuniverso(ウニベルソ)のの音が喉をルウゥゥゥと鳴らす音で、これはイタリア語教室に行っていたときに先生がやってみせてくれて生徒は誰一人真似できなかったのを覚えています。どうすればこんな音出るんだ!と言うか、イタリア語はどうしてこんな音を使うんだ!?でもドミンゴはちゃんと「ウニベルゥゥゥゥソ」と歌っています。(多分スペイン語にもこの音があるのではないでしょうか。)一方ヴィオレッタ役のテレサ・ストラータスは他の箇所でこの歌詞を歌うのですが、少なくとも私の耳にはルゥゥゥが出せてないように聞こえます。彼女はギリシャ系カナダ人なのでこんなワケの分からない音は出せなかったのではないでしょうか。

それはともかく。じゃあ次はどの歌を覚えようかなぁ、と思っていたところで『ラ・マンチャの男』を聴いて感動した私。となれば次の歌は「見果てぬ夢」に決定です。歌詞を印刷して辞書で単語の意味を再確認。

To dream the impossible dream,
To fight the unbeatable foe,
To bear with unbearable sorrow,
To run where the brave dare not go;
To right the unrightable wrong,
To love, pure and chaste, from afar,
To try, when your arms are too weary,
To reach the unreachable star!

This is my Quest to follow that star,
No matter how hopeless, no matter how far,
To fight for the right
Without question or pause,
To be willing to march into hell
For a heavenly cause!

And I know, if I'll only be true
To this glorious Quest,
That my heart will lie peaceful and calm
When I'm laid to my rest.

And the world will be better for this,
That one man, scorned and covered with scars,
Still strove, with his last ounce of courage,
To reach the unreachable stars!


不可能な夢を夢見て
打ち負かすことの出来ない敵と戦い
耐えがたき悲痛に耐え、
勇者すら立ち入ろうとしない場所を駆け抜けること

正すことの出来ない悪を正し
汚れなく高潔な人を遠くから愛して
疲労困憊していても努力する―
届かぬ星を掴むために!

この星を追いかけることが私の冒険
どんなに望みが無くて、どんなに遠くても
正義のために戦うこと
疑念を持たず、ためらうこともなく、
地獄へと行進することさえしよう
神聖なる理想のためならば

この輝かしい冒険に
私が忠実であらんとするならば
私の心は安らかで穏やかになるだろう
私が最後のときを迎えるときには

そしてこの世界も少しはましになるだろう
一人の男が嘲られ傷だらけになっても
それでもなお最後の一絞りの勇気で
届かぬ星を掴もうと奮闘することで!

(訳は私・間違いあらばご指摘くだされ)


もうこの歌詞を読み返しただけでなんだか涙ぐんでしまった私・・・以前だったらきっと全然泣かなかったと思います。「白々しい」とか「クサイ」とか「きれいごと」とか、そういう皮肉な見方をして。

ここでちょっと思い出したのが宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ」。この歌と少し似たような雰囲気があるような気が。私が「雨ニモ負ケズ 風ニモ負ケズ」を初めて読んだのは、多分学生の頃だと思うのですが、読んでもまるでシラーッとしてましたね。まさに「白々しい」「クサイ」「きれいごと」「ふーん、エライ人もいたもんだ・・・でもだから何?」等と思って。今読んだら・・・うーん、「見果てぬ夢」とはちょっと違うかな?音楽も付いていないし・・・。

ところで。最初に聴いたこの曲はドミンゴの歌でしたが、彼の歌はどうも英語の発音がちょっと怪しい?と思ったので、ユーチューブで他の人が歌うのをいろいろ聴いてみました。ピーター・オトゥールが歌っているものをリンクします。(この動画の後半部分はミュージカルのラストで再度「見果てぬ夢」が歌われている部分です。)この映画はDVDが出ているようなので、買おうかなぁと迷っているところです。

歌詞はともかく、毎度のことメロディーがなかなか覚えられないのが悲しい~。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-19 21:41 | 身辺雑記

全然ダメな日曜

昨日エネルギーを使い過ぎたのか、今日はだるくてだるくてダウン。ヘンな時間に目が覚めたので今頃ブログ更新。とにかく今日はなーんにも出来ない一日でした。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-19 02:08 | 身辺雑記

私のたぎる物欲を

ヨドバシカメラに行ってきました。買い物予定は4点。

お買い上げ・その1・CDコンポ

価格重視、でもあんまり安すぎるのも・・・ということで、ケンウッドのUD-A-55Mというのにしました。CDプレーヤーのみでMD無し。私はMD持ってませんので(ボヤボヤしているうちにMDの時代はやって来て去っていった・・・)。これで税込み3万円弱。それにしても、オーディオ関係のハイスペックのものって価格が天井知らずですね。ホームシアターとかもスゴイし・・・。こだわる人はお金注ぎ込むんだろうなぁ。

e0020882_21191197.jpg


ところで、ここでスピーカーに関する馬鹿なお話を一つ。私は今まで、ある程度値の張るスピーカというのは左右のうち一つはのっぺらぼうで、一つは丸が幾つか付いているものなのだ、ウチのは安いから両方とものっぺらぼうなんだ―――と思っていました。もしかしてカタログや店頭に飾ってあるスピーカーがこういう「スタイル」なのは、単にカバーを付けた状態と付けていない状態の両方を見せるため・・・?ということに今日気付きました!馬鹿だ~。

お買い上げ・その2・デジタルオーディオプレーヤー

折からの「マイ・プラシド・ブーム」の余波で、とりあえず自宅以外の場所でも音楽を聴いてみようと思った私。初めてデジタルオーディオプレーヤーというものに触れたわけですが・・・。こんな小さいのに何百曲も入るのかぁ!と遅れた人間のベタな感想が。電池の持続時間とか再生ファイル形式とかいろいろあるみたいですが、どうやらCDコンポと同じメーカーのものでないと使いにくい面が結構ありそうです。ウォークマンのEシリーズとかすごく可愛い!と思ったのですが、ソニーのCDコンポ以外のプレーヤーからは直接の録音はできないということで、聴いているのがPCにダウンロードしたもの中心だったらいいかもしれませんが、主にオペラのCDから録音したいと思っている私にはPC経由での録音は面倒。なのであまり向かないみたい・・・ということで諦めました。

e0020882_21363375.jpg


で、買ったのは結局無難にケンウッドのM2GD50というもの。2Gで税込み1万円弱。覚悟していたより安かったのでちょっとホッとしました。

e0020882_21453521.jpg


お買い上げ・その3・エネループ充電器と電池セット

昨日は「乾電池買うか~」と思っていたのですが、フとエネループのことを思い出しました。以前買ったことがあるのです。エネループは三洋電機の商標ということですので、私が買ったのは正確にはエネループではないのですが、まあ同じ種類のものです。それが、充電器はあるのですが、電池が何処かへ行ってしまいました。去年のクリスマス前に家中ひっくり返して大整理したときにも出てこなかった。

で、充電器があるのだから電池だけ買うか~と思って売り場へ行ったら・・・ない!私が持っている充電器のメーカーのものが!どうやらこのメーカーは市場から撤退したらしい・・・。販売員のお兄さんに、充電器と電池が他のメーカーって大丈夫ですか?と聞いたら「お勧めしません!」とのこと。仕方ないので本家エネループの充電器(急速型)と電池(単3が4本)のセットを買いました。これが結構高くて税込み3980円。でもこれでいつも満タンの電池が使えるのなら!

お買い上げ・その4・内蔵DVDドライブ

何ヶ月も放ったらかしておいたDVDドライブの使えない状態にようやく重い腰を挙げ終止符を打つべくいざDVDドライブ売り場へ。PCメーカー(Dell)のサポートのお兄さんの勧めに従い今まで使っていたDVDドライブを持って行って、販売員さんに「これと互換性のあるものを」と聞くという無知ぶり。仕方ない、このDVDドライブをPCから取り出すためにPCのフタを開けるのだって滅多にしないことなので結構ドキドキしたのだから。

販売員のお兄さんはいろいろと説明してくれたのだけれど、とにかく性能がよりいいものとそうでないものの差が1000円だったので、性能がいいほうのものを買ってみました。バッファロー
DVSM-XL20FB-BK
[ATAPI接続 内蔵型 スーパーマルチドライブ DVD±R 2層対応 ブラック] 税込み6980円

お買い物はこれで終わり。

後は自宅に帰ってDVDドライブの取り付けです。DVDドライブのマニュアルを見ながら作業を進めると、ジャンパスイッチの設定値を決めろとあります。ジャンパスイッチ?なんだそれは!先日のDellのサポートセンターのお兄さんはDVDドライブを入れ替えるだけだから簡単簡単!とか言っていたのに・・・(あのお兄さんには簡単なのでしょう)。

仕方ないのでDellのサポート・センターに電話してみました。まずPCに付いているタグ・ナンバーというのを聞かれるのですが、これがとっても小さな光沢のあるシールに印字されていて、PC本体を横にしていることもあって(フタを開けていますので)、読めない!老眼です・・・あぁ。悪戦苦闘しているとサポート・センターの人が「ああ、裏蓋にも付いていますよ」と言うので見てみたらこっちは大きな文字。それを早く言ってほしかった。

ジャンパスイッチについては結局よく分からず(他にIDE機器が何台あるかによってマスタかスレーブかを選ぶようなのですが)、他にIDE機器はないはずだからとりあえず出荷時設定のマスタにして動くかどうか確かめてみましょう、ということになりました。(←いや、本当にこんな内容のやり取りだったか、既によく分からなくなっています。)

で、DVDドライブをPC本体にセットしようとしたら、所定の場所に押し込むことが出来ず、何度もトライしても入らない!汗だくです。ガタガタやっているうちに、他の場所のフタが外れて、これがまたなかなか再セットできなかったりで、かなりの時間をくいました。

結局は、DVDドライブの両脇にレールを取り付けて設置するのですが、このレールの取り付け位置が間違っていたということにやっと気付いたのでした。

ようやくDVDドライブも取り付けられ、PCを起動すると、ちゃんと新しいDVDドライブを認識しました。よかった、よかった。しょうもない客の相手をしてくれたサポート・センターのお兄さん、ありがとう。(とりあえず、電話を切る前に何度もありがとうを繰り返し言っておきました。)

今日はもうこれでおしまいです!
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-17 22:30 | 身辺雑記
疲れてますが、CDコンポは価格重視で目星を付けました。それにしてもセットコンポと言ってもいろいろあるんですね~HDDやメモリー搭載(必要なのだろうか?使ってみれば便利で絶対必要!ってことになるのでしょうか)、USB端子は当然というカンジだし。

それから、今回ipodとか、ああいうものの総称がデジタルオーディオプレーヤーだということを初めて知りました。(最初、デジタルオーディオプレーヤーって何?と思った。)私は電車の中や街中で音楽を聴こうとは思わないので今まで使っていませんでしたが、メンタルクリニックでの待ち時間(←予約制なのですが、結構待たされることあり)に聴けたらいいかも!と考えて、買ってみようかと思っています。

あと、ウチのパソコンのDVD-RWドライブが暫く前から壊れていて(CDを読み込まない)、でも面倒で放置していたのですが、どうやらドライブごとの交換が必要なようで、交換するのは簡単だしドライブはそんなに高くないよということなので、これも買ってきてこの週末に取り替えることに。

あとは乾電池でも買ってくるか~。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-05-16 23:31 | 身辺雑記