60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー

<   2008年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

さて、皆様の寝具は布団でしょうかベッドでしょうか?日本における寝具の布団対ベッドの割合ってどのくらいなんでしょう。

私は基本的にズーッと布団です。やっぱり昼間は押入れにしまってしまえる=昼間はより広い空間を使える、というのは魅力的です。寝室が幾つもあるお家ならベッドも素敵だな~と思うのですが。こういうのとか。あ、少女趣味っぽい(笑)?

e0020882_21501228.jpg


で、世の中にはベッドを使っている人のために「ベッドサイドテーブル」というものが沢山売られています。確かにベッドの横にテーブルがあったら便利ですよね。

しかし、ベッドサイドテーブルはあっても、布団の枕元に置く「布団サイドテーブル」というものは見たことがありません。あったら便利なのに。と言うか、私は「布団サイドテーブル」が欲しいぞ!とずっと思っていました。

なぜ売られていないのか?それは恐らく需要がないから。布団を使う人は、枕元の床(畳)の上に直接モノをボンボン置けるからわざわざテーブルなんて必要ないということなのだろうなぁ~と想像します。

でも私は細々したものをまとめて枕元に置いておきたいんです。仕方ないので、これまでは小さなトレイを使っていました。ここに目覚まし時計、シーリングライトのリモコン(余談ですが、リモコン付きの天井灯が発売されたときは狂喜乱舞でしたよ~だって布団から出ずに明かりを消すって私の「夢」でしたから~ああ、私にもドラえもんがいたのね!ってカンジでした)、外した眼鏡、読みかけの本等々を入れていたのです。

けれどトレイには脚が無い=高さがありません。だからつい蹴っ飛ばしたり踏んづけたりしそうになります(私がガサツなだけか?)。小さくて背の低いテーブルないかなーと常々思っていました。

それが、先日の「IKEAの引き出し底板にゴム製レールがはまらない」件でカスタマー・サービス・カウンターの人が悪戦苦闘している間、店内をブラブラしていた私は机売り場で小さくて背の低いテーブルを見付けたのです!どうやら「机の上置き」みたい。コレなんですが。(撮影場所は私の家です。)

e0020882_22642100.jpg


そうか~机の上置きか~気付かなかった!大きさは2種類あったのですが、小さいほうは幅が60センチ奥行きが30センチ(と言っても半円なので長方形に比べるとグッと表面積は小さい)、脚は11センチでテーブルトップの厚みが2センチなので高さ13センチ。

これはいいのでは?布団サイドテーブルにピッタリでは?これにしようか?そうだ、これにしよう!ということで、プライスタグに書いてある商品の置いてある列と棚をチェック。(おせっかい情報:IKEAでは家具は自分で倉庫から買いたい商品のパッケージを取り出してレジへ持っていきます。ショールームのディスプレイ商品には倉庫の何列何棚にその商品が置いてあるかが書かれたタグが付いているので、客はそれをメモします。)

ところが、タグには「この商品についてはセールス・スタッフにおたずねください」とあります。在庫が少ないのかな?と思いつつスタッフを捉まえて聞いてみると、「ああ、これには脚の取り付け用の穴が開いていないんですよ」とのこと。

つまり、この半円形のテーブルトップは、そもそも机の上置き用ではなく、机のサイドに取り付けて、机上の面積を広げたいときは水平に、面積を小さくしたいときは垂直にする、というエクステンション用テーブルトップだというのです。(だから机の奥行きに合わせて幅も2種類あったわけですね。)
e0020882_22213983.jpg


そしてこれに、全然別の商品(キッチン用の整理棚)用の脚をくっ付けて机の上置きにしてみた―――という言わば「アイデア商品」だったのです。(ちなみに脚の長さも2種類ありました。)

e0020882_2227328.jpg


ですから、エクステンション・テーブル用としての金具取り付け穴はあるけれど、このキッチン商品用の脚を付けるための穴は開いていないということなのでした。

「だからインパクト・ドライバーとかないとネジを取り付けるのはちょっと難しいと思うんですよ」と店員さんが言うので「電動ドライバー持ってます!」と答えましたところ「ああ、だったら大丈夫でしょう~」ということで購入決定。まったく、まだ懲りないのか、IKEAに・・・って感じですね。毒が回ってるのかもしれません。

さて、大騒ぎの末にシェルフが完成した後、この「布団サイドテーブル」を作ってみました。今回は単にネジをねじ込むだけです。ただし私の小さめなバッテリー・ドライバーで本当にねじ込めるか?ちょっと心配だったのですが・・・。

結果、大丈夫でした!何本かは、上から力をかけて押し込んでやらないといけないものがありましたが、概ねすんなりとネジは取り付けられました。脚をどの位置に付けるかは店頭でじっくり見ておきましたし、無事完成です。

早速いろいろと乗せてみました。(あ、ちなみにこのトレイもIKEA(笑)。)

e0020882_2237305.jpg


勿論枕元でも使ってみましたが、えらく使い勝手がいいです。昼間はシェルフの上へ移動させれば邪魔になりません。

e0020882_22384282.jpg


これはよい買い物でした。誰のアイデアなのか分かりませんが(きっと現場で商品扱っている人だとは思いますが)、是非とも勤務評定アップさせてあげてください~。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-30 22:41 | 身辺雑記
続々と発生する不具合。一体いつ完成するのか!?いや、そもそも完成するのか!?と私を疲労困憊させていた収納棚が昨日無事(?)に完成しました!

作った製品の具体的な商品名は、「IKEAの『ベストー収納システム』のシェルフユニットに扉と引き出しを付けたもの」ということになります。

このベストーシェルフユニット(幅120×奥行40×高64センチ)を2台購入し
e0020882_20515221.jpg


1台にはベストートンボ ガラス扉アルミニウム(幅60×高64センチ)を2枚取り付け
e0020882_2054951.jpg


もう1台には右側には前記のベストートンボ ガラス扉アルミニウム(幅60×高64センチ)を、左側にはベストートンボ ガラス扉アルミニウム(幅60×高38センチ)と引き出し(前部幅60×高26センチ)を取り付けました。
e0020882_20563529.jpg

e0020882_2057219.jpg

(引き出しは、「前部」と「本体」が別商品として販売されています。「前部」にもガラス扉だのバーチ材のものだのいろいろと種類がありますので。)
e0020882_20585061.jpg


作成過程のゴタゴタは過去のエントリを参照してもらうことにして、完成品がコレです!2台並べて置いています。(柄が、花柄と言うよりは笹の葉柄みたいなんですけど・・・しかも枯れた笹の葉。)

e0020882_2123351.jpg


こっちは引き出しを付けたほう。

e0020882_2143791.jpg


引き出しと扉を開けたところ。

e0020882_2162816.jpg


こっちは大きな扉を2枚付けたほう。扉を開くとこんな感じ。

e0020882_218936.jpg


まだ内側の棚は取り付けていません。これから何をどんな風に収納するかを考えながら棚を設置していく予定です。

ヒンジや引き出し底板へのゴムレールの取り付けのゴタゴタさえなければ、こういうのを組み立てるのは好きだし面白いんですけれどね~。

ああ、ちなみに取っ手が扉に取り付かなかった件なのですが、試しに取り付けられない取っ手を他の全部のパネルに付けてみたんです。「だめだ、やっぱりだめだ、上手く取り付かない・・・」と思っていたら、何と最後に試したパネルにくっついたではありませんか!一体どういうこと!?他の取っ手についてはどの扉にも取り付けられました。どうやら金具同士の相性があるみたいです。でもこういうものに「相性」って・・・。これってやっぱり金具の精度が低いってことですよね。これでは困ってしまいます。こんな調子では客、逃げるよ~。

最後に、私の相棒を紹介して今日のエントリは終わりにしましょう。

e0020882_21243221.jpg


ボッシュのバッテリードライバー~。
でも手回しのねじ回しも欠かせないんですけどね。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-29 21:34 | 身辺雑記
先日、IKEAで棚(シェルフ)を買い、棚はすぐに組み立てられたけれど、それに取り付けようとした扉(パネル)が上手く取り付かず大混乱に・・・というのは、9月11日、12日、23日に書きました。今日はその続き。

とりあえず今までに得た教訓

教訓1・ガラスのパネル状の扉(IKEA製品には、結構この種の扉を採用している商品が多い)に布を挟むのは難しい。紙類を挟むのがお勧め。
教訓2・部品に混ざっている不良品の割合が多い。


さて、パネルにはカッターでスパーッと真っ直ぐに切った紙(壁紙)を挟み込み、ようやくガラスパネル状の扉そのものは完成。で、それを取替えてもらったヒンジで棚に取り付け。

カチンとヒンジが噛み合います!やっぱり部品が悪かったんじゃん~私が悪かったんじゃないじゃん~力一杯ギュウギュウと押し付けていた数時間(本当に数時間)は何だったの!?

ところが。8組あるヒンジのうち、2組がどうしても噛み合いません。他の6組はスンナリ噛み合った。店頭で取り付けを試させてもらったときも上手出来た。ヒンジの家具への取り付け方が悪いのかと(曲がっているとか)考えて、ヒンジを家具に取り付け直してみたりもしたのですが、ダメ。

・・・やはりこれはヒンジが不良品なのでは・・・。取替えてもらった分を含めて先日持ち帰ったヒンジは、幾組かは実際に店頭展示品を使って噛み合うかどうか試しましたが、幾組かは実際に家具に取り付けることはせず、ヒンジだけの状態で噛み合うことを確認して持ち帰ったものです。もしかしたら、そのうちの幾つかが実際に家具に取り付けた際には上手く噛み合わないのかも・・・けれど、分類して持っていたわけではないので、今となってはどれがどれだかは分かりません。

―――ということで、実は昨夜またIKEAへ出かけてヒンジを2個交換してもらってきました。そして取り付けてみると、ヒンジはスンナリ噛み合いました。

やっぱり部品の不良じゃん!

さて、私はこの棚を2台買って、そのうち1台には大きな扉(パネル)を2枚観音開き状になるように取り付けましたが、もう1台については片方(右側)には大きな扉、左側には一回り高さの低い扉を付けて、余ったスペースには引き出しを取り付けることにしていたのです。

しかしこの扉でまた一騒動。

いや、なんかもう悪い予感はしていたんですけれどね・・・。引き出しは前面、側板、底板、奥の板で構成されていますが、この底板の取り扱いで問題が発生しました。言葉で説明しづらいので商品の組み立て説明書を載せます。

e0020882_22593240.jpg


この行程13番、これは底板の片端にゴム製の細長いレールみたいなもの(図で分かるように断面図はHの形)を取り付けろと指示しているのですが、このゴムの隙間が小さすぎるのがゴムが硬すぎるのか底板が厚すぎるのか底板が脆すぎるのか、これが取り付けられないのです。無理にゴムの隙間に底板を押し込もうとすると、底板(ポロポロのベニヤ)が本当にボロボロと崩れてきて板が破壊されてしまいます。

と言うわけで、IKEAコンタクトセンターへ電話。症状を話すと電話口の担当者は一瞬言葉に詰まっていたようでした。「一番手っ取り早いのは、現物を持って店頭のカスタマーカウンターへお越しいただくことなのですが・・・」と言うので「じゃあ、行きます!」。

再度IKEAへ。カスタマーカウンターの担当の方が作業をやってみてくれたのですが、やっぱり私がやったのと同じように、上手くはまらずベニヤ(底板)がボロボロ崩れてしまいます。「他の品で試してみます」ということで、他の担当の方も手伝って二人がかりで、一人はゴムを押さえ、一人は端からゴムを入れていく・・・ゴム製の大きな金づちで叩いてみたり・・・等々してくれたのですが、なかなか上手くいきません。

「ちょっとお時間がかかります・・・」ということで、私は店内をブラブラして、引き出し作成行程について他にも不明の点があったので、この商品の売り場へ行って幾つか質問したりしていました。電話で質問しようとしたら、「(底板の件で)店頭へいらっしゃるのなら、直接カスタマーカウンターでお聞きください」と言われたのだ。でもカスタマーカウンターの人は個々の商品の細かいことまでは分からないようで、と言うか、私がカスタマーカウンターの人に「電話でカスタマーカウンターで聞いてくださいと言われた」と言ったら「えっ!?」てな表情をしていた。絶対に心の中で「電話サービスのヤツめ!!」と思っていたハズだ。

結局、かなりの時間がかかって、底板&ゴムも私が持っていったのとは別のパッケージから取り出したものを使ってカスタマーカウンターの人が底板にゴムのレールを取り付けてくれた状態のものを受け取りました。カスタマーカウンターの人も「これは・・・かなり力も要りますし、ちょっと難しいですね・・・」と言っていました。これを買った他の人たちはどうしているんだろう!?こんなに作るのが難しくては売り物としてどうなのよ!?と思うけれど、とにかく作業をしてくれた担当の方には感謝感謝です。

で、帰宅後作業再開。売り場で、引き出し用のレールは棚の上から×番目の穴に取り付けてくださいねと言われたのですが・・・売り場のお兄さん、ソレ間違ってましたよ。もう一つ上の穴を使って取り付けるのが正解でした。

しかし私もまた間違いを犯しておりまして・・・。引き出しは、棚の一番下に取り付ける場合と、それ以外の場所(一番上とか真ん中とか)に取り付ける場合では引き出しの箱部分を引き出しの前部に付ける位置が違ってくるんですよ。で、それは付属部品のスケールを使って「一番下の場合はココ」「それ以外の場合はココ」というふうに位置を割り出して引き出し(箱)部分を取り付けるのですが・・・私の場合一番上に引き出しを付けるのにも関わらず一番下に付ける場合の箇所に箱部分を付けてました。

いや、場所を割り出すときに「こっちでいいのかな~?」という不安はあったんです。というのも、解説書の図が非常に分かり難くて・・・。でも私の解釈でこっちだと思ったほうにしたのですが、それが間違っていたわけです。

間違いは引き出しを棚に入れ込む際に気付きましたので、引き出しそのものは既に完成しています。そして箱部分を引き出し前部に付けるのは行程の結構最初の方。途中、ネジではなくてトンカチで金具を打ち付けちゃう行程もありましたので、順々に戻るわけにもいきません。

暫く考えましたが・・・上手いことリカバリーする方法を見付けまして、直すことが出来ました。ああ、よかった。

出来た引き出しを棚に入れ込みますと、
扉付きの棚、一応の完成です!

まさかこんな大苦戦になるとは思ってもみませんでした!本当に大変でした・・・。いや、それでも、こういう作業は好きなんですけどね・・・。

教訓3・IKEAの組み立て説明図はとにかく分かりづらい。

IKEAの組み立て説明書には基本的に文字がありません。図のみです。図のみであれば、どこの国へ向けて出荷するときにも同じ説明書を添付すればOKです。沢山の国で事業展開するIKEAとしては各国の言葉に合わせて解説書など作ることに比べて大幅にコストカットできる―――という素晴らしいアイデアだとビジネス・スクールで習いました。

しかし、私はやはり言葉と言うのは偉大だと思うのです。図があんまり上手くない、もっと分かりやすい図にするという改善の余地有り、ではあるかもしれませんが、やっぱり図だけでは分からないことが多いです。

組み立てに関する質問があればIKEAまでお電話ください、となっているので電話かけましたよ。一体何度かけたか!電話かけまくり。しかもしばしば「電話が大変混みあっています」だの「オペレーターによる電話受付は終了しました」だの(IKEA店舗は夜9時まで営業していますが、電話受付は正確に何時かはわからないのですが9時よりはかなり早い時間に終わってしまうようです)、電話がスムースに繋がらないことも多い。

とりあえず、IKEAでは単純な組み立ての商品以外、少なくともヒンジ使ったり引き出し作ったりだのするものはお勧めできませんねー。それから材質もあんまりよくないです。使われている板の断面を見るとボロボロ&パサパサ。廃物利用なのかな?ある意味エコなのかもしれませんが・・・。

さて、じゃあ出来上がった棚の写真でもアップ!といきたいところですが、実はまだ問題が。それは「取っ手」。引き出しの取っ手は簡単に付いたのですが、パネルへの取っ手が上手く付かない。引き出しに付けた取っ手と同じモノなのですが・・・なぜっ!?

これは明日またIKEAへ行くことになるかもしれません・・・(>_<。。。。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-27 23:54 | 身辺雑記
本日、予定外の2度目の更新。

これ、比較的最近起こった(起こした)恥ずかしい話で、あんまり恥ずかしいので黙っていよーと書かなかったのですが、愛読ブログの一つにこのことに関連するエントリがあって、それにコメントしましたので、書いたものは使いまわす主義の私としては、もしかして他の人の役に立つこともあるかもしれないし~ということもあって、自分のブログにも載せることにしました。

そのブログには「突然「あなたのコンピューターはウイルスに汚染されています。直ちに無料のワクチンソフトをインストールしてください」という意味の英文の警告が現れギクリとさせられることがある。以前、ひっかかりそうになったことがあるが、そうなる前にこれはおかしいと気が付いた。」という旨のことが書かれていたのですが・・・。

以下はそのブログへの私のコメントを若干手直しして引用。

実はつい最近やられました!まさに、

>突然「あなたのコンピューターはウイルスに汚染されています。直ちにワクチンソフトをインストールしてください」という意味の英文の警告が現れる

で、具体的に何々というプログラムがインストールされている等いろいろと言ってきて、最新のウィルスバスター購入を勧めるのです。私はマカフィーを入れているのですが、それで防ぎきれなかったのか!?と思ってしまい、何と言うか「咄嗟」に「隙」をつかれたと言うか、ウィルスバスター買ってしまったんですよ!

確かにウィルスバスターは暫くPC上にあったのですが、そのうち無くなりました。冷静になってみれば、とにかく「何か変!」ということで調べると、この手法では有名なサイトであることが判明。

クレジットカードの会社へ連絡しクレジットカード番号は即変更。それからこういったことを取り扱う係へ取り次いでもらい事情を話すと、数日で返答があって「悪質サイトと思われますのでクレーム申告書を出しましょう」ということに。「あんたは金だけ請求してサービスを提供してない」という意味の文章にサインをしてクレジットカード会社を通じて送ってもらいました。相手側には2ヶ月間の反論期間があるとのことでしたが、程なく取られたお金は戻ってきました。

現在、特に怪しいプログラムが入り込んでいる様子もないようですし、今のところおかしな所からの請求もなく、ホッとしていたところです。いつでも冷静でいなくてはいけないわけですが、落とし穴ってあるものですね。

ちなみに、私の場合は英語のサイトを頻繁に見るようになってから怪しいことに遭うことが多くなったように感じるのですが、実際のところはどうなのでしょう。別に怪しげなサイトを閲覧しているわけではないのですが・・・。日本語でも同じような手口を使うサイトがあるのですね。悪質なものというのは本当に雑草のようだ・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-25 23:39 | 社会一般

あぁ、無難

一昨日新宿のテシードで注文した壁紙が届きました。お店では「今日は祝日で発注できないのですが、明日の朝すぐに発注しますから、明後日か明々後日には届くと思いますよ」と言われたのですが、本当に今日届きました。早い!やっぱり日本に在庫がある品にしてよかった。(海外から取り寄せだと2~3週間はかかるうえに、品によっては取り寄せ料が加算されることもあるそうです。)

届いた品はコレ↓なんですけれどね。広げて棚の前に当ててみます。

e0020882_21224244.jpg


わっ!地味っ!無難過ぎる!

散々迷ったこっち↓にすればよかった!!―――と後悔しても後の祭り。

e0020882_2123481.jpg


このシェルフを置く部屋(畳の部屋)には、茶色系の家具と薄いベージュ形の家具か混在しています。茶色系のものは、引っ越してきた当初(11年前)に買ったロッカータンス&引き出しタンスのペアなのですが、これも茶色系と薄いベージュ系と2種類あって、かなり迷ったけれど「茶色の方が汚れが目立たないかな・・・」と茶色を選択。しかし、家具が部屋に設置されたその日から「白っぽい方にするのだったー!」と後悔。

その後、着物用にと買ったタンスが薄い白っぽいベージュで、茶色のタンス2つとクッキリと違う色でアンバランス。更にウサギ用に買った無印のシェルフの棚も白っぽいベージュで・・・ちぐはぐ。

今回買ったシェルフは、着物タンスやウサギ用シェルフよりはもうちょっと濃いけれどベージュ。茶色のタンス2つと向き合わせに設置するのですが、ここに茶色っぽいパネルを持ってくれば、結構バランス取れたかもしれないのに・・・。

そもそも、買わなかった色の方がオシャレだとは思ったんですよ。濃い目の茶色地にベージュ系の葉っぱ。そして花は赤。一方、私が買ったほうは全てがベージュ系。前者だとちょっと主張が強すぎるか・・・?このパネルばっかり悪目立ちしやしないか?

と思って、ベージュのみの方を選んだ私。つまり自ら好んで無難を選んだわけですよ。あああ、私ってしょうもない・・・。そもそも「パネルに自分の好みの布や写真を入れて個性を出せます」という宣伝文句に惹かれて割高なこの透明ガラスの扉を選んだハズなのに、肝心の「中に挟むもの」に無個性なものを選ぶとは・・・。

それから、自分には視覚的にものを想像する力が足りない、ということも関係しているように思います。

しかしもうどうしようもありません。これを使います。もし1年経ってもどうしても納得がいかなければ、そのときは新しいものと取り替えることにしましょう・・・。そのうち気に入る、もしくは、気にならなくなるかもしれないし。

と言うわけで、週末はヒンジ取り付け。今度こそ上手くいってくれよ!
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-25 21:41 | 身辺雑記
新宿の「リビングデザインセンターOZONE」という所へ行ってきました。ま、「オシャレな住まい造りのためのショールームその他が集まっている所」です。ザ・コンランショップ新宿本店もここにあります。新宿は・・・半年ぶり。コンランショップは・・・10年ぶりくらいか?

今回なぜわざわざこんな所へ出向いたかと言うと、話がちょっと長くなるんですが・・・。

先日、IKEAで棚(シェルフ)を買って、それに扉を取り付けようと扉も買ったら付属のヒンジが不良品続出で、IKEAのサポートセンターに何度も電話した挙句、結局は店舗へ行って全部のヒンジをチェックして不良品を交換してもらったことは書きました。

その扉というのがコレなんですが、ガラス製でガラスとパネル(扉の裏側からあてがう板)の間に写真や布を挟んで飾ることが出来るのです。言わば、写真やポスターのフレームがそのまま扉になったみたいな感じで。

で、私は布を挟もうと思って、布の上にパネルを置きチャコペンで輪郭を書いて切り取ったのですが・・・裁ちバサミが切れない!全然真っ直ぐ切れない!しまった、研いでおいてもらうのだったー!と思ったけれど、まぁちょっと大きめに切っておけばいいかということで切ってしまいました。

そうして、ガラス扉(フレーム)の上に布を置きパネルを更にその上に乗せたところ・・・ガラスとパネルをはめられないのです。布に厚みがあったせいもあってか、布がパネルとピッタリと同じ大きさでないと、ガラスとパネルを結合させる部品が取り付けられないのです。

中途半端に切ってしまったものを正確に切り直すのは難しいし、実際にパネルに入れて部屋に置いてみたら布の柄が思ったよりも部屋に合っていないし・・・ということで、私は再度違う布をIKEAで購入しました。薄めの布で値段も安いやつ。

さらに、洋裁店で裁ちバサミを購入!私が持っていた裁ちバサミは小さくていかにも間に合わせっぽいものだったので、これを機会にちゃんとしたのを買いました。資金は、今回の部屋の整理で出てきた商品券!(クレジットカードのポイントを貯めてもらったもの。他にも図書カードとか図書券が結構出てきた。←だらしないヤツ・・・。)

そして今度は慎重にピッタリと布を切って、扉のガラスとパネルの間に挟んだところ・・・布を切りすぎていてパネルの地が見えているところがある!

ううう、どうして・・・!?パネルを使っての輪郭書きがいい加減だったのか?もしかしたら布を切った後にアイロンをかけてしまったのがいけなかったのかもしれません。布って伸縮しますから・・・。でも皺があったのだから、どうしてもアイロンかけたかったし・・・。

で、どうしよう~と考えたわけです。もう一度布を買って挑戦する!?

いやはや、布を真っ直ぐ切って挟むだけというのがこんなに難しいとは思ってもみませんでした。もう布は懲りました。代わりに、紙にしよう!と思ったのです。

でも紙って・・・オシャレなラッピング・ペーパーとかって売っているのかなぁ?家具に使いたいようなラッピング・ペーパーなんて見たことあったっけ・・・?それもそれなりの大きさのものが必要だし・・・。

そこで思い至ったのが壁紙です。ヨーロッパの家とかって、たいて部屋には可愛い(ときにはダサい)壁紙が貼ってあるじゃない!?そう言えば、英国の英語学校で先生に「子供の頃の部屋にはどんな壁紙が貼ってあった?」と聞かれて「壁紙なんて貼ってなかった。ただの白い壁だった。」と答えたら、先生や日本人以外の生徒達はちょっと引いていたっけ・・・刑務所みたいな部屋を連想されてしまっていたのかもしれない。

じゃあ、ということで早速ネットで検索するも、PC用の壁紙のサイトばっかり出てきてイライラ。それでも幾つかのサイトがヒット。オシャレな輸入壁紙がありました。でも殆どのものは幅53センチ。基本的に素人にも扱いやすいようにそういう規格なのだそうです。しかし私の扉には幅58センチ必要なので、頑張って幅が広めのものを探しました。あんまりない~。

そんな中で、幅も58センチ以上あって、気に入った柄で、お店が行くことの出来る範囲内で、という条件に合ったのがリビングデザインセンターOZONEにあるテシードというお店だけだったのです。やっぱり実物を見てから決めたいし、ちょうど祝日だし、それで新宿くんだりまで出かけたと言うわけです。

お店には壁紙の見本の本がもうギッシリ!この中から選んでいたら一日中かかっても決められないかも~という感じでしたが、私はインターネットに載っていた幅58センチ以上の数種に絞って、それしか見ませんでした。結局、同じ柄の色違いで、どれにしようかかなり迷ったのですが、コレ(NX3197)にしました。国内に在庫があるはずなので数日中に届く予定ですが、もし品切れの場合はNX3196でと頼みました。これとどちらにするかすごく迷ったんですよ~。NX3199もかなりよかった。(ネット上で見るのと実際に見るのとではやっぱり印象は結構違いますね。)

このお店には、直接個人が買いに来ることはあんまりないそうで(大抵業者さんを通すらしい)、必要な分量も少なかったからか、「あの、スタイリストさんですか?」と聞かれました。まあ、スタイリストさんなんて言われたのは初めてだわ!スタイリストと言えば、よく女性誌なんかに「オシャレのアドバイスをする」みたいな立場で登場しているじゃないですか~私もそういう人に見えたのかしら!?(いや、スタイリストさんたちは実際にはひっつめ髪にラフな格好で化粧も流れて汗だくで働いていて、自分もそういう人の一人に見られたのかもしれませんが。)

とりあえず壁紙を買ってしまえば用は終わりなのですが、せっかくなので周囲の家具のショールームも覗いてみました。

いやー、素敵。洒脱。格好いい。そして価格が高い。お金持ちというのはこういう高価なモノに囲まれて日々を送っているのか・・・なんて思ってしまったIKEA価格に慣れてしまっている自分・・・だって文字通りに桁違いの世界なんですから。でもたまにはこういうオシャレで上質なモノを見ておくことも有意義なのではないでしょうか。

さらに、やっぱりコンランショップも覗いてきました。何と言っても、コンラン卿のでっかい本は3冊持ってるし、コンラン・オクトパスから出ている本も2冊持ってるし(←このうちの1冊が私のインテリア観に与えた影響はかなりなものだった)。

ここもやはり、家具も雑貨もIKEAとまさに桁違い。そしてやっぱり上質でオシャレ。電気ポットまでいちいち美しい(これは必ずしも桁違いではなかった。そうだ、ダイソンの掃除機も置いてあった。)IKEAのモノばかり見ていないで、こういう所のモノも見ておかないとなぁ~。でもやっぱり高いよなぁ~。何にも買えないや・・・

と思っていたハズの私の箍を外すモノが突如目の前に出現!コレです~ウサギのステッカー。私が買ったのはグレーでピンクは売っていませんでした。実は、昨夜壁紙を探していたときにもあるサイトで同じものを見ていたんですよ。このページの一番下にあるのですが、見てください、この値段!「こんなもんに、こんな金、出せっかよー!まあ、どうせ売り切れだけど。」と思っていたのですが、実物を見たら・・・値段はこのサイトと同じ税込み5775円(送料はかかりませんが)。ネットの画面だと分かり難いのですが、かなり大きいです。

私の部屋には白いプラスチックにグレーのアルミの縁が付いたパーテーション(ネットのオフィス用家具店で買った)があって(今もこのパーテーションの中に囲まれたエリアでPC使ってます)、「これ真っ白だけれど、何かいい装飾方法はないのかなぁ?」と思って早8年。これは・・・このウサギ、買うしかないでしょう!

e0020882_20595933.jpg


・・・で、買っちゃいました。↑机の上に置いて写真を撮ってみました。大きさの見当が付くようにIKEA・FAMILY・CARD(一般のクレジットカードと同じ大きさ)を一緒に写し込んでみました。

一個買うと、「もう一個くらい・・・」となるのは世の常、ではなくて単に私の常?ペン立ても買っちゃいました。寝室(昼間は布団がないから寝室じゃないけど)にもペン立てが欲しいなーと思って、先日MUJIでアクリルのポットを買ったんです。実は10年以上前から、これと同じアクリルのポット3個を机周りで使っていて、今も同じの売ってるのかな~と思って売り場を見てみたら同じのがありましたので「おぉ、珍しい!」と買ってきたのです(何だかんだ言って、MUJIも結構モデルチェンジが多いと思いませんか?)。

ところが、これがDVDプレーヤーとCDプレーヤーのリモコン立てにピッタリなことに気付いたのです。リモコン立て、もしくはリモコン立てとして使えるものをずっと探していたのですが、まさに灯台下暗し。新しいアクリルポットは早速リモコン立てになってしまいました。

寝室用にもう一個買わなきゃ、でも無印週間になってからね。と買わずにいたのですが、えーと、こんなペン立てを買ってしまいました。

e0020882_2191650.jpg


本当は素敵な万年筆かなんか立てるべきなんでしょうが、持っていないのでMUJIの100円もしない安ペンです。このペン立ては税込み1890円もしました。私にとっては生涯最高の値段のペン立てです。どうやら「デザイナーもの」らしく、パッケージにはオジサンの写真が付いています。

e0020882_21114146.jpg


ネットで調べてみると、『Knud Holscher氏は1930年生まれのデンマーク人』とのこと。公共物のデザインなんかが得意らしい。

まあ、私のペン立てはかなり「セコイ」部類に入るでしょうが、今日コンラン・ショップを見てつくづく思ったのは、有名デザイナーがデザインしたものというのは本当に価格がグンと上がるんだなーということ。ドアノブだのタオル引っ掛ける出っ張りだの、そんなものまで凄く高い値がして・・・。それだけの価値があるんだ!というのも一つの価値観に過ぎない―――なんてのは、IKEAのターゲット層になるような階層にいる自分の僻みでしょうか。

そんなこと言いながら、もう一品買ってしましました。それは白いマグカップ。bodumというのもブランドのようですが・・・ブランドのステイタスに関してはKnud Holscher氏と同じく私は知りません。

e0020882_21262820.jpg


白い大きなマグカップも欲しかったんです。と言うのは、私のお気に入りのコースター(マッキントッシュ・ローズが印刷されている。2個しか持っていない。なんでもっと買わなかったんだろう!?)には、どうやら無地のカップしか似合わないようなんですよ・・・。それに食器類シンプル化計画も頭の中ではそろそろ始動しているし。2個は要らなかったのですが2個組み。2個で2625円。ボーンチャイナで軽くていい感じです。

e0020882_2126425.jpg


あとはただただ、もう店の中を歩いて回って、IKEAとの違いをいちいち確認(笑)。置いてある商品の種類は結構被っているんですよね。

で、だいたい見終わったところでちょうどお昼。ザ・コンランショップカフェでお昼食べてきました。昼時なのに、なんだか空いているんですよ。と言うか、コンランショップも含めてリビングデザインセンターOZONE全体が結構空いていました。休日なのに。

もしかして美味しいかもしれない・・・いや、でも・・・と迷いつつブロッコリーのキッシュを頼んだのですが(日本のキッシュは薄くて小さくて美味しくないことが多い)、大きくて厚くて熱々の美味しいキッシュにそれなりの量のグリーンサラダが付いてきて、非常に満足。デザートに本日のタルト「巨砲のタルト」というのを頼み(これも美味しかった)、カフェオレを飲んで1500円ちょっとくらいだったかな?カフェは桁違いでなくてよかった!(ちなみにIKEAで食事しようとしたらもっと高くつくかも。しかも不味い。)

と言うわけで、今日は久々の「目の保養デー」でした♪
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-23 21:37 | 身辺雑記

姿見の組み立て

今日は玄関に置く姿見を組み立てました。これも数年間、違うのに取り替えたいと思っていたものです。玄関で靴を履いた状態で楽に全身を映せるのが欲しかったんです。今までのものは靴を映すと頭が切れて、頭を映すと足元が切れてで・・・。いちいち姿見の位置も動かさないといけなかったし(キャスター付でしたが)。鏡を傾けた状態にしておかないといけないのも嫌な点でした。

でも今回買ったのは楽に全身が映ります(ただし背の高い人だとダメかも)。姿見本体を動かす必要もなし。ただ・・・全体的に何だか安っぽい。事実安かったんですが・・・。似たような品で値段が倍するものもあったのですが、重量もあるし、軽くて安いほうでいいだろうと思ってこっちを買いましたが・・・。やっぱり「いいもの」を選ぶべきだったのかなぁ。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-21 23:52 | 身辺雑記

タイミング悪い・・・

私はMUJIカード会員(クレディセゾン)なのですが、今日届いた利用明細書の封筒に「無印良品週間 10月3日~14日、MUJIカード利用で全品10%OFF」とありました。

あの、私は今月部屋の模様替え&片付け&大整理に並行して、無印でかなり沢山買い物してしまったのですが・・・。こんなに無印で買い物する月はそうそうないぞ、ってくらいに。それも、何年も欲しいな~と思っていた、ちょっと値の張るものなんかも含まれてたりして・・・。

どうしてMUJIはもうちょっと早くこのお知らせをよこさなかったんだ!
と言うか、どうして自分はもうちょっと買い物を遅らせられなかったのか!?

あぁ、悔しい・・・悔しい・・・悔しい・・・。

今週は他にも、先週服を買ったばかりのお店(やっぱりメンバーズカードを持っている)から、今週末から10%ポイントバックキャンペーン開始!というメールが届いたんですよね・・・。

本当にタイミングが悪い。日頃の行いが悪いせいか!?
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-21 00:16 | 身辺雑記

疲れて・・・

アイスクリーム・スタンドでちょっと濃厚なアイスクリームを2種類食べてしまいました。美味しかった~!!
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-19 00:47 | 身辺雑記
基本的に「可愛いもの」は買わない自分が、今回はついつい「可愛いもの」を買ってしまいました。

それが「鳥模様の毛布」。私が使っている毛布(今は暑いのでまだ使ってませんが)、大学に入ったときに持参した(だから22年前!)ペラペラのアクリル毛布で「いくらなんでもこれは新しいの買ってもいいだろう・・・」とずっと思っていたのですが、放ったらかしになっていました。

買ったのはコレです~。10年ぶりくらいに手にした千趣会のカタログに載っていたんです。(でも注文はネットで。時代が変わりましたねー。)

e0020882_23212893.jpg


片面は緑の地に白い鳥、反対側は白い地に緑の鳥。カタログで見たとたんに欲しくなって、でもちょっと高いかな~?(4490円・高くない?)とか、綿の毛布ってどうなんだろうとか(綿80パーセント・ポリエステル20パーセント)1週間くらい迷っていたのですが、結局購入。

今日届いたのですが、まーカタログから想像していたとおりに可愛い!私の身の回りのファブリック類は基本的に緑が多いので、もう理想的です!しかもフワフワしてさわり心地もいい・・・。あとはどのくらい洗濯に耐えるのか?耐久性だけですね。

思わぬときに思わぬところでいいものが見付かるもんだと思いました。
[PR]
by kiriharakiri | 2008-09-16 23:29 | 身辺雑記