60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー

<   2009年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

天気予報から「スギ花粉飛散量情報」がなくなり「紫外線の強さ情報」になっていた。例年、スギ花粉はゴールデンウィーク頃には終わり・・・ということになっており、今年もスギ花粉の飛散は終息、ということらしい。

でも、私は相変わらず「朝起きたら、相変わらず鼻が詰まってた~」で、家の中ではティッシュの箱を携帯しつつ動いている状態。目も痒い。だいたい、この症状が急激に悪化したのが半月ほど前だし、多分スギ以外の何かに反応しているんだと思う。

以前、5種類くらいの代表的なアレルギー源に反応するかのテストをしたことがあって、項目が何だったか殆ど覚えていないのだけれど、確かスギ以外はシロだった。その後、体質悪化で反応するようになったのか、テストしたもの以外の何かに反応しているのか・・・。

しかも(唐突に話題変るけど)今日は「昭和の日」だって。何だよ、「昭和の日」って。馬鹿にしてるのか。一度作り上げられた体制(この場合は「ゴールデン・ウィーク」)は崩せないらしい。私はゴールデン・ウィークとか盆暮れじゃなくて「日本にもバカンスを!」派なので、ますます面白くない。耳鼻科も休みだしさぁ。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-29 09:32 | 身辺雑記

お酒は怖いねぇ

今日のビックリニュースはやっぱり「草なぎ剛クン逮捕」でしょう。

最初、「なんとか猥褻罪」ってんで「ええっ!?まさか痴漢でもしたのか!?」と思ったら「公然わいせつ罪」でした。東京都港区の檜町公園で真夜中に泥酔し全裸になって騒いでいて、近所の住民からの「酔っ払いが騒いでいる」という通報で駆けつけた警視庁赤坂署の署員に職務質問されたが暴れたために逮捕されたというもの。(ちなみに檜町公園って私が高校生のときに時々行っていた公園なんですよ~懐かしいなぁ。近辺とかすっかり様変わりしているはず。今、どんななんだろう。)

なんつーか・・・それだけのことで逮捕?と言ってはいつもはお酒にキビシイことを言う私らしくないかしら。でも、全裸で騒いで「逮捕」って、署員が「こいつ、草なぎ剛だ!」と気付いたからかなぁ、とか思ったりして。無名人なら逮捕されなかったかも、とか。

あと、これだけ大騒ぎされるのは勿論彼がテレビやら映画やらにガンガン出ている超人気&有名アイドル・グループSMAPの草なぎ剛だからでしょ。民間人ならニュースにならないちょっとした悪事でもニュースとして流されちゃう公務員である自分とちょっとばかし(ホントにちょっとだけど)重なってさ・・・。

まあね、夜中に騒がれたら近所の人が大迷惑なのは分かります。私の住む団地でも敷地内とかすぐ横の道路とかで夜中にキーキー大騒ぎしたり車のエンジンをブルンブルンふかしたり、クラクションを馬鹿みたいに鳴らしたりする若者が時々(特にこれからの季節には)いるけれど、私なぞ本気で彼らの将来の不幸を願ったりしちゃうものね・・・。

超人気(それも長期間に渡って)の芸能人で、仕事は一杯あって、その仕事はやりがいだってありそうな気がするし、名声を手にして、収入だって結構なものだろうし、私なんか「羨ましい~」とか思っちゃうけど、でもストレスはそれなりに溜まるんだろうね。これまでもそういったストレスをお酒で晴らしていたのかなぁ。大麻とかで晴らすより全然マシだと思うけど(とりあえず酒は違法じゃないし)、お酒も行き過ぎちゃうとね・・・。

とにかくすっかり大騒ぎになってしまったけれど(多分テレビとかも今日はこの話題がすごかったんだろうなー今日はテレビを全然見ていないので知らないのだが)、これから草なぎクンはどうなるのかしら・・・?本人の意向は分からないけれど芸能界辞めちゃったりするのかしら?なんかちょっと可哀想な気がするのです。それとも、ある程度時間が経ったら何事もなかったのかのように復帰するのか?(芸能界にはよくあるじゃない、そういうケース、特に人気者の場合は。ビートたけしとかさ。)

いずれにせよ、断酒会かAAに入って出直せや、草なぎクン。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-23 22:31 | 社会一般
昨日の夕方から友人がウチへ遊びに来ることになっていたのですが、いつものようにいつもの如く時間の読みが甘く、友人が最寄り駅へ着いてもまだ掃除が終わっておらず、近くの本屋さんで少し待ってもらってから(スマン・・・)私が本屋へ出向き、一緒にスーパーへ寄って食べるものを買って帰りました。

それにしても久々に掃除機をかけたのですが、すごい埃!よくこんな部屋に住んでいたな~と、これもまたいつものようにいつもの如く思ったのでした。掃除機の中(中身が見える)、すごかったもの!掃除の途中で何回も捨てました。とにかく誰かが訪ねてくれないとなかなか真面目に掃除をしないのがいけないのは分かっているのですが・・・。リアルの知人・友人でお近くの方、もっと遊びに来てくださいー。

とりあえず昨夜は私が通販で買った梅酒3本、それから新潟の酒蔵で買った純米酒に先週の伏見の天引を飲むのがメインの目的。梅酒のうち一本は㈱八海山製造の「八海さんの原酒で仕込んだうめ酒・甘さ控えめ」というやつで、これは絶対に美味しいに違いないとふんだ私は一升瓶で買ったのですが、本当にあんまり甘くなくて美味しいんですよ~。友人は(私と違って)そもそも甘いものはあんまり好きじゃないし、この梅酒は絶対に気に入ってもらえる!と思ったのですが、やっぱりその通りに気に入ってくれました~。梅酒は日本酒を使ったものが美味しいですねー。

それから日本酒。「天引」、大いに気に入ってもらえたようです。ヤバイ美味しさだ!との感想をもらいました。本当にいくらでも飲めるヤバイ酒だと思います。あ~、やっぱり2本、いや、3本買ってきてもよかったかも!絶対に通販で買います!!一升瓶売ってたら、絶対に一升瓶買います。もう一方の新潟の酒も雄美味しかったです。友人は「新潟っぽい酒だね」と言っていました。そうか、その辺は私には(詳しくないから)よく分からないんだけれど・・・。

それにしても、ああ、とうとう一升瓶を抱えるようになった私・・・。アルコールのせいで早死にした大酒のみだった伯父を思い出します。伯父の弟にあたる叔父はアルコール依存になったし、父も若い頃はハッキリ言ってヤバかったし、私は絶対にアルコール依存になりがちな酒飲み家系の血を引き継いでいる、との認識があるのでいつも自戒しているのですが、「八海山の梅酒」と「天引」は命取りになりかねない美味しさです。気をつけないと!

で、結局今日の朝は、二日酔いではないけれど(そんなに飲んだわけではない)、どう考えても酒のせいでかなり寝坊してしまいました。朝、リカちゃん(パンジーのこと)に水をやるつもりだったのに、すっかりお昼になってしまいました。ゴメン、リカちゃん。リカちゃんはこのところずっと沢山の花を付けていてとても綺麗です。色とりどりというのが華やかでいいんですよね~。

夕方からはスノーケリング教室に行きました。上手に泳げない原因の一つは腹筋が弱い・・・というか、無いからだと気付きました。頑張って筋トレしないとなー。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-20 00:45 | 身辺雑記

花粉症の症状緩和

先週から花粉症の症状が一段階悪化。一日中鼻がつまって鼻をかんでばかり、クシャミは盛大に何度もでるし、夜もよく眠れなかったりで辛かった―――ので、まだ薬は残っていたのですが火曜日に耳鼻科へ行き、今までより更に強めの薬を処方してもらいました。けれどクシャミ・鼻づまりの症状はあまり好転せず・・・。

と思っていたら、今日になって症状が大分和らぎました。まあ、少しは目もヒリヒリするし鼻も出て鼻声なのですが、鼻づまりは解消しました。よかった・・・。薬のおかげか、それとも花粉の飛散量がそろそろ減少してきたからかは分かりませんが。でも今日は天気もよかったし、多分まだまだ花粉は飛んでいると思うので薬のおかげかな?

今夜はようやく気持ちよく眠れそうです。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-16 22:40 | 身辺雑記

長浜&伏見

投稿が遅れましたが、先週末は滋賀県は長浜と京都府伏見に行ってきました。

e0020882_21164578.jpg

長浜は二度目。写真は長浜駅前にある「秀吉と光成出会いの像」。長浜城周辺及びそれに続く琵琶湖湖岸は桜満開で綺麗でした!でも近くに寄ってゆっくり見る時間がなかったので写真はありません。あしからず。

長浜では「未来の作家の会」の会合だったのですが(でも相変わらず私は作家になる気はない)、一応小説ではなくエッセイを書いて持ち寄る・・・ことになっていたのに、エッセイを持って行くの忘れました。何のために長浜へ行ったのでしょう。・・・遊ぶためですね(^◇^;)。


e0020882_21181242.jpg

長浜の商店街では店先を獅子舞が順繰りに回っていました。商売繁盛祈願でしょうねー。お囃子がピーヒョロと賑やかでした。


e0020882_21194763.jpg

さてさて、今回も焼き物に挑戦です。前回作った分が仕上がっていました。写真は私の作品3点です。よく見ると、結構いびつなのでよく見ないで使うことにします。今回の作品はどんなふうに仕上がるかな・・・?


あとは長浜では地ビールを何種類も飲み(とても美味しい!)、カラオケに行き、泊まったホテル(温泉付きのリゾートホテルが「壁面工事中で外の見えない部屋格安プラン」というのをやっていたので、それに泊まった)では露天風呂を楽しみました。なんでも長浜の湯は秀吉に子宝をもたらした湯だということですが、さて霊験やいかに?(いや、自分に子供出来ることはあり得ないんですが。)

次の日は京都伏見へ。伏見の新高瀬川沿いの松本酒造さんというところが「菜の花ライブ」というのを開催していて、その演奏者のトリに小林万里子さんが出るということで行ってみました。ライブ会場土手はこんな感じ↓。菜の花が一面に咲いてとっても綺麗~。(写真の演奏者は万里子さんではありません。)ところが、この「菜の花ライブ」。これまでは何と菜の花が咲いていなかったそうで、無理矢理どっかから持ってきた菜の花がちょこっと飾ってあっただけらしいです。手前に見えているテントは関係者の「詰め所」。奥に見えるテント群が屋台のテントです。

e0020882_21335670.jpg


300円で伏見の地酒飲み放題!ということで、6種類くらいあったのですが、みんな飲んでみました。でも、この松本酒造さんの「自然流・天引」(じねんりゅう・あまびき)が一番美味しかった!何回もお代わりして(だってお猪口って小さいんですもの!いちいち貰いにいくのが面倒でした)しこたま飲んで、お土産に1本買ってきました。後でもう1本買えばよかったと後悔・・・。ネットで調べたらネット通販で扱っている店があったので、きっとそのうち注文するでしょう。試してみたい方は是非検索して注文してみてください。↓こちらが土手っぷちの松本酒造さんの建物です。天引はお米から自分達で作っているそうです。今度、田植えイベントもあるそうですよ。

e0020882_21442986.jpg


それにしても、この日はカンカン照りで夏のように暑かったです。手の甲が日焼けして真っ黒になっているのに後で気付きました。顔は・・・一応帽子を被っていましたが・・・よく見ていません。(怖すぎ。)

さて、いよいよ万里子さんとワシオさんが登場!幸いにもこの頃には日差しも大分弱まっていました。観客の中から「万里子さーん!」と掛け声がかかります。(なんかワコールの人たちが集団で来ていたらしいです。ちなみに万里子さんが喋った話によると、万里子さんは以前ワコールの通販で買い物したときに支払いが遅れた(踏み倒しではない)ら、以後注文を受け付けてもらえなくなった、カタログも送ってもらえなくなったそうです。ワコールで通販される方はご注意を!)

e0020882_2144233.jpg


「天引」のことを織り込んだ歌を3曲も歌っておられました。さらに早速の紀香と陣内の離婚ネタも可笑しかったです。個人的には「ジョンとヨーコに捧げるイマジン」がよかったですねー。私、ジョン・レノン好きではありますが、でも万里子さんが歌ったような皮肉っぽい見解も持っているもので・・・。

酒蔵をバックにいい感じです。万里子さんのコメントによると、この酒蔵も最近塗り直したらしいです。もしかしてライブで映えるようにでしょうか!?

e0020882_21495299.jpg


万里子さんたちが演奏する前で勝手に踊る人々。お一人はそれなりに年配の方ですね・・・。

e0020882_21512029.jpg


アンコールは『変態』(『ローハイド』主題歌の替え歌。あのメロディーに載せて「変態、変態、変態♪」と歌う)。前回初めて西成の立ち飲み屋で万里子さんのライブに行ったとき、この歌のときに本当にズボンを下ろしてお尻を出して万里子さんに鞭(ベルト?)でお尻を叩かれた男性がいたので、今回もお尻を出す人がいるのではとヒヤヒヤしながら見てましたが(笑)、幸い皆さんズボンを下ろすことはありませんでした。

そんなこんなで「菜の花ライブ」は終了~。

その後は、伏見の名水の一つに隣接する鳥料理の店(と言うか、店内にも名水を飲める場所があった)で、焼き鳥とミニ鳥鍋と日本酒で夕食。ウサには商店街で見付けた「土鈴の鯉のぼり」をお土産に買い、京都を後にしたのでした。

旅行って楽しいですね~!(お金さえかからなければもっと楽しいのに。)
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-15 22:05 | 身辺雑記

久々の労作

e0020882_083543.jpg
久々の労作が完成しました。コレ→。


オープン!写真では見えないのですが、内側にもウサギの柄の布が使ってあります。
e0020882_095369.jpg


携帯電話ケースです。携帯をあんなにしてしまった以上は、和柄のケースを作るか~ということで、何年も前に可愛いからと衝動買いして、でも何も作るものがなくてそのまま放っておいた布地がようやく日の目を見ることに。
e0020882_0103214.jpg


でも、見ての通り、大きいんです・・・。布やその他材料(糸、ベルクロ、それから接着芯とか接着キルト芯とかも使ってます)もまだまだあるので、もう一回り小さいのを作るかな~。

e0020882_0142717.jpg

ついでに私の「愛機」紹介。母に「物凄いガタガタと音のするミシン!」と馬鹿にされてます。ミシンってこのくらいガタガタと音がするものじゃないのか?と思うのですが・・・。13年くらい前に購入。確か19800円だった。ミシンに付いているウサギ柄(フロプシーの子供たち)は私の貼ったシール。シンガーがこういう柄のミシンを販売しているわけではありません。ラブリーなものは基本的に好みではないのですが、ポターの描くウサギには抗しきれませんね・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-11 00:25 | 身辺雑記
『愛の妙薬』絡み、三度。

ロランド・ヴィラゾンが4月のメトロポリタン・オペラでの『愛の妙薬』のネモリーノ役を急性喉頭炎が良くならないためにキャンセルしたそうだ。医師によると少し休むことが必要だとか。

そうか、メットではヴィラゾンがネモリーノを歌っていたのか~。聴いてみたいなー。ルックス的にもネモリーノならピッタリだと思うし。(あのゲジ眉とでかい鼻&鼻の穴・・・。時々ローワン・アトキンソン(Mr.ビーンの人)に見えるんだけど、他の人のブログでも同じようなことが書いてあるのを読んだことあり。)

それにしても急性喉頭炎かぁ。喉、使い過ぎ?売れっ子オペラ歌手だもんねえ、体調(喉)の管理も大変そうだ。

ところで、私は今日から週一で声楽教室に通うことになりました~。初めて聴いた&歌ったよ、コンコーネ。(ピアノで言えばバイエルとかツェルニーみたいなものか?)。それから他にミュージカルからの曲『ワンス・アポン・ア・ドリーム』(日本語で)というのと石川啄木作詞の『初恋』というやつ。

スコアを見て音を作り出すのは・・・20年ぶりだ~!なんか懐かしい。すっかり忘れていたよ、この感覚。

先生は、歌から何かを自分で感じ取って、その気持ちを歌に込めなさい、みたいなことを言っておりました。なるほどね、音楽ってそういうものだよね・・・。あと、音楽って川に似ていると思う、なんてことも。絶えず流れているけれど、その流れは場所によって早かったりゆっくりだったりetc. こちらもなるほど~と思いました。

しかし私は高音が出ない!基本的に声が低めなんです。あと声がそもそも小さめ。母や母の姉妹達ととてもよく似ています。歌っているうちに多少は慣れて高音や大きな声も出るようになるかなー。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-09 22:30 | 音楽♪

洗濯物に・・・

今さっき、朝(花粉症シーズンゆえ室内に)干した洗濯物が乾いたー、畳むのは明日にするかぁ・・・と思って洗濯物をよく見たら、白いブツブツが沢山付いてる・・・洗剤だ~!よく溶けなかったらしい・・・。洗濯機に沢山詰め込み過ぎたか。シーツと掛け布団カバー(←どちらも冬用でモコモコしている)を洗うついでに、と他の洗濯物も入れたのだが、それがいけなかったのだろう。またすすぎからやり直して干し直しだ。せっかく乾いたのに。ガックリ。もっと容量の大きい洗濯機が欲しい。けど、当分無理。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-08 00:30 | 身辺雑記
先日、錦織健プロデュースの『愛の妙薬』公演に行きましたが、実はCDを持っていながらまだ聞いたことなのない『愛の妙薬』が手元にあったのです。

それは指揮がプリチャード、アディーナがコトルバシュ、ネモリーノがドミンゴ、デュルカマーラがエヴァンス、ベルコーレがヴィクセルで、オーケストラ&コーラスがコヴェントガーデン・ロイヤルオペラハウスという1977年録音のもの。(ちなみにプリチャードもエヴァンスも「サー」。ただ、このCDではプリチャードにはまだ「サー」が付いていない。その後「サー」の称号を受けたのでしょう。)

もちろんドミンゴが歌っているから買ったCDなのですが、放ったらかしにしてました。と言うのも、私が一番のオペラ指南書としている黒田恭一さんの『オペラへの招待』(1989年発行)に、このオペラについては「テノールがよければ、ソプラノに問題があったり、バスがよくなかったりして、残念ながら、いまのところ、これと自信をもっておすすめできる全曲盤は、みあたらない」とあったからです。

この演奏は1977年にLPで発売されているので、黒田さんのお眼鏡にかなわなかったということですよね・・・で、なんとなく「あんまりよくない演奏なのかしら?」と、ついついそのままに。ちなみに私が持っているCDや視聴したことのあるビデオ(LD)はどれも1989年以降録音のものです。

で、やっと今日聴いてみました。・・・結構良かったんですけど。コトルバシュは可愛らしい歌声だし、ドミンゴはネモリーノにしては端整過ぎるかな?という気もしたけれど素敵な歌声だったし、エヴァンスも別に悪くなかったし・・・つまりは私の耳がアマいのでしょうね。まあ、その分何でも楽しめるからよし、ということにしておきましょう。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-07 23:15 | 音楽♪
林野庁企画課の女性係長(36)が林野庁の庁舎7回から飛び降りて自殺したとのこと。

私より5歳も若いんだな・・・でも36歳なら係長でも珍しくはないか。一体原因が何だかは分からないけれど、職場で自殺したということは仕事絡みなのだろうか。公務員と言えば即「お気楽で呑気な税金泥棒」視する人も多いけれどね・・・公務員の心の病の数は増加している。(今日は防衛省でも職員の庁舎からの飛び降り自殺があったそうだし、3日には広島県府中市の部長も庁舎から飛び降り自殺。3月30日には福岡県庁でやはり庁舎から職員が飛び降り自殺。)自殺する人は多くの場合自殺決行の時点で心の病に陥っている可能性が高いし、まあ日本は官民問わず働く者を大切にしない風潮が強いのではないだろうか。だからこそ「民」に属する人たちには官相手に鬱憤晴らしのごとく攻撃してくる人が多いと言えるのかもしれない。

次。

ハローワークに長蛇の列で4~5時間待ちの所も出始めているという。この不況の中、雇用側が年度末だからってんで多くの人を解雇したから、ということのようだ。4~5時間待ちなんて、待つ方の身になってみればちょっとどうよ!?何とかするべきでしょ!となるが、ハローワークの職員側も、とにかく閉庁後も延々と仕事が終わらずアップアップらしい。(うん、官民供に働く者は大切にされていないからね。)

とにかくこんなに混雑しているのなら、ハローワークの窓口を増やす=職員配置を見直して窓口の人員を多くする、ということをすればいいのでは?と凡人の私は思うが、そういうことは行われていない。それどころか逆の事態が起こっている。

4月からハローワークだけで約300人の職員が削減されたというのだ。なぜなら厚生労働省が国の合理化計画に沿って人員削減を実行したから。政府方針だから削減を止めることは出来ないのだそうだ。

公務員の世界ではこういう馬鹿みたいなことがしばしば起こる。殆どの政治家は「公務員削減」を口にするのが好きだ。それが有権者に受けるからであろう。実際のところ、怪しい外郭団体とかを含めて削減すべき部門や部署はあるのだと思う。

しかし削減される基準はどうやら「削減すべきか否か」ではないように私には思われる。実際に使われている基準は「削減しやすいか否か」。ハローワークの窓口も恐らく削減しやすい職場だったのだろう。で、利用者は何十人待ち、数時間待ち。休日のTDLじゃないんだからさ・・・。

「天下れる余裕」のあるポストにいる人に対して、そりゃあ、こうした人たちはこれまで忙しく忙しく長時間働いてきたと思うよ、でも、
「窓口に座れや!利用者の生の声を聞けや!」
と思う。窓口になんて座って生の声を聞いたこと、ないでしょ?
[PR]
by kiriharakiri | 2009-04-07 00:32 | 職場・仕事・働く