60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

映画を滅多に観なかった私ですが、この半年ほど時々映画を観ています。心境の変化?よく分からないのですが・・・あ、1000円の日にしか観てませんが(笑)。

で、今回『ココ アヴァン シャネル』を観てきました。きっかけは母が「シャネルの伝記映画をやるんだって。観てみたい~!」と言っていたから。母がそんなことを言うなんて珍しい。一体どんな映画なんだろ?と思ったら、近くの映画館でやっていたので観てみました。

すごいよかった!最初から最後まで魅入ってしまった!

孤児院に入れられた可愛い姉妹。(←母は死に父は米国へ行ってしまったためと後から映画の中で説明される。)長じて田舎のナイトクラブで歌手になるけどイマイチ。姉は男爵と恋愛して結婚を夢見て歌手をやめるが妹のココは夢と言うか成功を諦めない。この時点での「成功」というのは歌手とか女優とかショウビズの世界での成功?本人にもハッキリ「これ!」とは分かってない感じ。

結局、カネも行くアテもないココはナイトクラブで自分に目をかけてくれた貴族で金持ちのオッサンの家へ強引に転がり込む。そしてそこでいろいろと覚え勉強する。周囲の女性の服装が「すご~くヘン」と感じる彼女は自分が服飾に興味や才能があることにだんだんと気付いていく。恋にも落ちるetc.

物語はとにかく淡々と進み、最後の最後で華やかなシャネルのショーの場面がちょこっとあって、彼女が大成功を収めたことが示される。そして、エンディングのキャプションで彼女が死ぬまで結婚しなかったこと、死ぬまで働いていたこと、嫌いだった日曜日に死んだことが語られる。(日曜が嫌い=働かない日が嫌い、ということなのでしょうね。)

とにかくココ・シャネルの服装が格好いいのだ。男装したり(例えば男の乗馬服で男のように跨って馬に乗るのだ、女がやっていたあのヘンな横座りじゃなくて)、シンプルだったり、今の視点で見ても充分に格好いい。ボーダーのポートネックシャツとか着ていたけれど、あれってシャネルが着始めたものだったの?女性の服用にジャージー素材に目を付けたのがシャネルというのは聞いたことあるような・・・。今、当たり前のものはシャネルが作った。彼女は本当に本当に革新的だったのだ。

体を締め付けるきついコルセットを切った。帽子に付いたゴテゴテヒラヒラした羽飾りを切った。ズルズル長くて雑巾代わりに床掃除でもしてるような引き摺る裾を切った。長く重たい髪も切った。そして結婚も切った!私にはこの映画はシャネルが「切っていく」物語に思えた。ザクザクと切っていく。気持ちよかった。

今、シャネルのブランドの服なんて、バカ高くて普通の人に買えるような代物ではない。私なぞ買うことも着ることも一生ないだろう。私には関係ない世界の話でしょ、そう思っていた。

でも、ああ、今の私の服にもシャネルは大きく影響を与えているのだ。シャネルの影響を受けていない現代の女性の服なんてないのだ。それがシャネルの偉大さなんだ。

しかし、映画を観た後、ネットでいろいろ検索してみて驚いた。結構評判悪いのよ、この映画。話の内容が薄いとか、女優がブスで男優がイケメンじゃないとか、もっとコレコレこの部分について扱って欲しかったとかなんとかかんとか。

で、思ったのが、きっとみんなシャネルについていろいろ知っているのね!ということ。だからそれなりに出来上がった自分なりのイメージを既に持っていて、それと比べてしまうからいろいろ物足りなさとか感じたのでは?私は良くも悪くもシャネルについて殆ど何も知りませんでしたから・・・。

あ、それから結婚を切る物語って基本的に辛いという人も多いのかも。自分はシャネルのような特別の才能に恵まれたわけじゃないから結婚しないという選択はどうとかこうとか書いている感想があったよ。

特別の才能がなくても切ることもあるんです。切ってもいいんです。結婚だって。コルセットや羽飾りや引き摺る裾や長い髪と同じように。ましてや今は21世紀だってのにねー。ああ、しょうもな。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-30 21:45 | 感想文
夫婦別姓導入がようやく現実味を帯びてきたようだ。

夫婦別姓導入へ…政府、来年にも民法改正案
9月27日3時1分配信 読売新聞

 政府は、夫婦が別々の姓を名乗ることを認める選択的夫婦別姓を導入する方針を固めた。

 早ければ来年の通常国会に、夫婦同姓を定めている民法の改正案を提出する方向で調整を進める。現行の夫婦同姓は1947年に民法に明記され、約60年ぶりの大幅改正となる。

 夫婦別姓の導入は、政権交代により、衆院選の政策集に「選択的夫婦別姓の早期実現」を明記した民主党を中心とした政権が誕生したことによるものだ。民主党は、1998年に民法改正案を共産、社民両党などと共同で国会に提出したが、自民党が「家族の一体感を損ない、家族崩壊につながる恐れがある」などと強く反対して廃案となった。その後も、毎年のように共同提出してきたが廃案となってきた。

 一方、法務省も、96年の法制審議会(法相の諮問機関)で選択的夫婦別姓の導入が答申されたことを受け、夫婦別姓を盛り込んだ民法改正案をまとめた経緯がある。強い反発を示してきた自民党が野党に転じ、与党と法務省の考えが一致し、政府提案による法改正が可能となった格好だ。

 民主党などの民法改正案は、〈1〉結婚時に夫婦が同姓か別姓かを選択できる〈2〉結婚できる年齢を男女とも18歳にそろえる――ことが柱で、おおむね法制審答申に沿った内容だ。

 しかし、別姓を選んだ夫婦の子の姓に関しては、法務省案が「複数の子の姓は統一する」としているのに対し、民主党などの案は子の出生ごとに決めるとしており、今後調整する。千葉法相は17日の就任会見で、夫婦別姓導入に前向きな考えを示した。


長かったですね・・・。私が夫婦別姓に本格的に興味を持ったのは大学生の頃。まあ、自分が結婚できるような年齢になった頃からで、その頃既に夫婦別姓制度を求める声はかなり高かったように記憶しているのですが、それからもう20年以上ですもんね。

(※余談・私が中学2年のとき(1981年)、社会の授業中に先生(女性)が、「結婚したら女性が名字を変えるいう決まりになっていると思っている人?」と質問して挙手させたら大半の生徒が挙手して私はショックを受け且つ呆れたことがある。「んなわけないじゃん!あんた、日本は憲法で男女平等を謳ってんだよー!!」。ええ、先生は皆の間違った認識を冷静に正しました。でも実は当時って、日本女性の子どもはそれだけでは日本国籍を取得できなかったんですよね・・・(私は高校生になるまで知らなかった)。だからこの授業のときに平然と挙手した生徒たちを必ずしもバカにすべきじゃなかったのかも。つまりは、まだまだそういう世の中だったのだ。)

ちなみにその長い年月の間、夫婦別姓を入り口に婚姻制度について、そして日本の婚姻制度と切り離せない戸籍制度についても更にいろいろ考えるようになった私は、脱結婚制度というか、法律婚そのものに疑問を感じるようになって、夫婦別姓制度実現のための運動とかには直接の興味はなくなってしまったのですが・・・でも勿論今でも夫婦別姓制度導入には賛成ですよ。

ミクシィのニュースコメント日記等を見るまでもなく、ウヨな方々は相変わらず大反対みたいですが、その反対理由を読むだけで疲れすぎてしまうので、読む気も萎える。やれ家族の一体感が損なわれるとか、子どもの姓はどうなるんだとか、家族が「父親グループ」対「母親グループ」になってしまうとか、夫婦で一緒の姓を名乗りたいと願う人もいるとか、通称使用出来る場合も多いんだからそれでいいじゃないかとか・・・。あぁ、ウンザリ。

とりあえず、夫婦別姓は「選択」制になるようですから、「彼と一緒の名字になりたいのぉ~」「俺の女が俺の名字にならないなんて許せない!」という人はどうぞ夫婦同姓を選択してください。(だいたい、同姓を選べるということすら分かっていなくて「いやー、そんなの(←夫婦別姓制度)絶対反対ー、彼氏と一緒の名字になりたい~、そういう風に思わない人って信じらんない」とか書いている人、お馬鹿過ぎでは?)

しかし、それ以外の反対理由については・・・あんた自分以外のカップルや家庭に対して一体なんでそんなエラソーにあれこれ言える訳!?と呆れるわ。何様のつもりなのだろう・・・。

だいたい名字が一緒でも一体感のないカップルや家族なんてごまんとあるだろうし。「名字一緒」にどこまで幻想を求めてるねん?

子どもの姓だって、バラバラだろうが一緒だろうが、そこで区別や、まして差別するほうがオカシイ。これまでだって離婚・再婚やその他の理由で親子兄弟姉妹で名字が違うことはあったわけだし。ましてや子どもが成人すれば、名字がバラバラになるほうが多いんだし。

通称使用は結構面倒で大変なことらしいです。(2つの名前を使わなくてはいけないんですものね。)しかもパスポートなんかは通称で取れないどころか通称併記すらなかなか認められないんだとか。それに通称使用してるのって大抵女でしょ?こういうところに私は男女の力関係を見てしまうのですが。(男の親があーだこーだ言うから、やっぱり表向きは女が男の名字になっておくべき・・・という強いプレッシャーが働く、とか。)

とりあえず、結婚制度に対して「???」な態度の私にとっての直接的なメリットは、昔の私の名字を知る人が、今も私の名字が変っていないことによって「名字が変わっていない=結婚していない」という、別に明かさなくてもいい私のプライバシーを強制的に明かされることがなくなるだろう、ってことですね。男なら全然こんなこと気にせず生きているでしょうが、女の場合は「結婚=名字変わる」だから、婚姻状況についてのプライバシーのない状況で生きているようなものなのですよ。これ、あんまり愉快なことじゃないのよ。そのくらい想像働かせてよ、想像力の足りない皆さん。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-27 17:39 | 社会一般

連休だが

ヘロヘロです。
爆睡に次ぐ爆睡。

新政権発足にについても思うことはありましたが、んなこと書く余力は一切ありませんでした。

明日で連休も終わってしまう~。連休明けは窓口職場は大混雑。それでなくてもちょうど毎月の大混雑の時期と重なるので大大混雑でしょう。連休の高速道路並みか?
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-22 23:09 | 身辺雑記

ブログに回す余力が

ありません~。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-18 00:04 | 身辺雑記

鬼怒川温泉に来ています

鬼怒川温泉に来ました。

まずは駅前の足湯に入ってみる。暖かい〜。(今日は天気も悪く寒かったから。)

それから出来たばかりという鬼怒楯岩大吊橋というのに行ってみる。鬼怒川周囲の緑とあいまってキレイ。

3時にはホテルにチェックイン。ちょっとプールで泳いで、その後温泉に入り、それからお食事。和洋折衷の食事はなかなか美味しかった。
部屋に戻ってからはマッサージをしてもらい、極楽。

明日は鬼怒川を川下りする予定。晴れるといいなー。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-12 23:04 | 未分類
これからお風呂に入らないといけないし、ウサギも風呂に入れないといけない・・・ウサは脚さえ悪くなければ脚もお尻も汚れず風呂になぞ入れなくてもいいのだが・・・。面倒~。しかもウサは風呂が大っ嫌いで、自分を風呂に入れる私のことも大っ嫌いになってしまい、私がケージに近付くとケージの中を走り回り脚を(よく動かないくせに)ダン!と踏み鳴らして(スタンピングと言います)威嚇(?)するし。ああ、人の愛情の伝わらない生き物・・・。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-10 00:15 | 身辺雑記

バタバタしてます

ちょっと忙しい。

それにしても「駆け引き」は苦手だー。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-09 00:26 | 身辺雑記

久しぶりに掃除機かけた

ものすごい量の埃だった。

エアコンも掃除した。
やっぱりフィルターには埃がわんさかくっ付いていた。風の吹き出し口とかは汚れてたし。

よく病気になんなかったものだと思う。

ウチは殆どいつも何らかのリノベーション進行中なので、常に中途半端だ。今月中には何とかしたい。「大型」連休もあるしね。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-06 23:48 | 身辺雑記
既に9月も第1週が過ぎ去った・・・子どもたちも夏休みが終わり学校へ戻って新型インフルエンザ騒動が起こっているようだ。(それにしてもいつ豚インフルエンザから新型インフルエンザに変わったのだ?そしてその理由は?)

さて、子どもは夏休みの間に、心も体もグンと大きく成長したりする。一方大人は?まあ、殆どの日本人の大人には夏休みと言えるほどの長い休暇はないし(イタリア人とかフランス人etc.が羨ましい~!)、単に夏バテしてちょっとばかり老化・・・というのが関の山・・・かもしれないが、今年の私はイタリア歌曲に挑戦した!。無謀~!(声楽教室(独唱コース)で、ある曲を取り上げてたのだ。)

その曲はヘンデルの「オンブラ・マイ・フ」。多分聞いたことある方が多いと思う。ユーチューブに森麻季さんの動画(日本語訳付き)があったので貼り付けてみた。↓これこれ、この曲よ。



私のお手本は無論ドミンゴの歌うもの(私の持っていたドミンゴの歌曲集にこの曲も入っていた)だったのだが(笑)、ユーチューブには残念ながらレチタティーボ(セリフっぽい部分)が切られてしまったものしかなかった。でも一応紹介。



とりあえず私のオペラの持ち歌第1号は「オンブラ・マイ・フ」と相成った~!いや、スゴイ出来ですが。でもレチタティーボもちゃんと歌うのよ。とにかく一応、ってことで。この曲、カラオケにあるといいのに(笑)。

それにしても自分で練習してみればみるほど、「ドミンゴって凄いな~」と思った。どうしてあんな風に歌えるの!?信じられない。(←まあ、他の歌手に対してもそう思うけどね。)彼はやっぱり神から特に愛された人、神から特別の賜物を与えられた人の一人なんだなぁ、と思うよ・・・。

そんな彼が「Vanity Fair」誌スペイン版に登場したらしい。

e0020882_22593258.jpg


おお、よく撮れてるじゃん、この写真。彼は本当に体重の増減幅が大きく、そして写真写りの良し悪しも激しい人だ。1941年生まれの68歳。私の父と同じ歳なんだよね~。あああ、違いすぎる~!来年は「シモン・ボッカネグラ」タイトル・ロールでコヴェント・ガーデンでのバリトン・デビュー!(多分コヴェント・ガーデンではデビューだよね?)詳細が決まったらメールが届くことになってる。コヴェント・ガーデンの宣伝メールを配信してもらってるのだ。全然行けてないけど。このオペラ行きたい!このバレエ行きたい!ってフラストレーションが溜まるばっかりなんだけど。でも配信停止しない私・・・潔くない。でもいいんだもんっ。
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-05 23:08 | 音楽♪
早く寝ないといけないのだが、思わず今夜2度目の更新。というのも、エントリを投稿し終えたときに出てくる画面にニュース一覧が出るのだが、さっきのエントリを投稿したらこんなのを見つけてしまったから!

2009年9月3日 19時27分 共同通信
所得控除廃止は11年度 民主、参院選後に先送り 民主党が所得税の配偶者控除と扶養控除の廃止を10年度には行わず、11年度に先送りする検討に入ったことが3日、分かった。来年夏の参院選前に事実上の増税実施を避ける狙いがあるとみられるが、子ども手当など新規政策に充てる財源の確保は難しくなりそうだ。民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で、控除廃止で得られる財源を子ども手当創設に回す方針を示していた。

どういうことですかっ!?子ども手当の財源はどこから持ってくるのですかっ!?とりあえずこれ以上の給与削減は勘弁してくれ!ペーペーには天下り先だってないのよっ。(少なくとも私のとこでは。)
[PR]
by kiriharakiri | 2009-09-04 00:25 | 社会一般