60年代後半生まれの独身女が日々考えたことをつづります


by kiriharakiri

潜ると耳が

とにかく全然「書こう」という気にならなかったのですが、書いたものを読んでくれる人がいるというのはやっぱり嬉しいもので・・・(単純)、とりあえず、自分の身の回りでその日あったことで「書いてもいいか」ということをポツポツと書いていこうか、と。

今日は、まだまだ新しい「黄色三点セット」を持って(←結構かさばるので通勤のとき大変)スノーケリング練習会に行ってきました。練習会もこれで5回目です。少しは慣れてきた・・・かな。

深さ5メートルのプールで泳ぐのですが、難関は「耳抜き」と「息こらえ」。ジャックナイフという潜り方(腰をくの字に曲げて頭を下にし、上方へ伸ばした足の重みで沈む)で潜ると、体が水中にスーッと沈んでいくのですが、水圧で耳が痛くなるんです。一生懸命耳抜きして、前回よりは大分よくなったのですが、それでもまだまだ・・・。暫く練習する必要がありそうです。

それから「息こらえ」も第1回目の練習会のときに比べたら長い時間息を止めることが出来るようになったのですが、それでも非常に短い。水中でゆっくり泳ぐ暇もなくすぐに上昇!といった感じです。

他の人たちは、水中の深い所での~んびりとイルカみたいに自由に泳いでいたり、自分で吹き出した息で輪っかを作りその中をくぐり抜けるなんていう芸当も・・・。私もあんなことが出来るようになる日が来るのだろうか・・・。

イルカと泳ぐ日はまだまだ遠そうです。
[PR]
by kiriharakiri | 2007-02-06 00:19 | 泳ぐ~スノーケリング